02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

ダムに沈んだ駅 

※一部画像は再掲となります。すみません。。

423_2015011314555244a.jpg
2014年10月で新路線に切り替えられ、2014年9月24日限りで廃止となった吾妻線・川原湯温泉駅の旧駅。

418_20150113145548932.jpg
2012年9月訪問時、既にダム建設用のクレーンがそびえたち、着々と線路切り替えへのカウントダウンが始まっていた。

417_20150113145547f9b.jpg
駅名標と107系列車。

420_20150113145549cbe.jpg
改札口。下車時は既に業務終了後のため無人となっていたが、簡易委託の有人駅である。

425_20150113145611966.jpg
旧駅舎は1946年から残る、吾妻線内で唯一の木造駅舎だった。

421_20150113145551870.jpg
ダム建設用の支柱と共に。

427_201501131456140de.jpg
近くにあった温泉街も既に高台に移転したという。

440_201501131456179e3.jpg
駅車内の様子。

437_20150113145615c63.jpg
こうしてまた一つ、私にとって思い出の駅が、「本当の思い出」になっていく。
スポンサーサイト
2015/01/13 Tue. 15:08 | trackback: 0 | comment: 0edit

さようなら 

翌日にダイヤ改正を控えた3/15、200系等と時を同じくして最終日を迎えた渋谷駅東横線地上ホーム。たまたま今日は新宿で友人と会う約束があったので、その途中、東横線渋谷駅の最後の姿を収めてきました。もうとにかく凄い混雑で写真どころではありませんでしたが、ひとまず、その場の雰囲気を少しでもお伝えできるような画像を何枚か載せさせていただきます。

008_20130316002852.jpg
ちょうど帰宅ラッシュの時間に重なったこともあって混雑はピークを迎え、物々しい警備体制でした。周りに留意の上、壁に張り付くようにしながら撮影…。

005_20130316002852.jpg

016_20130316002852.jpg

020_20130316002852.jpg

013_20130316011252.jpg

023_20130316002852.jpg

029_20130316002851.jpg

032_20130316003123.jpg

036_20130316003123.jpg

037_20130316003122.jpg

さようなら。

(画像はすべてCANON EOS40D+TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR LD Asphericalで撮影)



※おまけ
IMG_3032.jpg
尋常じゃない混雑でした…。
2013/03/16 Sat. 00:32 | trackback: 0 | comment: 2edit

両毛線 岩宿駅 

旅行記のストックが尽きて書くことが無くなってしまった…ので、今日はちょっと簡単な駅紹介。
先日「わ鐵」の旅の前に立ち寄った、両毛線・岩宿駅です。

013_20130227233920.jpg
元は「大間々駅」という駅名で開業したという岩宿駅。大間々と言えば今は「わ鐵」の駅ですが、1911年にわ鐵(足尾線)の大間々町駅が開業した際、その名を本来の所在地である岩宿に改めたそうです。
詳しいことは分かりませんが、駅舎は1936年に改築(もしくは新築?)されたものらしく、重厚なたたずまいがとても好印象。

014_20130227233920.jpg
本当は隣の国定駅で降りる予定だったのですが、寝過してしまったためにこの岩宿で降りてみた次第。
しかし降りて正解でした。

015_20130227233920.jpg
駅舎内。窓口が二つあるのに駅員さんは一人しかいません。

016_20130227233919.jpg

018_20130227233919.jpg
115系同士の交換風景。

というかこの時は普通乗車券を使っていたため途中下車はできないはずだったのですが、それを忘れて18切符のノリでつい降りてしまい、結局、この後岩宿→桐生の乗車券を別途購入する羽目になってしまいました。。慣れって怖いです。
2013/02/27 Wed. 23:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

地下に潜る東横線・渋谷駅 

東横線と副都心線相互直通開始に伴い、その前日の3/15に廃止される渋谷駅の東急東横線・現駅舎。東京五輪が開催された1964年に現在の形になってから約50年の月日が流れ、その長い歴史に間もなく幕を下ろします。
そんな駅舎の最期の姿をカメラに収めようと、先日渋谷に立ち寄ってきました。

071_20130129184615.jpg


061_20130129184547.jpg


063_20130129184547.jpg
かまぼこ状の屋根(クラム屋根)と扇形の外壁が特徴的な渋谷駅東横線駅舎。

064_20130129184546.jpg
この副都心線との直通運転を皮切りに、この一帯は大規模な開発が進められ、東横ホームの跡地には埼京線・新宿ラインのホームが移設されることになっています。ごちゃごちゃした動線が一種渋谷駅のアイデンティティでもありますが、この開発で果たしてどのように変わるのでしょうか…。

060_20130129184547.jpg
渋谷界隈において、東急の車両を地上で見れるのもあとわずか。

078_20130129184749.jpg


079_20130129184749.jpg
清潔感のある改札口と駅構内。

089_20130129184749.jpg


091_20130129184749.jpg


093_20130129184748.jpg


097_20130129184748.jpg


104_20130129212615.jpg


107_20130129184858.jpg


111_20130129184858.jpg


113_20130129184858.jpg


117_20130129184857.jpg

もうちょっとオリジナリティの感じられる写真を撮りたかったのですが、結局「とりあえず撮っただけ」という感じの画ばかりになってしまい、つくづく自分の技量不足を痛感します…。また、一部をRAWで撮って後で補正してあるので、ホワイトバランス等がバラバラだという点もお断りしておきます。

054_20130129184547.jpg
それにしても渋谷はいつ来ても人が溢れていて、歩くだけで疲れますね…。

撮影日:2013/01/29 
2013/02/17 Sun. 19:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

TOKYO station 

009-.jpg
-- 続きを読む --
2012/10/17 Wed. 20:33 | trackback: 0 | comment: 0edit

木造駅舎のある情景 

【因美線・知和駅 (訪問日2012/08/31)】
756.jpg
山間にポツンと佇む知和駅。昭和6年に開業した当時の木造駅舎が今も残る。
-- 続きを読む --
2012/09/14 Fri. 16:37 | trackback: 0 | comment: 0edit