05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

廃線 

こんばんは。

珍しく平日にblogを更新しますが、そのきっかけはこんな記事を見つけたから。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0150361.html
留萌線の廃止検討 まず留萌―増毛、18年度までに JR、沿線自治体に意向

私が以前(2012年)乗った際にも、運転手さんから「もうすぐこの路線は無くなると思うよ」との話を伺っていただけに、正直来るべき時が来てしまったなあ、という印象。企業が合理化を図るのは当然で、その理屈は理解できますが、ただでさえ残り少ないJR北海道のローカル線だけに、廃止されないで欲しいなあ・・というのが本音です。まだ廃止が決まったわけではありませんが、時間の問題でしょう。

ともあれ、国鉄末期に行われた赤字ローカル線の相次ぐ廃止以降、一段落の感があった北海道の鉄路合理化の論議が、再度活性化することになりそうなこの一報。前回の江差線に続き、ここにきて再び廃止路線が相次ぎそうな予感がします。
留萌本線と同様、北海道の中でも特に営業成績の悪い札沼線の末端区間、それに夕張支線あたりは、この余波を受けて廃止の議論が再び本格化すること必至でしょうし、高波により被災した日高本線も復旧の目途たたず。復旧には長い期間と莫大な費用がかかることから、そのまま廃線・・という公算は低くありません。

鉄道会社も民間企業である以上、合理化するのは当たり前。
敷かれたレールを剥がすのは簡単。

でも、全国各地を鉄道で旅してきた者にとっては、鉄道の廃線を「合理化」「経営のスリム化」という言葉で簡単に片付けられるのはあまりにも受け入れ難いもの・・。
せめて廃線になる前に、また乗りに行きたいなあ・・。

218_20150630001130550.jpg

1026_2015063000113285a.jpg
1枚目:留萌線の終点、増毛駅にて。怪しい色に染まった空と一面の雪が印象深い。
2枚目:現在運休中の日高線車窓。高波により、このあたりの地盤の一部が削り取られてしまった模様。
スポンサーサイト
2015/06/30 Tue. 00:16 | trackback: 0 | comment: 2edit

相変わらず… 

更新ができずすみません。。

仕事が忙しいのは事実ですが、概ね土日は休めているので、更新ができていないのは単なる怠慢です。ちゃんと土日も外出したりしているのですが、結局パソコンを開くのが億劫で、BLOGの更新に至らないという感じで…。
ならばタブレットで…と思うもの、結局文字を打つのが面倒なので、それもなかなか。。まあ、きっと「これ書きたいな」と思うことがないのが最大の要因なのだと思います。
いずれにせよ、中途半端な状態が続いてしまってすみません。

そんな罪滅ぼしまでに、先週行った鎌倉の画像を。
紫陽花が見頃でしたが、人の数に圧倒されました…
20150621003104f2f.jpg

20150621003103300.jpg

20150621003102c18.jpg

2015062100310029c.jpg

あと、最近無性に北海道に行きたいのです。
それも、観光地とかではなく、無人の原野に。

なんだか、ふらっと糠南駅にでも行きたい。
そして、廃線になってしまった天北線の跡地でも巡りたい。

最近はそんな感じです。笑
心も体も全然ピンピンしてますが、日々現実逃避を求めてしまうのは誰しもが同じでしょうか。
2015/06/21 Sun. 00:19 | trackback: 0 | comment: 2edit

開店休業 

放置状態で申し訳ございません。。
多忙を言い訳にしたくはありませんが、ちょっと余裕がない日々が続いていて、更新もできていません。。
ストレスは適度に発散しているので大丈夫ですが、なかなかBLOGに気持ちが向きません。。すみません。
また落ち着いたら…。
2015/06/07 Sun. 00:47 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。