05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

うだる暑さの中で 

こんばんは。

何か昨日今日と鬼のような蒸し暑さで、何をするのも億劫な日々です。

体にじっとり纏わりつくような暑さ。
不快です。。
せめて朝晩涼しければまだいいんですけど、朝からこうだとちょっと・・。


昨日は、急に熱出した人の代わりにバイト3時間くらい余計に入ったので、結局朝9時半~20時半までの過酷な労働でした(汗

日曜一日働いちゃうと月曜に疲れが残るんで、なかなかしんどいです・・。

で、迎えた今日。

結局1限には起きられず、2限から出席。

もう、ほんと最近眠くて仕方ない・・。

今日も帰りの電車で寝過ごしたりするし、行きの電車とかも立ったまんまウトウトしてるし。。
病気なんじゃないかって思うくらい眠気がひどい。。

夜はしっかり寝てるんですけど。。

何か、解決方法はないんでしょうかね~?


さて。

そんなグダグダな最近ですが、やっと教習所の方は終わりが見えてきました。

3ヶ月に及んだ通学もやっとラストスパート。

今日卒業検定前の効果測定とみきわめを終え、残すは卒業検定と本免試験のみ。

ただ、どっちも日中なんで、学校を自主休講して(サボって)行くしかないかと。。

もう、ほんと発想がこんな感じなんで、そろそろやばいなーっては思ってるんですが・・。

テストも近いですし、こっから気合入れなおさないと!


そういえば、カシオペアがEF510牽引に置き換えられた?とか。
共通運用なのか本格的な置き換えなのかは知りませんが、こうなると北斗星ももうすぐ置き換えなんでしょうね。
当初、EF510のカシオペアカラーも登場するとかってアナウンスされてましたが、今回充当されてるのは北斗星カラーのもの。
カシオペアカラーがホントに出てくるなら、そちらも待ち遠しいですね。


ところで、EF65、ED75、EF64と消え行く中で、今度はEF81の置き換えが急ピッチで進んでる感じです。
富山のEF81もかなり運用が減ったようですし・・。

田端のEF81もほとんどが置き換えられていくんでしょうから、81号機や95号機のような異端機の処遇も気になってきます。
まあそうは言っても、「あけぼの」「日本海」「トワイライト」でのEF81牽引は残るわけで、まだまだ檜舞台から降りるのは先になりそうですね。

っていうか、そうあってほしいです。

画像はEF81-95。
EF8195-2
スポンサーサイト
2010/06/28 Mon. 23:25 | trackback: 0 | comment: 0edit

運命の一戦 

こんばんは。

いよいよ決勝T進出をかけた大一番まで3時間ほどですね。

起きられたら見ると思いますが、どうでしょう・・?

オランダ戦はバイトと重なってて見れなかったんですが、いい試合してたようですね。

この分だと今回も接線で勝ってくれるんじゃないか?と期待もあります。

ただ、勝てば官軍とはよく言ったもので・・。

思えば、始まる前はあれだけ叩かれてた岡田JAPAN。

3戦全敗予想の方が多かった中で、とりあえず1勝した現在。

これで決勝に進めれば、まさに官軍でしょう。

マスコミは明日朝、どんな反応をするんでしょうかね?

岡田監督の評価は変わるんでしょうか?


あと、ここんところテレビで「日本が勝つための戦略」とか「相手の弱点」とか、その手の特集がひっきりなしに流れてますよね。

確かに4年に一回だし、盛り上がるのはすごくわかるんですけど、しつこいくらい毎日そういうのやってて、試合前におなかいっぱいって感じです。

それに、解説者がいくら「必勝法」「攻略法」を視聴者に熱く語ったところで、実際視聴者が戦うわけじゃないですしね。

そういうのは前日だけでいいんじゃないか、とちょっと思ったりしました。

解説者の皆さん言ってる事が色々ですし。


まあとりあえず、よい結果を祈るだけです。


そんなW杯真っ只中ですが、明日は野球を見に行きます(笑

正直断然野球派です。

というわけで、楽しんでこようと思います。


さて。
今日も全くblogの趣向と関係ない話題で話を進めてきましたが、最後にちょっとだけ。

ttp://www.jreast.co.jp/hachioJi/info/20100617/20100617_info01.pdf

中央線201系の引退日が正式に決まったようです。

すでに最後の1本となってますが、つい先日(3日前?)も営業運転に入っていて安心したばかりでした。

10/17、さよなら運転で松本まで走った後、暇乞いの間も無くそのまま廃車回送という、何とも切ない最期ですが、E233系が投入し終わってからもよくここまで残っててくれたって感じです。

最期まで無事に走りきってくれるよう、願うばかりです。

201-T10
IMG_6168.jpg







2010/06/25 Fri. 00:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

自問自答 

こんばんは。

今日は日常のあれこれをひたすら書き綴っておくだけですが、勘弁してください。。


まず、本業の大学生活。

中国語の中間が終わって一段楽したとこですが、本来専門科目であるミクロ・マクロ経済で躓き、テストに向け焦りばっかりが募る毎日です。
まあとにかく数学アレルギーなんで、何で経済を選んだのか、自問自答が続く日々・・。

先日も政治学科とかに行けばよかったーって書きましたが、その理由の一つはこういうとこにもあるんですよね・・。

もっと言えば、多分法学部とかの方が自分には合ってたはず。

でも法学部の膨大な勉強量に怖気づき、結局あきらめてしまったわけで。

これも偏に、「本当にやりたいこと」を見つけられなかった自分の責任。

例えば国際関係とか法律とか、そういう「本当にやりたいこと」を持ってその学部に進んでいった友人と会う度に、自分のふがいなさを感じたり・・。

大学を目指してるときは、どこかで「大学が終着点」って意識を持ってたと思いますが、実際それは幻影に過ぎなかったってことを改めて感じます。

ってか、結局今大学でやってることに対してモチベーションが全然保てない気がします。

リア充は遠い・・(笑

もういっそ、放浪の旅にでも出ようかと。。



さて。

もう一点は家探しのこと。

今、必死にアパート探してる最中ですが、今週末あたり実際に見に行ってみようと思ってます。

一人暮らしの知り合いから情報を集め、大体の感じも掴めてきました。

大学生のアパートの条件の一つは、近くに「松屋」とか「すき屋」とかがあること、らしいです(笑

多分近くにそういうのがあったら、黄金伝説ばりに全メニュー制覇するんだろうなーとか思いつつ。。

とにかく、そんな食事のこととか家具・電化製品のこと、休日の過ごし方・・などなど。

実際やってみなきゃわかんないことも多いと思いますが、そんな情報集めにも忙しい最近です。


最後に夏の旅行のこと。

まだ全然計画立ててないんですが、大学生らしく9月に行くことになりそうです。

行き先は九州か北海道?という、2択でほぼ決まり。

ただ、散々書いてる通り「あけぼの」に乗って北に行くことになるでしょうか。
もちろんゴロンとシートで。

春休みにもぐるっと東北を回ってるんで、前回とルートは重複しないように・・とは思ってますが、男鹿半島の入道崎は夏にもう一回行きたいと思ってます。

あと青森から竜飛崎、函館、最終的に札幌あたりまで行ければ。

欲を言えば釧路湿原まで一気に行きたいんですけど。。

道内はサイクリングでもレンタカーでもいいでしょうね。

テスト前には一通りプランを作れるよう、直前に慌てないよう計画を練っていくことにします。



全く関連性のない3つの話題でしたが、今日はこんな感じで。


画像はEF64-1000。
何か春の改正以降、貨物機は愛知に集中配車になったとか。。
詳しくはわかりませんが、首都圏で見れる機会がさらに減ることになるんでしょうか?
IMG_6387.jpg
2010/06/08 Tue. 22:17 | trackback: 0 | comment: 0edit

政治とは何か 

タイトルが仰々しいですが、まあ便乗して個人的考察をちょっと書いときます。

突然の首相辞任に驚いたのが昨日の朝。

その直前まで、テレビで前日の会談後に鳩山首相が見せた笑顔の真相は?みたいなことを特集でやってて、しばらくしたら「辞任」っていう速報が出たので、唖然としました。

個人的な意見を言えば、やめて欲しくはなかった。
あまりにも中途半端すぎる。

アメリカのCNNか何かは「これだけ首相が変わってたら、何も進まない」と報道してたようですが、まさにその通りだと。

確かに普天間の失敗の責任を取るといえば、大義名分は立つかもしれません。
支持率も上がる気配はなかったし、まあ退き時だと考えてもおかしくはない。

でも、長期政権だった中曽根内閣や小泉内閣も、支持率こそ高かったものの、果たして順風満帆だったかって言えばそうでもないでしょう。

郵政民営化だって、果たしてどれだけのものだったか・・。


優柔不断な首相は要らない。

でも、臨機応変な首相であって欲しい。

一度挫折にぶつかって「それじゃあ辞める」じゃなくて、別の方法で何とかならないか、もう一回何か模索してみよう、とかそういう気持ちを少しでも持ってもらいたいものです。

臨機応変、でも初志貫徹。

この矛盾して見える両者を上手く兼ね合わせてこそ、今日本の代表にふさわしいのかな、と勝手に思ったりしました。


まあ、自民党が棚上げし続けてきた普天間問題にあえて取り組んでいった点は素直に認めます。

それに同情するわけじゃないですが、辞めたら無責任、辞めなきゃ責任取れ、ってどっちにしろ批判される難しい状況で、さらにマスコミが寄って集って彼を追い込んでいったという事実も見逃せないでしょう。

そして民主党も、党としての結束が弱すぎる。

国民は最終的に民主党に嫌気がさしてたはず。

でも他の議員らは、鳩山が辞めれば俺達には関係ない、みたいな雰囲気でした。

それでいいのか?・・って思うところですね。


結局、何より期待が大きすぎたということ。

政権交代という歴史的出来事を経て民主党内閣になり、自民党とは違うだろうっていう期待はどこかにあったはずです。

ここでもマスコミはその期待を煽る一助になってたわけですよね。

期待が大きければ失望が大きいのは、当然のことなんでしょう。


政治とは何か。。

これは様々な人が様々な答えを書いたり述べたりしてます。

自分は政経学部の経済に進みましたが、最近はやっぱ政治いきゃよかったな~って常々思います。

今は政治科目で政治学基礎とかいうのを履修してますが、政治っていうか哲学の領域です。

政治をする、国民を治めるっていうのは想像以上に難しいことなんだとは思います。

人間がやる以上失敗もあるし、支持率だけじゃ量れないものもある。

国民は確かに一喜一憂します。

でも、そうはいっても一々全てにおいて責任を取って欲しいとも思わない。

安定的な生活基盤が欲しいだけです。

是非、次期政権には息の長い運営をお願いしたいもの。

まあ、あんまり期待は出来ませんけどね。。

樽床氏って誰?って感じですし・・。



夏の参院選は投票権を行使して、自分の意思反映をしてきます。

たかが一票、されど一票。

意思表示が出来る貴重な機会を生かしたいと思います。


政治には無知なくせに長々と駄文を書いてしまい、墓穴を掘った感がありますが、今日はそんな時事ネタでした。
「書いてることおかしいよね?」って思っても、突っ込まないでください(^^;
2010/06/03 Thu. 22:59 | trackback: 0 | comment: 0edit