11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

苦難の年に別れを 

ついに今年も残すところ半日。
東日本大震災をはじめ、今年日本は台風・地震などによって大きな被害を受けました。
世界に目を向けてもニュージーランドやトルコの大地震、タイの大洪水など・・稀に見る自然災害の多発した一年になってしまったように思います。一方では各国の独裁者が相次いで死に、あるいはエジプトのようにその独裁体制が崩されるという事件も・・。そういえば、ギリシャをはじめ欧米での通貨危機などが起こったのも今年でした。ジョブズ死去の衝撃は世界を駆け巡り、その影響力を改めて知らしめました。

あまりにも多くのことが起こった2011年・・。先日は趣味の面で今年一年を振り返ったので、今度はそれ以外の面で「私にとっての」今年一年を時系列に回顧してみることにします。

・1月
正月は祖父母の家で。
そしてこの月のメインイベントは成人式と同窓会。
同窓会では高校の同級生と2年ぶりに再会し、それぞれがそれぞれの道を歩んでいることを実感した。

・2月
初旬はバイト先の人に振り回されたりもしたが、今ではそれも良い思い出。比較的平穏な日々だった。
このときはこの平穏が続くものと思っていた。

・3月
何と言っても11日。あのとき・・私は飛行機の中にいた。着陸直前に14:46を迎え、そして空港で一晩を明かした。
歴史に残る記録的な災害に加え、人的ミスによる原発事故や計画停電。ここで「震災以前」と「ポスト震災」とで時間が分割されてしまった印象が強く、地震後は何かと考えさせられることの多い9ヶ月だった。祖父母や親戚も被害を受け、やはり個人的にも神経をすり減らす毎日が続いていた。地震直後は心に穴が開いたような「空白の期間」を過ごしていたような気がする。
後半はその空白を埋めるかのようにバイトの日々。4月上旬にかけて、週6出勤というバイトの鬼と化していた。

・4月
大学の休みが一ヶ月伸び、桜が咲く4月もバイト中心の生活。誕生日を迎えて21になった。
サークルの新歓等を企画する予定だったが、大学が休みになってうやむやになってしまった。やはりまだ気持ちのすっきりしない日が続いていた。
しかし、ここで思い切って2回の一人旅。余裕がなかった心にも、少しゆとりを持たせることが出来たようだった。

・5月
GW明けから大学が再開したが、いきなりインフルエンザにかかった。ゼミがスタートし、新たな仲間との出会ったり、バイトでは初めて仲間揃って夕食会をするなど、結束を深めたり。その一方で悩みの尽きない月でもあり、友人にはくだらない愚痴を聞いてもらうこともしばしば。
スマホデビューしたのもこの月で、生活においても大きな変化をもたらすことになった。

・6月
初旬、菅内閣の不信任決議案でのゴタゴタに対し苛立ち。イベント等はない一ヶ月だったが、下旬には震災後初めて祖父母と会い、当時の様子などを聞いたり、まだ傷跡が残る街中を歩いたりして被災地の状況を自分なりに整理した。ボランティアに誘われたのもこの月だったが、結局行じまい・。

・7月
節電の夏を迎えた。極力冷房を使わないなど、できることを心掛けた。後半は期末テストによって拘束。
下旬に再度福島を訪れ、親戚一同が久しぶりに集まった。
8月から留学に行く友人と、留学前最後の晩餐。親友と1年間の別れ。

・8月
ほぼ1ヶ月アメリカで過ごす。家族とともに西部を旅行し、貴重な経験を得る。
あまりにも印象的な景色に出会うことが出来た。

・9月
帰国し、1週間の九州旅行。次いでゼミ合宿でゼミ内の絆が一気に深まった。
台風12号が上陸し、各地に大きな被害が出たのはこのとき。紀勢本線の一部などが不通になった。

・10月
就活を本格的に意識し始めた頃。自己分析だとか、業界分析だとか、そんな漠然としたものをやってみた。
TOEICを受験したのも就活対策のひとつ。
下旬にはゼミのオリエンテーションを行い、多く後輩にゼミの魅力を伝えた。
飲み会や食事に行く機会が比較的多く、かなり交遊に金をつぎ込んだ一ヶ月だった。

・11月
初旬に東北旅行。バイトはこの月限りで辞めた。
バイトの忘年会、ゼミのOB会、後輩との顔合わせなどがあった。
友人と焼肉パーティーをやったのもこの月だった。随分色々あった一ヶ月だと思う。
スーツをそろえ、就活への備えも万全に。

・12月
就活開始。毎日のようにスーツを着るという生活に・・。
学校が終わる直前に18切符の旅行。何だかんだ言っても、この旅行は良い気分転換になった。
またfacebookを本格的にスタートさせ、懐かしい小学校の友達とも連絡をとったりするきっかけにもなった。


振り返ってみると、やはりこの一年ほど「己を問いただす」ということに終始した年はなかったでしょう。
まず成人式で自分の進むべき道を再確認。
地震を機に「自分に何が出来るだろう」「自分には何も出来ないのだろうか」をひたすら問い詰め、そして就活において「自己分析」という名の下に己と向き合う・・。

結局得られた答えは「自分はあまりにも無力で何も出来ない」。
でも、これだけ自分自身のことを客観的に考えた一年もありませんでした。

2012年のテーマは「自信」。
常に堂々と自信を持つ。弱気にならない。そして前を向く。
就活を乗り切る必須条件であるとともに、今年導き出した「自分に足りないもの」でもあります。
いつも胸を張って生きられるよう、心掛けていきたいと思います。
今年一年、お付き合いいただきありがとうございました。

138And2more_tonemapped.jpg
スポンサーサイト
2011/12/31 Sat. 14:07 | trackback: 0 | comment: 0edit

2011振り返り 

こんばんは。

2011年も間もなく終わり・・ということで、今日は「趣味」の面で2011年を振り返ってみます。


まず去年に引き続き、購入した車両の一覧。。

KATO EF64-1031長岡車両センター
TOMIX EF65-1000東京機関区
TOMIX DE10更新車

TOMIX 115系非冷房 3両
KATO 115系新潟色 3両
TOMIX 183系「まいづる」「たんば」 計7両
マイクロ 185系田町BR 7両
KATO 285系 7両
KATO E259系 6両

TOMIX 14系「さよなら北陸」 計10両
TOMIX 24系24型 3両
KATO 24系25形「富士」 7両

KATO キハ110 3両
TOMIX キハ40-2000 1両

計60両


去年が119両だったので、ほぼ半減。単純にお金がなかった・・ということです。
後述の通り、今年はどちらかといえば旅行のほうに資金を費やした年でした。
この他、整理のため103系や余剰の中間車など、30両程度を売却。
そのため、純増数は30両に満たないくらいかと思います。


一方、去年は2回だけだった泊りがけの旅行が、今年は5回。
4月に2回、9月、11月、12月に各1回と、あちこちを巡りました。
今年だけで四国や九州、東北を全県を周り、結果沖縄以外の46都道府県を訪れることが出来ました。一応目標にしてきたことが達成できたという意味で、満足できるものだったかと思います。ようやく「趣味=旅」と言えるレベルには達したかな?
来年は大きな旅行としては「北海道」と「沖縄」。この2ヶ所には是非友人と共に行ってみたいものです。
そして次なる目標は・・JR全線制覇!
まだまだ先は長いので、これは10カ年計画ということで・・。

来年前半は就活とバイトを辞めたことによる資金難で、趣味活動の領域はかなり狭まってきてしまうと思います。
でも、大学生活もあと一年。
どうせなら「モノ」を買うより、貴重な「経験」を買いたい。「モノ」はいつでも買えるけど、「経験」は今しか買えない・・ということで、お金と時間に余裕があれば迷わず旅に出るつもりです。
車両の購入は今年よりさらに減って30両とか40両とか、多分そんなもんになるんじゃないかと思います。
既に買うことを決めているのはKATOの「日本海」くらいですし。


繰り返しになりますが、今年は「見えるもの」「形あるもの」でなく「見えないもの」「形のないもの」にお金を次ぎ込んだ一年でした。
そして来年も、出来る限りその路線を踏襲していこうと思います。
2011/12/28 Wed. 22:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

『2011冬 18切符で乗り鉄三昧の旅』 その9 

12/15(木)~16(金)最終回!


出雲市18:55→東京7:08 4032・5032M
サンライズ出雲に乗り込み、発車まで車内探検。

096_20111220140047.jpg
シングルの通路。
上下2階に分かれており、それぞれ通路の両側に個室が並ぶ。
壁なども全て木目調に統一されていて、列車内にいることを忘れそうになった。

「列車内であることを意識させない」・・これこそがサンライズの廃れぬ人気の秘訣であるように思う。
同時に、それは今後登場する列車にも求められるものかもしれない。
-- 続きを読む --
2011/12/26 Mon. 23:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

『2011冬 18切符で乗り鉄三昧の旅』 その8 

12/15(木) 3日目<後編>
江津15:04→出雲市16:58 330D
江津では7分の待ち合わせで山陰本線に乗り換える。
乗り換え時間が少ないため急いで駅舎だけ撮り、キハ120・2連の出雲市行きに乗車。
思ったほど乗客は多くなかったが、ボックスは既に先客がいたためロングシート席に腰を下ろした。

028_20111219231837.jpg
今度は川ではなく海が車窓に広がる。

それにしても、三江線から乗り換えると山陰本線の列車はとてつもなく速く感じる。
気になって運転席のメーターを覗いてみると、針は90キロ近くを指していた。痛快なほどの飛ばしっぷりである。
今までとはエンジンの唸りもまるで違い、別形式のようにすら思えるほどだった。
地方交通線での運用が多いキハ120にとって、幹線である山陰本線は数少ない「本領発揮の場」と言えるのかもしれない。

-- 続きを読む --
2011/12/25 Sun. 21:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

『2011冬 18切符で乗り鉄三昧の旅』 その7 

12/15(木) 3日目<中編>
三江線で三次から石見川本にやってきた。
ここで次の列車まで1時間40分以上待たなければならず、まずは町歩きで時間を潰す。
574.jpg
私が着いた時間はちょうど無人時間帯だったが、業務委託の有人駅である。
無人時間帯、駅員は周辺の駅の見回りを行う。
-- 続きを読む --
2011/12/23 Fri. 21:01 | trackback: 0 | comment: 0edit