02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

北海道駅巡りの旅 その2 

1日目-2(3/23)【大和田駅】
033_20170328233212ab4.jpg
北海道の旅、初日。北海道上陸後、最初に降り立ったのは、留萌のお隣に位置する大和田駅。

038_20170328233218f6e.jpg
車掌車を改造した駅舎を有する、いかにも北海道の駅。

037_20170328233217ec8.jpg
雪がない部分がホーム。
周辺にはポツポツと民家があるほか、線路と並行して留萌国道も走っており、秘境感はありません。

047_20170328233416dbd.jpg

036_20170328233215ded.jpg
いざ駅舎の中へ。
実は、こうした貨車改造の駅舎に踏み入れたのは今回が初めてでしたが、寒さをしっかりしのげて、居住性は意外と良さ気です。まあ夏は暑そうですけどね…。

035_20170328233214792.jpg
留萌本線の中でも地味な部類の駅ですが、ここにも駅ノートが。

050_20170328233418ad0.jpg
パラパラとめくってみると、奇しくも私が訪問した日は先客がいたようです。
二ヶ月ぶりの書き込みが、自分の訪問の直前だったとは…。

045_20170328233413ba0.jpg
wikiによれば、元々は隣の藤山駅に似た駅舎があったという大和田駅。
かつては炭鉱としても栄えたようで、往時はこの辺りにも賑わいがあったのでしょう。北海道の駅を訪問して感じる、そこはかとない寂しさは、至る所に当地の興亡が見て取れるからかもしれません。

046_20170328233415283.jpg

040_20170328233220779.jpg

042_20170328233221c47.jpg

052_201703282334211db.jpg

051_20170328233419a3c.jpg
大和田駅には30分足らずの滞在。取り立てて見るべきものがあるわけではないですが、静かでのんびりとした北海道らしい駅でした。

大和田12:24→藤山12:28
055_20170328233422f00.jpg
その後、やってきた列車に乗り一駅移動。

061_201703282334246d4.jpg

064_20170328233425ef3.jpg

066_201703282334120b7.jpg
やっと…ここへ…。

(続く)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびTAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD およびCANON EF50mm f/1.8 Ⅱにて 2017年3月23日撮影)
スポンサーサイト
2017/03/31 Fri. 23:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道駅巡りの旅 その1 

1日目-1(3/23) 【北海道、そして留萌本線へ】
羽田空港7:30→新千歳空港9:00 JAL503便
004_2017032722454811f.jpg
3月23日、旅初日。羽田空港が今回の旅のスタート地点。
出張で貯めたマイルで特典航空券を予約し、休みを2日も頂き、ようやく訪れた北海道行きのチャンス。少しの時間も無駄には出来ないと、羽田7時半発の飛行機で北海道へと渡ります。2012年12月の一人旅以来、およそ4年4か月ぶりの北海道へ、いざ。

新千歳空港9:15→札幌9:52
005_201703272245507a3.jpg
幸い、一番懸念していた天候も全く問題なく、飛行機も定時での発着でした。
ちょっとでも飛行機が遅れてたらアウト!というタイトなスケジューリングでしたが、何とか予定通りの列車に乗車して札幌へ。

007_20170327224551bcc.jpg
空港を出て早々、車窓には一面の雪景色。ところどころ青空が見えていたものの、時折雪が降ったり、また晴れたり、と北海道らしい落ち着かない空模様でした。

札幌10:00→深川11:06 ライラック11号
008_2017032722455261c.jpg
札幌からは、3月のダイヤ改正で10年ぶりに愛称が復活した「ライラック」にて深川へ。
勿論18切符は使えないので、別途乗車券も買い直し。。

深川11:09→大和田11:58
011_2017032722455419e.jpg
深川からは今旅の目的の一つでもある留萌本線に乗車。
昨年12月に留萌~増毛が廃止されたことは記憶に新しいですが、残る区間も廃止が検討されているとの報道があり、のんびり旅できるのも今のうちだけだろう…と、今回の旅のメインに据えた次第。

012_20170327224555c0c.jpg
座席は半分も埋まっていない状況。まあ平日の昼間はこんなもんか。。

016_20170327224557eb6.jpg
列車は深川を発車。すぐに街並みは途切れ、広大な雪原の中を進んでいきます。
キハ54のエンジンの唸りを感じながら、窓の外に広がる白銀の世界をぼーっと眺める至福…。これだけでも北海道に来た甲斐があった。。

019_20170327225050f05.jpg
途中、石狩沼田ではまとまった下車客があり、車内は一気に閑散となりました。

024_20170327224600a56.jpg
その後、恵比島の先で峠を越えて・・

029_201703272246016e0.jpg
最初の下車駅が見えてきました。

031_20170327224603753.jpg
留萌まで行くと何だか感傷的になってしまいそうだったので、一つ手前の大和田で下車。

(続く)

(CANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STMおよびTAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDにて 2017年3月23日撮影)
2017/03/28 Tue. 23:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

また日常へ 

旅から帰ってきました。
画像の整理と現像が大変そうですが、時間を見つけ、鮮度の落ちないうちに旅行記としてまた書いていきたいと思います。

256_20170326183413055.jpg
旅の行き先は北海道。相次ぐ駅の廃止や、路線廃止検討の報を受け、のんびり駅巡りができるのも今のうちだけかもしれない…と。ほんと印象的な風景に多く出会えた、いい旅でした。

あー、明日仕事行きたくないなぁ…。
はぁ…。
2017/03/26 Sun. 18:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

江ノ電ぶらり散歩 その4(最終回) 

【鎌倉高校前〜江ノ島】
166_2017022623193727d.jpg
江ノ電散歩最終回。稲村ヶ崎駅から歩いてやって来たのは鎌倉高校前。

161_20170226231933945.jpg
スラムダンクファンの聖地でもあり、今や中国人観光客で連日の大賑わい。マナーを守ってくれるならいいですが、中には高校に無断で侵入してしまうケースもあるようで…。この日の方々は比較的マナーを守っていたように思いますが。

164_20170226231935375.jpg
ここまでくると江ノ島もすぐ近く。

165_20170228080217e4c.jpg
縮小率は落としていますが…結婚式の前撮りなのか、こういうコスプレなのか分かりませんが、ウェディングドレス姿の外国人旅行者の姿も。この場所、ホント外国人に人気ですね。

168_201702280802183f8.jpg

173_201702262319448fb.jpg
まあ確かに絵になる光景ではありますが、私からすると、人も車も多くて落ち着かない…。
個人的には根府川の方が好きです。笑

170_20170226231940599.jpg
この後鎌倉高校前から腰越まで、列車で移動。(画像は反対方向の列車)

187_201702262319454fb.jpg
最後に道路を走る江ノ電をカメラに収めてみたくて。

188_201702262319462d2.jpg
乗ってるとあまり感じませんが、外から見ると大迫力の光景。今にも車とぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤします。

196_20170226231948d4d.jpg

198_20170226231949715.jpg
車掌さんも後ろから安全確認をしつつ、慎重に車の合間を縫っていく江ノ電。

199_20170226231951870.jpg
沿線にあった、やたらと渋い写真屋さん。

200_2017022623192739d.jpg
こちらは有名ですが、江ノ電最中を販売する扇屋さん。店先にはかつての車両のカットモデルがあります。

201_20170226231928bc0.jpg
最後は江ノ島に出て…

202_201702262319302f9.jpg
湘南らしい意識高い系な感じの店で一人スープカレーをすすり…

203_20170226231931586.jpg
片瀬江ノ島から帰途につきました。

海あり、トンネルあり、併用軌道あり、古い駅舎に古い車両あり…。短い路線の中に多くの見所が詰まり、なおかつ、文字通り住民や利用者との距離感が近い江ノ電。末長く地元に愛され、観光客にとって魅力的な鉄道でありますように。。

(終わり)

(CANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STMにて 2017年2月26日撮影)
2017/03/25 Sat. 22:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

旅に出ます 

001_20170313224322b74.jpg
買いました、青春18きっぷ。(ヤフオクで買ったため、4回分のみ)
18切符を買うのは2013年春の九州旅以来、実に4年ぶりです。そんなに買ってなかったのか・・。

無事にお休みをいただいたので、少し旅に出てきます。

2017/03/23 Thu. 06:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。