09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

続けること 

今日で2011年の6分の5が終わってしまいました。
残すところ、今年もあと2ヶ月。
早いですね。。


土曜はバイトでした。
11月いっぱいでバイトを辞める旨を伝え、シフトを確認したところ残り5回程度の出勤。
2年2ヶ月に渡って続けてきましたが、これだけ長く続けると当然愛着もあり、かえって辞めづらくなってしまいます。
当初こんなに続ける気はありませんでしたが、周りにいい人しかいなかったので結局ここまで続きました。

夏前くらいまでは「楽しみながら」やってたバイトですが、最近は楽しいと感じる余裕もなくなりつつあり、就活も始まる12月を前にひと段落、ということにしました。
甘えかもしれませんが、楽しむ余裕がなくなってきたら辞め時だ、と決めてたので。
ただでさえ金欠ですが・・また就職が決まったら何か始めることにします。


昨日はTOEIC。
「就活前に受けておこう」というありがちな動機で受験しましたが、見事に散りました。。
高校のとき以来の受験でしたが、やっぱり対策が不十分だったというのと、久々の公式な試験で緊張したというのが敗因でしょうか。
TOIECのアンケートの中に「英語を勉強し始めてから何年か?」という項目があるのですが、あまりの出来の悪さに「10年」という欄にマークする気が引けるほど・・。
小学校の頃の公文式から数えて10年―それでも未だに日常会話すら怪しいと言うレベル。
確かに自分の勉強不足ですが、それにしても学校で習ってきた英語は一体なんだったのか?と、いつも思います。
折角続けてきた、積み上げてきたものも、結局’砂の城’だったのか、と。

センター試験のリスニングの比率をもっと上げるとか、授業でスピーキングを徹底するとか、そのくらいしないと英語なんて身に付かない気がします。
グローバル化だとか国際化だとか言いつつ、結局本気で英語教育に力を入れようとしない日本。
自分の事を棚に上げて「教育が悪い」と言うのもどうかと思いますが、高校時代の英語の授業を思い返すと、もう少し本腰入れた英語教育をしてもいいんじゃないかなーと思ってしまいます。
まあ、結局は勉強しなかった自分が悪いのですが・・。

11月にもう一度受験しますが、このままだと700なんて超える気がしません・・。




002_20111031222600.jpg
さて。
今更ですが、九州色が2両になりました。
完成したのは2週間ほど前。

基本的には塗り替えだけで、手すり等もそのまま。
九州旅行の思い出に飾っときます。

スポンサーサイト
2011/10/31 Mon. 22:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

伝えることで再確認 

こんばんは。

ここ数日冷え込みが激しいですが、懐も冷え込んでいる今日この頃。
金欠です。

ここ数日で何回か高校時代の友人と飲んだりする機会があり、昨日はゼミで飲み。。
日曜の奥多摩だけでも4000円ほどの出費でしたし、ここ最近就活関連の本とかにも結構投資。
9月はバイトに出てなかったため、給料も入らず、今月は元々厳しいので尚更・・。

大学時代は時間があるのに金がなく、社会に出たら金があっても時間がない。
物事上手くいかないのがこの世の常ですね。


さて。
昨日はゼミのオリエンテーション、つまり、来年のためにゼミを選ぶ2年生に向けてゼミの説明会を行いました。
全体に向けてのプレゼンの他、個別のブースで後輩からの相談を受け付けるというのが主な役目です。
プレゼンは幹事長らに任せ、私たちはブースを訪れる後輩に対して、ゼミの魅力やどんなことをやるのか、雰囲気はどんな感じか、などをひたすら語りました。
結果、思った以上に多くの人が来てくれて、皆熱心に話を聞いてくれていました。
そして何より、後輩に向けて自分のゼミの魅力を伝えると同時に、自分自身でもこのゼミの良さを再確認できた気がします。

前期はまだメンバー内の「溝」が見え隠れしていましたが、やはり夏合宿以降一気に距離が縮まりました。
他のメンバーも、昨日ブースで相談を受けながら「このゼミでよかった」と口をそろえてましたし、2年生向けのオリエンテーションとはいえ、結果的には3年生の結束を固める行事にもなったみたいです。

ということで、ゼミオリエンテーションは大成功のうちに終え、その後の打ち上げで飲んだビールは最高でした(笑



話は全く変わりますが、最近無性に「三江線」に魅力を感じています・・(笑

三江線は三次~江津の108キロを走る地方交通線で、全通は1975年と比較的遅く、現在は専ら地元の人の足として機能する路線。

最近、暇があるとwikiで「日本の駅一覧」とかを眺めているのですが、その中でも格段にローカル感漂う駅が多く、印象に残ったのが三江線でした。
一日の利用者が一桁、という駅もざらで、廃線すら噂されるだけに(2010年に西日本が「赤字路線のバス転換」を明言)、乗れるときに乗っておきたいなーっていうことで。

12月には入ると忙しいとは思いますが、何とか18切符を使ってその辺の未乗路線を乗り潰せないか?、と今から目論んでいます。
まあ、時期が時期なので何とも言えませんが。。



ゼミの件もそうですが、旅の経験も、誰かに話すことでその魅力を再確認できます。
今日も友人との話の中で旅の話題になり、自分の事を話しながらそう思いました。

伝えること、それは自分にとっても大事なことなのですね。

093_20111027205008.jpg
2011/10/27 Thu. 20:50 | trackback: 0 | comment: 2edit

小さな旅 ~奥多摩~ 

久々に土日ともバイト無し、という今週末。
昨日は天気が不安定で出かけられませんでしたが、今日の予報は辛うじて「曇り」。
というわけで、思い切って出かけることにしました。



この日使用するのは「ホリデーパス」。
2300円で関東圏は乗り降り自由になるので、休日の小旅行にはぴったりの切符です。

茅ヶ崎7:08→八王子8:20
久しぶりに相模線で八王子へ下ります。
橋本からは横浜線に直通し、乗り換え無しで八王子まで行けるので便利です。

八王子8:28→立川8:38
立川からは青梅線に乗車。

立川8:47→御嶽9:36
036_20111023205200.jpg
(画像は御嶽にて)

東京から奥多摩に直通する「ホリデー快速おくたま」で最初の目的地へ向かいます。
201系時代は専用HMもありましたが、今は中央線と同じくE233系。

途中拝島で五日市線に向かう「あきがわ」を切り離し、6両となって青梅方面へ。
-- 続きを読む --
2011/10/23 Sun. 21:08 | trackback: 0 | comment: 0edit

自分と向き合うこと 

就活の第一段階で「自己分析」というのがあります。
自分の今までの実績、行動、趣味などから自分の性格や長所短所を確認し、企業選びの参考にしていこう、というものですね。
というわけで、最近この「自己分析」をやっています。

でも・・
いざ振り返ってみると自分の「これだ!」っていう取り柄が見つからない。
力を入れてきたこと、精一杯取り組んできたことが見当たらない。

こんなことに気付かされます。

いや。今更「気付いた」、というのは嘘かも知れません。
やる前から分かってました。

いつも挑戦から逃げていた。
本気で物事にぶつかることを避けていた。
失敗を恐れていた。

陳腐な歌詞みたいですが、これがまぎれもない事実でした。

失敗は恥ずかしいことではない、むしろ挑戦した証なんだから立派なことだ・・。
そんなこともわかってました。

でも、「してこなかった」。
これが一番の失敗・・もとい、後悔と自責の念。それだけ。


以前から何度かblogでも「私は薄っぺらい人間だ」と書いてきました。
気付いてたのに何もしてこなかったと言うこと。
これほど恥ずかしいことはありません。

中学、高校時代から人生の岐路は幾度となく訪れました。
でも・・国立大の受験も、留学のチャンスも、公務員試験への道も諦めました。
大きな挑戦からはことごとく逃げてきたわけです。

いままで自分と本気で向き合ってきたことはありません。
結局、自分と対峙する自信がありませんでした。
その結果、今こうして振り返ったとき、中身のない空虚感だけが残ります。


長所と短所って何だろう。
これも考えていくべきテーマです。
自分で思ってる長所はほんとに長所なのか、他人が私に対して持ってるイメージがほんとに自分自身なのか。
他人に対する印象を作り上げるのは簡単なことです。
だから、他人が見ている私という人間が、本当に「私自身」なのか・・と思います。
そして、自分のことを自分自身が一番知っているという保障もありません。
長所だと思ってたことが実は短所だったり、逆のケースもあるでしょう。
要するにそれって見方次第なわけですが、どういう面から切り取って自分の長所と短所を洗い出していくか・・これは難しいことだと思います。
自分のことを一番知ってるのは自分だ、と思ってましたが、ほんとにそうなのかもよくわからなくなってきました。

と、ここまで随分ネガティブなことばかり書いてしまったので、ここから少しポジティブな面を書いてみます。


まず、高校時代。
後半は友人に誘われイベントに参加したり、委員会で活動したりと積極性を出す部分もありました。
あとは、受験でしょうか。
今のところ人生で一番のミラクルだと思っていることですが、1年間の猛勉強の末第一志望以上の大学に進むことが出来ました。
確かにこれは本気で取り組んだことに違いないですが、少なくとも周りの友人もみんな本気で取り組んでたことですし、特別私だけが、ということではありません。
また、通信簿を見返すと担任からの評価に「周囲からの信頼が厚い」というコメントがありました。ホントかよ?とは思いつつ、高校時代に積み上げてきたことが評価されたことは嬉しく思っています。

大学入学後は、サークル、アルバイト、そして現在のゼミと、色々経験しました。
ただ、これも多くの人がやっていること。別段自分だけ、ではありません。
アルバイトで言えば、初めは絶対に自分に向いてないと思い込んでた「接客業」(レジ)を始めました。
まあ、ある意味自分にとってはこれが挑戦だったんでしょうかねえ・・。
ここでお客さんと接する楽しさと嬉しさ、そして厳しさと辛さを学びました。
11月末でやめる予定ですが、2年2ヶ月にわたって続けた結果、社員さんに冗談半分に「店長」と言われるほどで、信頼を得たという自負はあります。

あと・・旅行ですか。
とはいっても、これも「自転車で日本一周した」とか「JR全線完乗した」とかいうものじゃなく、ただ通常の旅行と言う範疇でのものですが、一人旅を含め日本各地を回りました。
一人旅での経験は何かしら自分を成長させてくれるものだったはずです。
計画、実行、反省という一連の流れ、現地の人との出会い、初めて見る景色、そして日本各地の趣の違い・・。
旅行に行った回数こそ少ないですが、ある意味大学時代に一番夢中になったこと、印象に残ったことと言えばこれを挙げるでしょう。
自主的に、積極的に取り組んだ数少ない実績です。

サークルに関しては一時幹事長職を任されましたが、結局人数の減少に歯止めをかけることが出来ず、責任を果たすことが出来ませんでした・・。苦い経験です・・。
ここでサークルの建て直しに本気で取り組んでいたらまた違った結果を出せたかもしれません。





自己分析の流れで色々書いてしまいましたが、結局自分らしさをしっかりと確認すること、これが自己分析の本旨なのかもしれません。
確かに振り返ってみると後悔や自責も絶えませんが、せっかくこういう機会があるわけですから、自分と言う人間をもう一度丸裸にし、逃げず、正面から対峙してみようかと思います。

006_20111020230107.jpg
画像はこのblog名でもある茅ヶ崎の海。
原点に立ち返ってみましょう、という意味で。
2011/10/20 Thu. 23:01 | trackback: 0 | comment: 0edit

ビジョンを描く 

今日は3,4限と受けた後、友人の誘いで就活のガイダンスに参加して来ました。
テーマは「業界研究のススメ」。
どういう業界を目指すべきか、どんな企業がいいのか、などの話を1時間ほど聴講。
抽象的な話が多く、直接的に企業選びに関わるような内容ではありませんでしたが、なかなか興味深いテーマだったのは確かです。
まあ、結論としては「アンテナを広く張り巡らせ、多面的な情報を収集する」ということでした。
これは就活に限らず大事なことだと思いますが、いろいろな面から物事を見るということは常に意識しなきゃいけませんね。

就活って何から初めていいか分からないだけに、こういうガイダンスに積極的に参加するのが一番確実なのかもしれません。
企業の説明会やエントリーは12月以降ですが、今後も学校主催のガイダンスが数多く設定されているようです。
自身の第一志望企業も固まりつつあり、明確な目標が出来たことで就活の方向性も定まっていくでしょうし、思いのほか大学側(キャリアセンター)もサポートしてくれることが分かりました。
目標企業は難関ですが、幼い頃からの夢を叶えるためにも妥協したくありません。
12月以降に向けて不安は募る一方ですが、明確なビジョンを胸に突き進んで行こうと思います。



週末は奥多摩に紅葉を見に行こうと思ってたんですが、生憎雨の予報・・。
紅葉の写真ってあまり撮ったことがないので楽しみにしてたんですが・・。
なかなか出かけられませんねえ。。

IMG_412.jpg
秋らしく、ススキを絡めた写真を。
2011/10/19 Wed. 22:04 | trackback: 0 | comment: 0edit