02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

北海道周遊鉄道旅 目次 

その1(6/30~7/1) 1日目     自宅→青森→木古内→江差→函館

その2(7/2)      2日目前編  函館→長万部→小樽→札幌
その3(7/2)      2日目中編  札幌→豊ヶ岡
その4(7/2)      2日目後編  豊ヶ岡→浦臼→新十津川→滝川→旭川

その5(7/3)      3日目前編  旭川→北剣淵→名寄
その6(7/3)      3日目中編  名寄→音威子府
その7(7/3)      3日目後編  音威子府→稚内

その8(7/4)      4日目前編  稚内→旭川
その9(7/4)      4日目後編  旭川→北見→網走

その10(7/5)     5日目前編  網走→原生花園→北浜
その11(7/5)     5日目中編  北浜→釧路湿原→釧路
その12(7/5)     5日目後編  釧路→根室

その13(7/6)     6日目前編  根室→東根室→初田牛→根室
その14(7/6)     6日目後編  根室→釧路→帯広→富良野→岩見沢→札幌

その15(7/7~8)   7日目  札幌→函館→青森→自宅

主な乗車路線:江差線、札沼線、宗谷本線、石北本線、釧網本線、根室本線ほか
主な使用切符:北海道&東日本パス
スポンサーサイト
2012/09/27 Thu. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道周遊鉄道旅 その15(Last!) 

7/7(土)~8(日) 7・8日目
1週間に及んだ今回の旅行もいよいよ最終日です。

前夜は遅かったものの、眠い体に鞭打って6時過ぎに起床。朝食用のコーヒーとサンドイッチをコンビニで買いこみ、人のまばらな札幌の街を歩いて駅へと向かいます。

札幌6:51→小樽7:37
6両編成ながら車内は殆ど座席が埋まっており、辛うじて着席。流石は札幌、休日の朝だというのにこの混雑ぶりです。
列車は札幌の市街地を抜け、また海沿いに走っていきます。この日は朝から天気が良く、海も青々として綺麗だったのものの、反対側に座っていたため車窓は殆ど楽しめませんでした…。

1433.jpg
小樽駅に到着。ここで乗り換えですが、一旦駅の外に出てみました。
-- 続きを読む --
2012/07/24 Tue. 23:29 | trackback: 0 | comment: 2edit

北海道周遊鉄道旅 その14 

7/6(金) 6日目<後編>
東根室→初田牛→根室と行ったり来たりし、今度こそ根室から釧路に戻ります。
根室11:03→釧路13:05
1363.jpg
あっという間にクロスシートが埋まってしまったため、一番後ろのロングシート部に乗車。
しかし周りを気にせず窓を開けられますし、足も伸ばせるので、これはこれでなかなか快適です。
-- 続きを読む --
2012/07/22 Sun. 22:15 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道周遊鉄道旅 その13 

7/6(金) 6日目<前編>
日本で最も朝日が早く昇る町・根室で迎えた6日目の朝。
宿で野菜たっぷりの朝食を摂り、7時半に「エクハシの宿」を後にしました。
ここから徒歩で「日本最東端の駅」を目指します。

1252.jpg
この日も根室の街は朝から濃い霧に包まれていました。しかも相変わらずの肌寒さで、半袖しか持ってこなかったことを後悔。。
-- 続きを読む --
2012/07/21 Sat. 21:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道周遊鉄道旅 その12 

7/5(木) 5日目<後編>
この日は朝から網走→原生花園→北浜と動き回り、その後釧路湿原に寄り道。そして15時過ぎに釧路までやってきました。
ここから花咲線で根室を目指すことになりますが、次の列車の時間まで釧路の街を歩きます。

1199.jpg
釧路駅。
稚内や旭川、あるいは札幌や函館といった駅が次々改装される中にあって、この釧路駅は一昔前の雰囲気を残しています。綺麗な駅もいいですが、こうしたちょっと年季の入った駅舎もまた良いもの。これといって特徴のない建物ではありますが、街の規模や雰囲気にも馴染んでいて”どっしり街の中心に構えている”、そんな印象を受けました。
-- 続きを読む --
2012/07/20 Fri. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道周遊鉄道旅 その11 

7/5(木) 5日目<中編>
北浜10:15→釧路湿原12:59
1060.jpg
北浜駅を後にした列車は原生花園の中を突き進んでいきます。
こうして写真を撮っていたところ、隣に外国人の女性がやって来て「WOW!beautiful!beautiful!」と興奮気味に呟いていました。すかさず私も「アイ シンク ソウ!」と相槌を打ち、拙い英語で少しだけ言葉を交わしました。
彼女はアメリカ人で夫婦で北海道旅行中ということでしたが、海外の方が日本の”鉄道旅”を満喫している様子を見ると、なぜかこちらまで嬉しくなってしまいます。
-- 続きを読む --
2012/07/18 Wed. 22:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道周遊鉄道旅 その10 

7/5(木) 5日目<前編>
旅行5日目。今日は網走から根室に向かいます。
888_20120717224243.jpg
この日は朝からいい天気。
予報では午後天気が崩れるとのことでしたが、この時点では全く雨の気配はありませんでした。
-- 続きを読む --
2012/07/17 Tue. 23:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道周遊鉄道旅 その9 

7/4(水) 4日目<後編>
早朝に稚内を出て、昼過ぎに旭川に戻ってきました。
次の列車まで時間があるため、街で時間を潰します。

1696.jpg
昼は旭川ラーメン!「山頭火」というお店に入って塩ラーメンを注文しました。
スープ自体はあっさりですが、その中に豚骨のパンチが効いてて美味しかったです。
-- 続きを読む --
2012/07/16 Mon. 23:11 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道周遊鉄道旅 その8 

7/4(水) 4日目<前編>
この日は稚内を離れ、宗谷本線で元来た道を戻ります。

712_20120715204720.jpg
朝は曇りがちでしたが、青空ものぞいていて、時々日が差していました。
雨の心配はなさそうです。
-- 続きを読む --
2012/07/15 Sun. 23:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道周遊鉄道旅 その7 

7/3(火) 3日目<後編>
列車は音威子府での小休止を終え、再び稚内に向けて走り出しました。
555_20120712221918.jpg
音威子府を出るとすぐに街並みは途切れ、また人跡まれな場所を走っていきます。
-- 続きを読む --
2012/07/14 Sat. 22:12 | trackback: 0 | comment: 0edit