07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

北海道を憂う 

11月にJR北海道から「当社単独では維持することが困難な線区について」と題し発表されたプレスリリース。
衝撃的なタイトルで公表されたこのプレスは、維持困難な路線を名指し、その路線特性や維持費用を明記したうえで、廃線やその他立て直しの手段を検討したい、という内容のものでした。社会インフラを担う会社がこのようなプレスを出すこと自体、異例と言えます。とはいえ、ついに来るべき時が来たか、という感じ。
https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161118-3.pdf

公表された内容をまとめると以下の通りとなります。
このうち、12の石勝線(夕張支線)は廃止が確定。13の日高本線も先日の記事の通り、廃止の方向で調整が進められています。また、余程地元自治体の反対がない限り、1~3の路線も廃止は確定的といえる状況です。
No路線名区間距離状況今後の対応
1札沼線北海道医療大学~新十津川47.6km輸送密度200人未満で、
利用客が極端に少ない
バス転換等を軸に、鉄道廃止前提で協議
2根室線富良野~新得81.7km
3留萌線深川~留萌50.1km
4宗谷線名寄~稚内183.2km輸送密度2000人未満で、利用客が少ない設備の見直し、駅や列車見直し、運賃値上げ、上下分離方式等、鉄道を維持する仕組みを検討
5根室線釧路~根室135.4km
6根室線滝川~富良野54.6km
7室蘭線沼ノ端~岩見沢67.0km
8釧網線東釧路~網走166.2km
9日高線苫小牧~鵡川30.5km
10石北線新旭川~網走234.0km
11富良野線富良野~旭川54.8km
12石勝線新夕張~夕張16.1km 廃止予定、バス転換
13日高線鵡川~様似116.0km災害による長期不通復旧断念、バス転換前提で協議


図2
上の図は「白地図 KenMap」というフリーソフトで作成した北海道の路線図ですが(留萌線、江差線の一部廃線は反映されていません)、先程の1~3 の線区はそれぞれ①~③で、また12の夕張支線と13の日高線は④⑤でプロットしています。(やっつけ仕事ですみません。。)

そもそも沿線に観光資源がなく、過疎化が進んで定期的な利用者が見込めない1~3の路線などは廃止も仕方ないと思います。しかしそれ以外は観光列車や特急が走る路線も多く、特に人気観光地のある富良野線までもが含まれている点が、現在のJR北海道の抜き差しならない状況を表しているように思います。

私も今年の夏、旅行で北海道へ行く予定でぼちぼち計画を立てているのですが(観光地を巡るだけの、いわゆる普通の旅行です・・)、やはり観光地を巡ろうと思うと、どうしても鉄道の少なさがネックになることを痛感しています。
まあそうなると、必然的に選択肢となってくるのが、レンタカーなど車という手段。釧路湿原を見ようにも、釧網線が少ない。美瑛に行くにも富良野線が少ない。知床に行くにも、鉄道とバスの接続があまり良くない。じゃあ車で良いじゃん、と。そんなわけで、「観光」目的で旅行をしようとすると、鉄道という選択肢はかなり非現実的になります。当然本数が少なければ益々使う人はいなくなり、より車を使おうという流れになる。なので、利用者が少ないから本数を減らしましょう、路線を減らしましょう、という議論は、必ずしも合理的ではなく、殊に観光路線などは余計利用者の減少に拍車をかけているだけに思えるのです。

また、この議論は一つの路線、区間だけで絞って考えてはダメで、観光客の流れも踏まえて全道的に、もしくはエリア毎にある程度広範囲で見直さないといけないと思います。もっと言うと、鉄道以外の公共交通機関も含めて検討する必要があるとも思います。北海道を訪れる観光客は大体長期間かけて、あちこちの観光地を回る人が多いでしょうから、部分的に利便性が向上してもあまり意味がありません。

そういう意味で、JR北海道が、利用客とか費用とかの定量的なものだけを見て「廃止」を判断するというのがどこか納得できず、モヤモヤするところがあります。いや、JR北海道という一民間会社で見たら当然の判断なのですが、「北海道」全体で見た時に、これでいいのか?と感じます。何と言うか、「なくせばよい」「減らせばよい」というのはあくまで企業側のコストカットの観点にしか立っておらず、インフラとしての鉄道が本当にそれでいいのか疑問なのです。まあ結局はどこで廃止と存続の線引きをするか、という問題なのだと思いますけど、難しいですね。

今は北海道にスポットが当たっていますが、今後同じような議論が日本各地で起こっていくことは間違いないでしょうから、鉄道のあり方については、民間企業という枠を越えての議論を望みたいところです。

234_2017010314192914f.jpg

196_201701031419286af.jpg
維持困難のため廃止対象となっている札沼線にある豊ヶ岡駅。周囲には何もない。

私が乗車した2012年当時はまだ新十津川まで行く列車が3往復あったのですが、現在はたったの1往復。もはや日常的な利用を見込んでのものではなく、廃止の手続きを終えるまでの間、やむなく走らせているだけ、という状況です。

293_201701031431218db.jpg
維持困難のため廃止対象となっている留萌線にある恵比島駅。NHK連続ドラマ「すずらん」にも「明日萌駅」として登場。

12月4日に留萌~増毛が廃止されましたが、結局は深川から増毛の区間も廃止を逃れそうにありません。留萌までの区間にも魅力的な駅が多く、廃止までに駅巡りをしておきたい路線です。

866_20170103143122dca.jpg
廃止が決まっている石勝線、夕張支線。

沿線は秘境地帯というわけでもなく、終点の夕張も一応観光地ではありますが、それでも利用客の少なさは北海道の中でも指折りだったようです。夕張市の栄枯盛衰を見届け、役目を終えることになりそうです。

1057_2017010314312458a.jpg
復旧が断念された日高線にある静内駅。新ひだか町の代表駅。

397_201701031438585a3.jpg
復旧が断念された日高線の車窓。どこまでも青い太平洋は、息をのむほど美しい。

608_20170103153556ba6.jpg
維持困難とされた宗谷本線にあり、かつ廃止が検討されている雄信内駅。宗谷本線では数少ない、木造駅舎の残る秘境駅。

597_2017010314193268b.jpg
維持困難とされた宗谷本線にあり、かつ廃止が検討されている糠南駅。周囲には一面の原野が広がる秘境駅。

最北の路線も維持困難とされました。また、その途中駅の多くも廃止が検討されており、廃止検討の対象は、北比布、塩狩、北剣淵、日進、北星、南美深、紋穂内、豊清水、天塩川温泉、筬島、歌内、糠南、雄信内、安牛、南幌延、上幌延、下沼の実に17駅。これらの駅がすべて廃止されれば、もはや特急のみ走らせておけば良いような状況です。

1332_201701031438574db.jpg
維持困難とされた根室線の車窓。クライマックスは何もない丘陵地帯を海を望んで走る。

1324_201701031438557a1.jpg
維持困難とされた根室線にあり、かつ廃止が検討されている初田牛駅。周囲に家は無く、利用者は僅少。

根室線も利用者の多い都市近郊を除き、ほぼ全線が維持困難路線。特に末端の通称花咲線は、いかにも北海道らしい雄大な景色を走る、風光明美な路線です。

*************************

今日で正月休みも終わり。明日からまた慌ただしい日常生活に戻りますが、今年こそはまた北海道の鉄道でのんびり旅をしたいものです。。
347_201701031447428fd.jpg
スポンサーサイト
2017/01/03 Tue. 15:01 | trackback: 0 | comment: 0edit

消える「乗り得」列車 ~521M~ 

今週末に行われるJR春のダイヤ改正。200系新幹線の引退や常磐線の特急置き換えに注目が集まる中、ひっそりと姿を消す列車があります。それが表題の東海道線521M、185系最後の普通列車運用です。

2006年ダイヤ改正でもう一本の185系普通列車(729M)がE231系に置き換えられ、373系の普通列車も昨年消え、東海道線に残った唯一の「乗り得列車」、つまり特急形を用いる普通列車が521M(東京7:24発 伊東行き)でした。これが3月改正で普通車に置き換えられることで姿を消すそうなのです。
確かに、平日は2ドアでは対応しきれない混雑になることもしばしばで、また東海道線の列車で唯一グリーン車がSUICA非対応…など、現場からすればその扱いにくさがネックだったのだと思いますが、私も旅の帰りなどによくお世話になっていた列車なのでこの置き換えは寂しい限り。185系自体はまだまだ置き換えの噂すらないのですが、「普通と特急どちらにも使用できる」というコンセプトのもとに造られた185系の使命は実質ここで終わり、と言っても過言ではないかもしれません。

015-_20130206222058.jpg
オリジナルカラーで普通列車運用に就く185系。

156_20130206222058.jpg
HMは基本的に青地の白抜き文字でしたが…

007_20130206222125.jpg
まれにこんな白地幕も。

1074_20130206222058.jpg
521Mの置き換えにより東海道線の普通列車は全てLED式の行先表示機になってしまうため、こんな「幕式」の行先表示を使う普通列車もなくなることになります。
2013/03/10 Sun. 22:45 | trackback: 0 | comment: 2edit

さようなら 

今日をもって久留里線の国鉄形気動車が運転を終えたようです。

私は今年一月に1回だけ久留里線を訪れていますが、それが”彼ら”の動く姿を見る最初で最後の機会となってしまいました…。

090_20121202001140.jpg

072_20121202001139.jpg

104_5_6_tonemapped_20121202001257.jpg

082_20121202001512.jpg

006_20121202001256.jpg

022_20121202001255.jpg

017_20121202001255.jpg

184^

1枚目:上総亀山駅に停車中のキハ30 2両編成
2枚目:上総亀山駅の車止めとキハ30
3枚目:上総亀山駅舎とキハ30
4枚目:上総亀山駅に停車中のキハ30
5枚目:木更津駅構内に留置中のキハ38
6枚目:キハ38
7枚目:キハ38車内 通勤形の証、ロングシート
8枚目:上総亀山駅に停車中のキハ30をスケッチ風に加工
(いずれも2012/01/08 8枚目はEoskissDNにて、それ以外はEOS40Dにて撮影)


さよなら、久留里線の国鉄形気動車…
2012/12/01 Sat. 19:17 | trackback: 0 | comment: 0edit

江差線、廃止へ 

9/4の記事ですが、江差線の廃止(木古内~江差)が正式に決まったようです。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC0300K_T00C12A9L41000/

2014年初頭を目途に、とのことなので、残された時間はあと1年半強。
以前から廃止はまことしやかに取りざたされていましたし、だからこそ7月の旅でも工程に組み入れたわけですが、実際に決まってしまうとやはり寂しいものです。

北海道の中でも特に閑散区間だという江差線。
江差駅まで鉄道で行けるのもあとわずかです。
075_20120908182951.jpg
2012/09/06 Thu. 18:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

新規開拓 

ちょっと気になるニュースを見つけました。

ttp://www.asahi.com/national/update/0528/SEB201205280008.html
「寝台車の旅3泊55万円 JR九州「ななつ星」来秋発車」(朝日新聞5/29)

JR九州が来年10月を目途に登場させる「寝台特急」で、30億かけて機関車から客車まですべて新造。
3泊4日および1泊2日のツアーをセッティングし、この客車で九州各地を巡るというものです。

まず、このご時世”寝台客車”を新造するということだけでも驚くべきなのですが、さらに驚くのがその値段。
3泊コースだと55万円、1泊でも15万円以上ということで、余暇と貯金のある富裕層やシニア層がそのメインターゲットとなるようです。
個室は全て「スイート」および「DXスイート」からなり、他に「ラウンジ」と「ダイニングカー」が連結される模様。
かつての「夢空間」をフル編成化するようなイメージなのでしょうか。

今までにない発想で新たなターゲットを開拓していくJR九州。しかしその新しさの中にも「客車」「寝台特急」という「昔ながらの」要素も含まれていて、まさに温故知新というか、古さと新しさの交じった企画のように感じます。
私は到底乗ることができないでしょうが、今から実車の登場が待ち遠しい限り。
いつかは東京から九州までの寝台特急として走ってくれないでしょうか…。


詳細は以下の公式HPから御覧ください。
ttp://www.jrkyushu.co.jp/cruisetrain/train_info.html
2012/05/30 Wed. 20:45 | trackback: 0 | comment: 0edit

岩泉線廃止へ 

ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120330-OYT1T00040.htm

岩泉線が廃止されることがほぼ決まったようです。
2010年7月の土砂崩落以来、バス代行が続いていました。

押角駅をはじめ第一級の秘境駅があることで有名で、特に近年は鉄道ファンの間で脚光を浴びていました。
利用者数等に鑑みても廃止はやむを得ないと思いますが、一度は乗ってみたい路線でした。

JR東日本管内では東日本大震災の被災路線のほか、只見線の一部区間も長期運休中になっています。
状況は違えど、今後路線廃止の動きが加速しなければいいのですが・・。
2012/03/30 Fri. 20:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

カウントダウン 

こんばんは。

ついに千葉からも113系が引退のようです。
8/31で定期運用を終了とのことで、あと1ヶ月ほどで見納めになります。。

年内いっぱいは走り続けるものと思ってたので、思いのほか早い撤退にびっくりしました。
テストが終わったら1ヶ月ほど海外に行ってしまうので、実質もう撮影のチャンスはなさそうです・・。

113系の次は211系の転配劇が始まるのでしょうか・・。
中央線の115系あたりもそろそろ先が見えてきた感があります。

083_20110728235249.jpg

ひとまず、長い間お疲れ様でした。
2011/07/28 Thu. 23:56 | trackback: 0 | comment: 0edit

斬新さを再び 

おはようございます。
何となく最近は慌しく、気付けば7月も半ばに差し掛かってきてしまいました。。
今週はまたレポート×2があり、テストも2週間後。。
夏休み前最後の試練が待ち構えています。


さて。

ネットを探索してると、地元関連で嬉しいニュースを見つけました。
田町の185系に登場時の塗装が復活したらしいのです。
登場時の塗装といえば・・そう、あの斬新なストライプのアレ。
平塚駅の跨線橋を見るたびに懐かしいなーとは思ってましたが、まさかここで復活するとは・・。

スカートは換装されてるとはいえ、殆ど登場時と変わらぬ姿で走り続ける185系だけに、旧塗装も全く違和感はなさそうです。
久々に沿線に出向いてみようかなと思わせてくれるニュースでした。


もう一つ気になったのは、E233系増備?の話題。
先日4両のグリーン車が落成・回送されたようですが、その所属先は田町だとか。
グリーン車4両ということは2編成分。
1本だけ残るE217系を置き換えるにしても、もう一本は・・?

211系も最近になってスカートやパンタ、モケットなどが交換されたばかりで、置き換えはもうちょっと先のことになりそうですし・・。

果たして目的は?

IMG_690.jpg

2011/07/15 Fri. 09:34 | trackback: 0 | comment: 0edit

灯が消える 

幕張の117編成が廃車回送されたようです。

先日の東海道への里帰りが本当にラストランになってしまいました・・泣

これで東日本から、113系湘南色が消えました。
もう往年の東海道線を偲ぶことも出来ません。


再掲ですが、画像は在りし日の117編成。

マリ117-2
2011/07/06 Wed. 21:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

最後の里帰り? 

こんなのを見つけました。

ttp://www.travel.eki-net.com/pdf/20110614_113izu.pdf#search='113系で行く伊豆の旅'

先日、駅にポスターが貼ってあるのは見かけたんですが、7/2・3に113系が東海道線を走るとのことです。
113系引退後はこれが3回目でしょうか?

過去2回はカメラに収める事が出来なかったので、今回こそは!と、今から意気込んでいます。
時期柄天気が心配ですが、今回が最後になる可能性もあるだけに、是非出向きたいですね。。


P1070024.jpg
2011/06/24 Fri. 22:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。