10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

日帰り 身延線の旅 ~その3(最終回)~ 

12/10(月) <後編>
身延駅からはバスに乗って身延山を目指します。
身延駅12:06→身延山12:18(バス 280円)
118_20121213225451.jpg
そう、身延山と言えば日蓮宗の総本山・久遠寺がある場所。
折角なので、この機会に立ち寄ってみることにしました。

119_20121213225450.jpg
バスの終点から商店街を少し歩くと…

124_20121213225450.jpg
巨大な「三門」があります。「三門」とは「三解脱門」とも言うそうで、特にこの久遠寺のものは日本三大門に数えられるほどのもの。(あとの二つは知恩院と南禅寺)
これがとにかくデカイ!その迫力にはただただ圧倒されるばかりでした。

ここでシニアグループに「写真撮ってください」と頼まれたので、それに応じて一枚撮って差し上げました。

127_20121213225753.jpg
その三門を抜けると長い石畳。なかなか雰囲気のある佇まいです。

130_20121213225752.jpg
そして、その先に待ちうけるのはこの階段!
「菩提梯」と名付けられたこちらの階段は、全部で287段。こうやって見ると大したこと無さそう(?)なのですが…

135_20121213225752.jpg
実際見上げるとこんな感じ。1段1段が高くて、思ったより苦労しそう…。

137_20121213230028.jpg
結局、一気に駆け上がることはできず、途中で休憩して何とか「登頂」。
息は切れ、膝は笑い、登り切ってから暫くは呼吸を整えるのに精いっぱいでした…。情けない…(_ _;

その菩提梯を上から見ると御覧の通り。かなりの高低差に足がすくみます。(是非画像を拡大してみてください)
下の方に米粒のように見える人達は先程のシニアグループですが、彼らも時間をかけてこの階段を登り切っていました。

138_20121213230027.jpg
階段を登りきったところには広大な境内が広がっています。
こちらは本堂で、落成は1985年とのこと。明治8年の大火で、伽藍の多くが文字通り灰燼に帰してしまったため、古い建造物はあまり残っていません。

139_20121213230027.jpg
奥に見える五重塔も2008年、たった4年前に竣工したばかりの新しいもの。

140_20121213230400.jpg
本堂にお参りした後、ロープウェイ乗り場へ向かいます。

久遠寺13:00→奥之院13:07
141_20121213230359.jpg
身延山山頂と久遠寺を結ぶこのロープウェイですが、車両のデザインはかの有名な水戸岡鋭治さんだそう。
そう言われてみれば、確かにそれっぽいデザインですね。(おでこのところに書かれた英語のロゴとか…)
なお運賃は往復で1250円ですが、駅前の観光案内所でクーポンを貰っていたため、1150円で乗ることができました。

145_20121213230359.jpg
ぐんぐん高度をあげて山頂を目指すロープウェイ。7分ほどの空中散歩です。

149_20121213230558.jpg
そして頂上に到着。
標高は久遠寺よりも763m高い1153m。標高が100m違うと気温は1度程度違うと言いますから、久遠寺境内よりも7度以上低いということになるのでしょうか。とにかく寒かった…。

150_20121213230557.jpg
その頂上からの眺めがこちら(東側展望台)。絶景です!
眼下に見下ろすは身延の街と富士川。少し雲に隠れてしまっていますが、山並みの奥には富士山も見えます。

163_20121213230740.jpg
望遠レンズに取り換えて身延の街をアップ。ほぼ中央に駅がありますが、ホームの屋根がお分かり頂けるでしょうか?

168_20121213230739.jpg
一番奥に見えるのは伊豆半島。時間帯によっては駿河湾が煌めいて見えるんだとか。

ちなみに、ここでまた先程のシニアグループに遭遇。今度は私の方から「写真撮りましょうか?」と声をかけ、その後少しお話しました。皆さん千葉から一泊二日の行程でやって来られたそうで、私が神奈川から日帰りで来たと言うと「日帰りでも来れるのねぇ」と驚いた様子でした。

169_20121213232224.jpg
こちらは南展望台から。先程の景色とそれほど変わりません。

164_20121213230957.jpg
山頂には「奥之院」があります。

175_20121213230956.jpg
この奥之院思親閣は、日蓮上人が身延山で過ごした9年間、両親をはじめ師匠の追善供養をしていた場所。
もちろん当時はロープウェイなんかありませんから、上人は毎日歩いてここまで登って来ていたのだとか。いやいや、大変だ…。

171_20121213230955.jpg
両側に立つ老杉は上人自らが植樹したものだそう。

174_20121213231210.jpg
画像は仁王門で、この奥が「思親閣」の祖師堂です。
誰しもが「親」を「思」う気持ちは同じ。ストイックな修行僧とて、それは変わりません。
日蓮上人はどんな思いでこの地を訪れていたのでしょうか。

177_20121213231209.jpg
思親閣への参詣を終え、続いて北側の展望台へ。この辺りは地面に雪が残っていました。
右側に広がるのは甲府盆地。本来なら南アルプスも見えるそうですが、この時は雲に遮られて見ることができず…。

187_20121213231208.jpg
こうして一通り山頂を見て回った後、ロープウェイ乗り場の2階にある食堂で昼食に。
「ゆばカレー丼」というものを注文しましたが、まぁ想像通りというか、無難な味でした。

189_20121213231358.jpg
ロープウェイ乗り場も水戸岡さんの手によってリニューアルされていて、木の温もりあふれる空間になっています。
同じ水戸岡デザインということで、どことなくJR九州の車両インテリアに通じるものがあるような気がしますね。

191_20121213231358.jpg
昼食後。
再び東側展望台に行ってみると、先程は半分雲に隠れていた富士山が綺麗に顔を出していました。

194_20121213231357.jpg
望遠レンズで一枚。ホント晴れて良かった!

奥之院14:00→久遠寺14:07
結局山頂には1時間ほど滞在し、14時発のロープウェーで下山しました。
*****************

205_20121214231929.jpg
続いて日蓮上人の御墓を訪ねてみることに。

203_20121214231930.jpg

201_20121214231930.jpg
この奥がお墓。とにかく何から何まで規模が大きく、見応え十分でした。

207_20121214232104.jpg
境内に戻ってきました。
墓所がある「祖廟域」は久遠寺境内から10分ほど下りた場所にあるので、境内に戻るためにまた坂道を登らな
ければならず、ここに戻ってくる頃にはまた膝がガクガクに…。先程の菩提梯にしろ、この坂道にしろ、ほんの少しだけ「修行僧気分」を味わうことができた気がします(笑

208_20121214232103.jpg
今更ですが、ここで改めて境内の案内図を。その広さがお分かり頂けるでしょう。

209_20121214232102.jpg
こちらは「仏殿」。ですが、屋根替えのため現在工事中…。

これを見てからぼちぼちバス停方面に戻ることにしました。
210_20121214232249.jpg
帰りは菩提梯ではなく、緩やかな坂道の「女坂」を使って下ります。
この他にも「男坂」というのがあり、本来であればそちらを使うべきなのでしょうが、もうそんなことにこだわるだけの気力は無く…(苦笑

218_20121214232248.jpg
まだバスの時間まで30分以上あったので、三門から15分ほど歩いて「総門」にやってきました。一番上の画像に写っているのはこちらの門。
1665年、日奠(にちでん)上人によって建立された古いもので、貫禄充分です。

身延山15:50→身延駅16:02(バス)
219_20121214232459.jpg
こうしてたっぷり4時間ほどかけて身延山を観光し、駅に戻ってきました。
とにかく巨大で見所の多い久遠寺。「総本山」の名に違わぬ独特の雰囲気は、ここでしか味わえないものだったと思います。

身延16:12→甲府17:35
220_20121214232459.jpg
さて、あとはひたすら列車に乗るだけ。
甲府行きに乗り込み、身延線完乗に挑みます。

222_20121214232458.jpg
途中、こんな刺激的な名前の駅が…(^^;

身延を出た列車は富士川を離れて支流に沿って走り、山の合間を縫うように走っていきます。身延を出た時はボックス席を独占できていたものの、学生や温泉帰りの団塊世代などが相次いで乗り込んできて、徐々に席は埋まっていきました。鰍沢口に着く頃には日も暮れて、やがてイヤホンを付けたまま夢の中へ…。気付けば終点は間近に迫っていました。
*****************

224_20121214232628.jpg
というわけで身延線の終点・甲府に到着。朝7:45に富士駅を出て、甲府到着が17:35。約10時間にわたった身延線の旅も、ここに終わりを告げます。

甲府18:08→高尾19:38
226_20121214232627.jpg
甲府からは中央線。勝沼の夜景が綺麗でした。

高尾19:42→八王子19:50
八王子19:55→橋本20:06

そして橋本で夕食を食べて帰宅。これで全行程終了です。

*****************
思いつきで出かけた身延線の旅。
今回は身延山の観光がメインでしたが、沿線には武田信玄の隠し湯・下部温泉があったり、富士宮には白糸の滝があったり、甲斐善光寺があったり…と、まだまだ見所は尽きません。今回はほうとうも焼きそばも食べれませんでしたし、またいつか時期を変えて、そして今度は甲府を起点にして身延線の旅をしたいと思います。

最後まで御覧頂きありがとうございました。
※旅行記INDEXおよび乗車記録も更新しました。
スポンサーサイト
2012/12/16 Sun. 18:31 | trackback: 0 | comment: 0edit

日帰り 身延線の旅 ~その2~ 

12/10(月) <中編>
西富士宮9:14→寄畑9:47
西富士宮駅から甲府行きの列車に乗って、身延線の旅を再開します。

055_20121212224910.jpg
西富士宮駅を発車して間もなく、列車は進路を180度変えて南に走っていくのですが、その車窓(左手後方)には息をのむ光景が!
これぞ、まさに「大パノラマ」。一度見たら忘れられない、感動的な車窓です。

057_20121212225514.jpg
やがて富士山は列車の後方に移り、他の山々に遮られて殆ど見えなくなってしまいます。
その代わりに、芝川駅付近から今度は「富士川」に沿って走るようになります。
この先の身延までは、この富士川が車窓の友。

060_20121212225513.jpg
球磨川、最上川と共に日本三大急流の一つに数えられる富士川。
でもこの辺りの流れは緩やかで、その急流の片鱗を見ることはできません。

062_20121212225512.jpg
富士川はずっと車窓左手(富士→甲府の場合)に寄り添います。先程の富士山も左手に見えるので、身延線に乗る際はそちらの座席がおススメ。(ただ、富士~西富士宮に関しては車窓右手に富士山が見えます)

080_20121212230400.jpg
そして寄畑駅で途中下車。この駅に別段目的があるわけではありませんが、周囲の景色が良かったので降りてみました。稲子~十島で県を跨いでいるので、ここはもう山梨県。

065_20121212230400.jpg
ホームの様子。この辺りは無人駅ばかりで、ここも例外ではなく。

082_20121212230359.jpg
周囲には家もあるので「秘境駅」ではありませんが、静かで良い雰囲気です。
遠くに見える、雪を抱いた山並みも素晴らしいですね。

084_20121212231713.jpg
ホームからの眺め。ホームが少し高台になっているため、辛うじて富士川も望めます。

075_20121212231337.jpg

076_20121212231336.jpg
駅前の様子。

067_20121212231336.jpg
そして駅前を通る県道10号線から駅を見たところ。

068_20121212231712.jpg
その県道10号を渡ると、川の方に続く道があったのでこちらへ。

070_20121212231712.jpg
その先には気持ちの良い景色が広がっていました。

071_20121212232021.jpg
土手に寝っ転がってしばらくボーっと…。あぁ、これだから旅はやめられないのです(笑
観光地の「紋切り型の景色」ではなく、思わぬ場所でこういう景色に出会った時こそ「旅の醍醐味」を感じられる気がします。

ここで30分弱のんびりし、満足したところで駅に戻りました。
077_20121213001025.jpg
駅の裏手は坂道になっていて、その道は山へと続いていました。

079_20121213001024.jpg
その坂道を少し登り、駅方面を見下ろしたところ。

寄畑10:30頃→井出10:55頃(徒歩)
次の列車まではまだまだ時間があったので、歩いて隣の井出駅を目指すことにしました。
090_20121213001023.jpg
井出駅までは県道10号をひたすら歩いて2.5kmほど。

093_20121213001213.jpg
その途中、冨栄橋からの眺め。

096_20121213001212.jpg
道路はこんな感じ。ずっと川沿いを走っているので、景色が良くて楽しかったです。
たまにすごいスピードで脇を走り抜けていく車がいて、その都度怖い思いをしましたが…。

102_20121213001211.jpg
というわけで井出駅に到着。寄畑駅から25分程度だったでしょうか、思ったより早く着きました。

100_20121213001429.jpg
ここも無人駅。

103_20121213001429.jpg
駅前には道路を挟んで富士川が流れています。
駅周辺に家は殆どありませんが、対岸には大きめな町(旧富沢町、今は南部町福士)があり、そこの住民の方の利用が多いようです。ただ駅前に橋は無く、駅から800mほど離れた冨栄橋を渡って行き来するしかありません。

099_20121213001428.jpg
駅の山側には「中村屋支店」というお店(今は営業していないようです)があるだけで、道はそのまま山へと続いています。この道を10kmほど行くと天子湖というダムに行けるそうですが、かなり酷い道なんだとか…。

井出11:15→身延11:45
106_20121213001831.jpg
20分ほどで迎えの列車がやって来たので、これに乗って身延へ向かいます。
車内は空いていましたが、左側(川側)のBOX席には全て先客がいたので、右側の席に着席。でもこの辺り、右側には崖が迫っているため景色は殆ど楽しめず…。

111_20121213001831.jpg
途中の甲斐大島にてしばらく停車。
駅前は車通りが多くて秘境感は無いのですが、利用者は1日10人に満たないそうです。

112_20121213001830.jpg
そして身延線のほぼ中間地点、身延に到着。列車は甲府行きですが、ここでまた途中下車します。

114_20121213002027.jpg
身延線の中でも中心的な駅で、立派な駅舎がどっしりと構えています。
有人駅で、駅舎内には蕎麦屋も入居。小腹が空いたので食べてみたのですが、蕎麦が太目でなかなか美味しかったです(^^

116_20121213002026.jpg
駅前は綺麗に整えられていて、立ち並ぶ店舗や交番、一般の民家などが全て和風デザインに統一されています。いかにも「観光地!」という感じなので好みが分かれるところかもしれませんが、私はこういう街並みも嫌いじゃありません。

さて、この後は身延観光。バスに乗って、有名なあの場所を訪れます。
2012/12/14 Fri. 20:12 | trackback: 0 | comment: 0edit

日帰り 身延線の旅 ~その1~ 

今年も冬の18切符シーズンが始まりました。
その解禁日初日(12/10)。卒論も目途がついてきたということで、早速18切符を使った小旅行に行ってきました。タイトルの通り、今回の旅先は身延線。その旅の一部始終を画像メインでご紹介いたします。
(写真が多いので、3回程度に分けて書いていきます。)


12/10(月) <前編> 
茅ヶ崎5:56→小田原6:21
まずは東海道線で身延線の起点・富士を目指します。

小田原6:22→熱海6:45
003_20121211164034.jpg
小田原から乗り換えた列車はE231系の5両編成。一日数本(2本?)、平塚~熱海ではこうした短編成の列車も運転されています。
(画像は熱海にて)

__ (21)
根府川付近でちょうど空が白んできました。今日は良い天気になりそうです。(画像はiphoneにて)

008_20121211164033.jpg
熱海で浜松行きに乗り換え、富士駅に到着。
通勤時間帯ということで列車はそこそこ混んでいましたが、幸いずっと座れました。

005_20121211164033.jpg
富士駅の周囲には製紙工場が多く、駅のぺデストリアンデッキからもその煙突が多数見受けられます。
画像左が大王製紙、左奥が大興製紙で、そして右奥に見える煙突はおそらく日本製紙のもの。紙を運ぶための貨物駅もあり、近年まではワムを使って紙輸送が行われていました。
それにしても、どういう経緯でこの一帯に製紙工場が集中したのでしょうか。ちょっと興味深いですね。

010_20121211164032.jpg
この後ホームへと戻るとちょうど身延線の列車が入線してきました。東海ではおなじみの313系です。

IMG_1927.jpg
2007年までは115系と123系(画像右)などが走っていましたが、それももう5年も前のこと。
(画像は2006年頃 富士駅にて)

富士7:45→富士宮8:03
011_20121211164030.jpg
列車は半分以上座席が埋まった状態で富士駅を発車。途中駅からも乗り込んでくる人が多く、いつの間にか結構な混雑になっていました。そんな車内ではカメラを出したくなかったのですが、あまりにも富士山が綺麗だったのでつい一枚…。富士根駅にて。

014_20121211171337.jpg
列車は富士山を望みながら走っていき、富士宮駅に到着。殆どの乗客がここで降りたので、私も流れに乗って(?)途中下車してみることにしました。

015_20121211171336.jpg
駅前ビルの合間からは富士山!

016_20121211171336.jpg
その富士山の全景を見れる場所は無いかと探しつつ、街中を散策します。
駅前の道路は綺麗に整備されていて、とても歩きやすかったです。

021_20121211171335.jpg
駅から10分ほど歩き、やって来たのは浅間大社。

024_20121211171334.jpg
坂上田村麻呂が平城天皇の受け、この地に社殿を造営したのが始まりと言われています。御神体は背後にそびえる富士山。起源は前27年にまでさかのぼるそうで、古来から富士信仰の中心地として、特に朝廷から篤い信仰を受けてきた神社です。
ちなみに、富士山頂にはこの神社の奥宮があります。(画像は楼門)

025_20121211172549.jpg
そして社殿。楼門とともに徳川家康が造営したものだそうで、今も一部を除き、当時のまま残っています。
境内には静岡テレビのカメラマンが数人待機していましたが、何かの取材があったのでしょうか。

022_20121211171335.jpg
神社の近くには「湧玉池」という池がありました。
富士山の雪解け水が地下を通って湧き出しているもので、その水質は抜群。平成の名水百選であると同時に国の特別天然記念物でもあり、近くには水飲み場も備えられています。
(この時は水飲み場の存在に気付かず、素通りしてしまったのですが…)

033_20121211172548.jpg
そしてそして、その神社の近くから望んだ富士山がこちら!
いやー、ホントに素晴らしいですね。

035_20121211172548.jpg
こうして浅間大社の周りを散策した後、ブラブラ駅に戻ります。

036_20121211172547.jpg
富士宮といえばやはり富士宮焼きそば。あちこちに、こうした幟の立ったお店が散見されました。
もちろん是非とも味わいたいところだったのですが、この時まだ朝の8時半。残念ながら開いてる店を見つけることはできず、今回は断念。
次こそは!

037_20121211172547.jpg
こちらは駅前の通りと交差する、県道180号。車通りも多くて比較的賑やかな通りです。
駅前通り同様、ここも電線がなく、歩道も広くて綺麗な道でした。
賑やか過ぎず、かといって寂れているわけでもなく、街の規模もいわば必要にして十分な感じで、なかなか住み心地の良さそうな場所だなぁ、というのが街を歩いてみての感想。

038_20121211172546.jpg
駅に戻ってきました。
1番線のホーム(左)がやたらと長いのが印象的でしたが、線路の状態を見るに、最近は使われていないようです。

富士宮8:46→西富士宮8:48

050_20121211172954.jpg
次の列車は隣の西富士宮止まりでしたが、ひとまず西富士宮まで移動。

044_20121211172954.jpg
駅舎は木造。wikipediaによれば「改装済み」だそうですが、開業当初の駅舎なのかどうかは不明。
駅員配置駅で、利用者は1日1400人程度いるようです。

040_20121211172953.jpg
右が富士方面、左が甲府方面の時刻表。
富士~西富士宮駅までは列車本数が多めに設定されている一方、この先の区間は列車が大変少なく、3時間ほど間が開くケースもあります。もっとも、これ以外に特急が7往復あるので、他のローカル線に比べれば大分マシです。

045_20121211172953.jpg
駅前には商店街が広がっていました。

046_20121211172952.jpg
昔ながらのお店が軒を連ねています。

048_20121211172952.jpg
でも、営業をやめてしまった店も多いようで、こちらの「後藤酒店」はセブンイレブンになってしまっていました…。
うちの近所にも同じように酒店→コンビニという例があるのですが、やはり酒店にとって、コンビニの進出は大きな打撃だったのでしょうね。

053_20121211173047.jpg
ざっと駅前だけ見て、駅に戻ってきました。
甲府行きの列車に乗り込んで…。さあ、先へ進みましょう。

(続く)
2012/12/12 Wed. 21:21 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。