03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

北海道駅巡りの旅 その5 

1日目-5(3/23) 【秩父別駅】
北一已16:12→秩父別16:17
204_20170402161315fac.jpg
北海道旅の続き。北一已駅から列車に乗り込み、隣の駅へ。

206_2017040216131768b.jpg
木造駅舎が残る秩父別駅で下車。

209_20170402161321e02.jpg
「秩父別駅」でググるとヒットするのが「積み残し」事件。
2007年、当駅から深川行きの列車に乗り込もうとした高校生のうち、26人が乗れなかったという事態が発生。ローカル線での出来事という珍しさもあって、全国ニュースに取り上げられたことを私も記憶しています。高校生側のマナーの悪さがが原因か、はたまた単行列車を走らせるJR側の非か、といった議論もありましたが、この超閑散ローカル線のごく限られた時間帯、それもごく一部の区間の混雑を考慮した輸送力を確保する余力がJRに無いということも、今となってはまあ理解できなくはないかな・・・と。とはいえ、積み残しが起こったのは後にも先にもこの1日だけなので、きっと色々な偶然が重なって起こった出来事だったんだろうと推測します。

208_20170405233302b28.jpg
それにしても、北海道の駅はどこも自己主張が激しい。。苦笑

212_201704021613239af.jpg

211_20170402161321cd1.jpg
駅舎はなかなかイイ感じ。駅は1910年開業ですが、さすがに開業当時からの駅舎というわけではないようです。

213_20170402161324cd7.jpg
北一已駅同様、ここも少し前までは渋い外観を残していたようですが、近年リニューアルされたのか小奇麗な感じになっていました・・。取り壊されてしまうよりは余程良いですが、やはり「もっと早く来ていれば・・」と思ってしまう。。

215_201704021613269c0.jpg
北海道の駅前でよく見かける倉庫群がここにも。

秩父別→北秩父別(徒歩)
217_20170402161327949.jpg
さて、ここからは歩いての移動。

220_201704021613308ce.jpg
冷たい向かい風の中、どこまでも真っすぐな北海道の道をとぼとぼと歩く・・。
変化がないので、ちょっと退屈です。

218_20170402161329704.jpg

222_201704021613146b2.jpg
歩くこと30分。板切れのホームを持つ北秩父別駅に到着です。

(続く)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびTAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDにて 2017年3月23日撮影)
スポンサーサイト
2017/04/06 Thu. 23:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。