05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 目次 

その1(4/25)  1日目  自宅→新横浜→岡山→高松

その2(4/26)  2日目前編  高松→大歩危
その3(4/26)  2日目後編  大歩危→中村→四万十川→高知

その4(4/27)  3日目前編  高知市内(桂浜、高知城)
その5(4/27)  3日目後編  高知→窪川→宇和島→松山

その6(4/28)  4日目前編  松山市内(松山城ほか)
その7(4/28)  4日目中編  松山市内(道後温泉ほか)
その8(4/28)  4日目後編  松山→下灘

その9(4/28~9)最終回  下灘→高松→東京→自宅


主な乗車路線:土讃線、予土線、予讃線、内子線ほか
主な使用切符:バースデイきっぷ
スポンサーサイト
2012/09/22 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 9 

<そして家路へ・・>4日目(4/28~29)

下灘17:48→松山18:29 4928D
1時間半ほど滞在した下灘駅を後にし、松山駅へ戻ります。

546.jpg
列車はしばらく海沿いを走った後、山間の区間に入って峠越え。
山を抜けると内子線との合流地点・向井原に至り、そこから25分ほどで松山に到着です。
-- 続きを読む --
2011/05/11 Wed. 22:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 8 

<何もない駅にあるもの>4日目(4/28) <後編>

松山観光を終え駅へ戻ってきたのが14時過ぎ。
最後に、予てから行ってみたかった「ある場所」を訪問することにします。

松山14:27→伊予大洲15:03 1067D「宇和海17号」
目的地へ向けて、まず伊予大洲まで特急に乗車。

531.jpg
肱川の鵜飼いや明治の町並みが有名な伊予大洲。
ここまでは内子線経由でしたが、ここから予讃線経由で松山に戻ります。
-- 続きを読む --
2011/05/09 Mon. 21:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 7 

<伝統の湯>4日目(4/28) <中編>

さて、最終日の中編です。
前編では「坂の上の雲ミュージアム」を見学したところまででしたが、この時点で11時半ごろ。
とはいえまだ昼を食べる感じでもないので、もう一つの目的地・道後へ向かうことにします。

319.jpg
城南線で終点・道後温泉にやってきました。
現駅舎は1986年に建てられたそうですが、このスタイルはかつての駅舎を再現したもののようです。

-- 続きを読む --
2011/05/07 Sat. 21:11 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 6 

<松山の魅力に触れる>4日目(4/28) <前編>

今回の四国旅行も最終日。
この日は夜のサンライズで東京方面に戻ることになっていますが、それまでほぼ一日を観光に使います。
ホテルでのんびり朝食を取った後、荷物を預けるため一旦駅へ向かいました。

517_20110505202339.jpg
松山駅の外観。
レトロな雰囲気を残す地上駅舎ですが、数年後には高架化が予定されているとのこと。
街の雰囲気も変わっていくことでしょう。
-- 続きを読む --
2011/05/06 Fri. 14:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 5 

<のんびり鉄道旅>3日目(4/27) <後編>

高知11:34→窪川12:47 33D「南風3号」
足早に高知の観光名所を押さえたあと、駅へ戻り、今日の宿泊地・松山へ向かいます。
乗車するのは昨日も利用したアンパンマン仕様の南風3号。
そして、車両も昨日と同じ2007でした。

488_20110503162734.jpg
-- 続きを読む --
2011/05/03 Tue. 20:08 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 4 

<思いを馳せる>3日目(4/27) <前編>

この日の天気予報は「雨」。
特に午後は風が強まるとの事で、この日の観光は高知市街だけにするつもりでした。

でも、朝起きてみると雨どころか日が差していました。
まだ天気は持ちそうだったので、雨が降る前に何とか桂浜に行こうと思い、急いで準備。
ホテルでバスの時間を聞くと、次は1時間後とのことだったので、やむなくタクシーに飛び乗って桂浜に向かうことにしました。

桂浜までは意外と距離があり、タクシーだと3000円ちょっと。
かなり予想外の出費でしたが、運転士さんとの会話も楽しく、これはこれでよかったかなーとも思います。

211.jpg
さて、そんなわけで桂浜に到着しました。
駐車場からこの階段を上ると・・。

-- 続きを読む --
2011/05/02 Mon. 17:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 3 

<「最後の清流」へ>2日目(4/26) <後編>

大歩危10:37→中村13:24 33D「南風3号」
大歩危を後にし、特急で一気に四万十川の下流域、中村を目指します。
列車はしばらく吉野川に沿った風光明媚な場所を走り、一路高知方面へ。

458.jpg
高知を過ぎたあたりで、弁当を開けます。
この弁当は大歩危駅そばにある「歩危マート」というお店で購入したものです。

隣に写っている「妖怪茶」も大歩危で購入したもので、パッケージがインパクト大!
でも中身は普通のお茶でした・・・(笑

-- 続きを読む --
2011/05/01 Sun. 21:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 2 

<渓谷で川下り>2日目(4/26) <前編>

旅行2日目。
今日から3日間、四国の各地を巡り、主に観光名所に立ち寄っていくことになります。
この日は大歩危に寄った後、高知周辺を観光する予定。
でも一日天気が良さそうだったので、翌日の計画を前倒しし、午後は四万十へ足を伸ばすことにしました。

029_20121202155959.jpg
この日のスタート地点は高松駅。
-- 続きを読む --
2011/04/30 Sat. 14:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 1 

~プロローグ~
1ヶ月延長された春休みも終わりに近づき始めた4月20日過ぎ。
フラっとどっかを彷徨って来たい…どこか遠くへ行きたい…そんなことを考え始めました。
元々は友人と出かけるはずでしたが、日程の折り合いがつかず、その計画は断念。一人旅となりました。

じゃあどこに行こうか?
第一候補は四国でしたが、他にも紀伊半島や山陰、下関・萩など、いくつかをリストアップ。
日程、予算、天気、交通手段等を鑑みて、比較検討。
日程的には何とか4日確保できることになり、それなら思い切って四国に行こう、と決心しました。

さらに調べていくうちに、「バースデイきっぷ」なるものを発見。
これは連続する3日間、四国内のJR・土佐くろしお鉄道全線の特急グリーン車以下が乗り放題というもので、料金は1万円。
しかも誕生日の月内であれば、いつでも使えます。

ということで、まさに四国内では無双の切符。
そして奇しくも、私の誕生日は4月・・
これを使わない手はない!ということで、この切符を使った四国旅行の計画が進んでいきました。

かくして、移動計画から宿の予約までを2日で済ませ、出発日を迎えたのです。



<四国、上陸>1日目(4/25)
出発の日を迎えましたが、この日は朝病院の予約が入っていました…。
ホントなら朝一の新幹線で四国に向かいたいところだったのですが、そういう事情があったので実際に家を出たのは10時ごろ。
随分のんびりした旅立ちですが、この日は移動だけ、と割り切って新横浜駅へ向かいます。

新横浜11:29→岡山14:30 29A「のぞみ29号」
これで一路岡山へ。
四国までの往復は、通常の乗車券に学割を使用。
乗車券+特急券で1万4千円程度でした。
-- 続きを読む --
2011/04/29 Fri. 23:03 | trackback: 0 | comment: 0edit