01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

西湘・御殿場駅巡り その1 

【大磯駅】
009_20170123221105a58.jpg
本日から書いていくのは、今から3週間ほど前、溜まりに溜まった有給消化のため、新カメラ購入後初めて駅巡りへ出かけた際の訪問記です。とはいえ遠出する金はないので、近場で。一駅目は東海道線は大磯駅。

010_20170212151445699.jpg
開業は1887年。現駅舎は関東大震災後の1925年に建て替えられた築90年を越えるもので、東海道線東京口では随一の名駅舎。大磯ロングビーチに代表される観光地でもあり、オレンジの瓦がリゾート感を醸し出しています。

006_20170123221104b11.jpg

029_2017012322123927e.jpg
駅舎内。窓枠の細工や、電灯の形状に、大正の面影が見えます。

027_20170123221109c87.jpg
隣の平塚までは駅前も賑やかで人通りも激しいですが、この大磯を境に駅前風景も一変、のんびりとした雰囲気が漂うようになります。とはいえ、この辺りもまだまだ都心への通勤圏内。東京までは1時間強です。

030_20170123221240062.jpg
ホームから望んだ駅舎。存在感が凄いです。

005_201701232213400c8.jpg

013_20170123221341b59.jpg
せっかくなので、歩いて海まで行ってみることにしました。

014_20170123221343840.jpg
吉田茂や原敬など、偉人の別荘があったことでも知られる大磯。
温暖な気候、江戸からの適度な距離、そしてかつては東海道の宿場町として栄えた要衝の地であったことから、ここに別荘を構えることが当時の偉人たちのステータスでもあったのでしょう。

017_2017012322134481a.jpg
駅から15分ほどで大磯港に到着。

019_201701232213467fc.jpg
西湘バイパスの先に海を望む。

020_2017012322134707f.jpg
この日は天気が良く、江ノ島もくっきりと見えました。

025_20170123221439f2a.jpg
港が近い場所らしく、魚屋が軒を連ねる商店街。

012_20170123221108190.jpg
こうして30分ほどかけて駅に戻ってきました。
以降、4回ほどかけて駅を巡ります。

(続く)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105 F3.5-5.6 IS STMにて 2017年1月23日撮影)
スポンサーサイト
2017/02/12 Sun. 16:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

『冬の大井川鐵道』 目次 

その1(1/14)  1日目-1  【大井川鐵道へ】
その2(1/14)  1日目-2  【抜里駅、駿河徳山駅】
その3(1/14)  1日目-3  【地名駅】
その4(1/14)  1日目-4  【千頭駅へ】
その5(1/14)  1日目-5  【青部駅】
その6(1/14)  1日目-6  【再び千頭駅、そしてSLの旅】
その7(1/14)  1日目-7  【下泉駅】
その8(1/14)  1日目-8  【家山駅】

その9(1/15)  2日目-1  【神尾駅、五和駅】
その10(1/15)  2日目-2  【日切駅、代官町駅、新金谷駅】
その11(1/15)  2日目-3  【田野口駅】
その12(1/15)  2日目-4  【川根温泉笹間渡駅、そして旅の終わり】
2017/02/12 Sun. 16:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。