04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ちょっと寄り道、会津駅巡り その4 

2日目-2(5/1) 【湯野上温泉駅】

芦ノ牧温泉8:16→湯野上温泉8:30
IMG_1758.jpg
会津鉄道の旅の続き。芦ノ牧温泉から「AIZUマウントエクスプレス」に乗り込み、先へ進みます。
普通乗車券だけで乗車できる列車ですが、なかなか豪華な内装でした。

IMG_1763.jpg
芦ノ牧温泉南駅を出た直後に眼下に現れるダム湖、若郷湖。阿賀野川の上流部分にあたり、付近には大川ダムがあります。

IMG_1767.jpg
そして、咲き誇る桜に誘われ途中下車。

IMG_1790.jpg
芦ノ牧温泉から列車で15分ほどの距離ですが、こちらはまだ桜が見頃でした。
標高が違うのか、桜の種類が違うのか…。

IMG_1813.jpg
湯野上温泉駅。1932年の開業。

IMG_1773.jpg
この駅の名物は、何と言ってもこの茅葺屋根の駅舎。当駅を最寄りとする観光地・大内宿を意識し、第三セクター転換後に建てられたものだそう。長らく当駅が日本唯一の茅葺駅舎でしたが、2010年には九州の豊後中村駅も茅葺駅舎に建て替えられています。

IMG_1777.jpg
内部もなかなか雰囲気がすごい。
そして、さすがは観光地、中国人をはじめ観光客で賑やかでした。賑やか、っていうかうるさい…苦笑

IMG_1796.jpg
茅葺をまとった外観だけでなく、この囲炉裏もこの駅の名物。
ちょうど私が到着した直後、委託の駅員さんによって火が焚かれました。

IMG_1801.jpg
およそ駅舎内とは思えない光景。
見た目には雰囲気があってとても良いのですが、実際は煙に燻され…。なかなか駅舎内で長居はできません。。

IMG_1809.jpg

IMG_1815.jpg
温泉駅らしく、駅前には足湯も。

IMG_1816.jpg
また傍らには、囲炉裏に使うと思しき薪が積まれていました。

IMG_1826.jpg
雨に煙る春の景色の中、列車が去っていく…。

IMG_1830.jpg
そんな湯野上温泉には1時間半ほど滞在。雨脚が強まる中、やってきた列車に乗り込み先へ進みます。

(続く)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびCANON EF17-40mm F4L およびCANON EF50mm F1.4 USMにて 2017年5月1日撮影)
スポンサーサイト
2017/05/26 Fri. 23:59 | trackback: 0 | comment: 1edit

ちょっと寄り道、会津駅巡り その3 

2日目-1(5/1) 【芦ノ牧温泉駅】

IMG_1697.jpg
2日目のスタートは会津若松駅。
天気予報によれば、今日は一日不安定な天気らしく…朝からどんより。

IMG_1698.jpg
ホームにはこんな車両が停まっていました。

会津若松6:58→芦ノ牧温泉7:19
IMG_1701.jpg
さて、本日は会津鉄道~東武鉄道経由でのんびり関東に戻ります。
このルートはかつて幼少の頃に乗ったことがあるようなのですが、当然記憶はなく…。実質初乗車の路線だけに、車窓も楽しみです。

IMG_1703.jpg
列車は西若松で只見線から離れ、のどかな景色の中を進んでいきます。

IMG_1706.jpg

IMG_1710.jpg
この日最初に下車したのは芦ノ牧温泉駅。1927年開業で、古い木造駅舎が残る駅。

IMG_1727.jpg
朝早くからご苦労様です…。

IMG_1708.jpg
駅前風景。駅名となっている芦ノ牧温泉はバスで15分程度行ったところにあるようで、駅前にその面影は感じられません。

IMG_1725.jpg
駅前に保存されている旧駅名標。元々、国鉄会津線の上三寄駅として開業し、会津鉄道に転換された1987年に改称されたようです。

IMG_1733.jpg
こちらも駅前に保存されているAT-300形。元は国鉄キハ30ですが、会津鉄道ではトロッコ車両として活躍しました。

IMG_1722.jpg
そして芦ノ牧温泉の名を全国に知らしめることとなった功労者が、今は亡き駅猫の「ばす」。当駅の名誉駅長として、2008年から2016年まで勤務していましたが、昨年老衰で死去。

IMG_1723.jpg
ばすは亡くなりましたが、現在でもその後を継いで「らぶ」と呼ばれる駅猫が勤務しています。

IMG_1753.jpg
そんなこともあって駅はすっかり観光地と化し、駅舎内には御覧のとおり、「ばす」や「らぶ」のグッズをはじめ、土産物がこれでもかと売られています。

IMG_1748.jpg

IMG_1749.jpg
せっかくなので、私も(人間の)女性駅長の勧めるがままに、硬券などの記念グッズを購入…。

IMG_1750.jpg
ついでに、コーヒーまで頂いてしまいました。笑
会津鉄道も赤字に苦しむ第三セクターですし、自分にとっては第二の故郷でもある福島に少しでも貢献できれば…との思いから。

IMG_1741.jpg
駅長もとても気さくな方で、色々と話が弾みました。「ばす」のこと、会津鉄道のこと、ここを訪れる観光客のこと、福島のこと…。駅猫は勤務時間外だったために会えませんでしたが、とても落ち着く良い駅でした。

IMG_1742.jpg

IMG_1732_20170521210247780.jpg

IMG_1731.jpg

IMG_1757.jpg
1時間ほどで芦ノ牧温泉駅を後にし、また次の駅へと向かいます。

(続く)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびCANON EF17-40mm F4L およびCANON EF50mm F1.4 USMにて 2017年5月1日撮影)


2017/05/23 Tue. 23:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

ちょっと寄り道、会津駅巡り その2 

1日目-2(4/30) 【会津柳津駅】

会津坂本→会津柳津(徒歩)
IMG_1599.jpg
会津駅巡りの続き。会津坂本を後にし、昏れなずむ道を歩く…。

IMG_1601.jpg
やがて日は山陰に。

IMG_1603.jpg
そして会津坂本駅から歩くこと45分、静態保存されたSLの奥に目的の駅が見えてきました。

IMG_1612.jpg
1928年開業の会津柳津駅。只見線では数少ない、古い木造駅舎が残る駅。
ギリギリ明るさが残ってるうちに駅舎が拝めて良かった。。

IMG_1614.jpg
1993年以来無人駅ですが、待合室は広く、手入れも行き届いています。
無人駅にこんな立派な駅舎が残っているとは…ちょっとした奇跡と言っても過言じゃない。

IMG_1616.jpg
風の粋な悪戯。

IMG_1659.jpg

IMG_1619.jpg
ホーム。向かいには使われなくなったホームが遺されています。

IMG_1634.jpg
駅前には桜並木。東京ではこの頃既に緑の葉が生い茂っていましたが、ここはまだまだ見頃でした。

IMG_1654.jpg
ライトアップされた桜と駅舎。
まさかこんなところで夜桜が楽しめるとは思ってもみなかっただけに、大分テンション上がってたと思います。

IMG_1684.jpg
しかもたまに駅前を車が通る以外、この景色を独り占めできるんですから、花見のシチュエーションとしてはこれ以上ないでしょう。酒があったら最高だったかも。笑

IMG_1662.jpg

IMG_1668.jpg

IMG_1670.jpg

IMG_1672.jpg
肌を撫でる風もすっかり春の暖かさ。ほんと去るのが惜しいほどに居心地の良い駅でしたが、そろそろ戻らないと…。

会津柳津19:59→会津若松20:56
IMG_1693.jpg
というわけで、宿泊地の会津若松へと引き返します。

IMG_1694.jpg
まだまだ只見線にも気になる駅はありますが…明日は只見線から離れ、未踏の路線へ挑みます。

(続く)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびCANON EF17-40mm F4L およびCANON EF50mm F1.4 USMにて 2017年4月30日撮影)
2017/05/20 Sat. 23:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

ちょっと寄り道、会津駅巡り その1 

1日目-1(4/30) 【会津坂本駅】

郡山15:45→会津若松16:50
IMG_1538.jpg
GWの帰省ついでにいくつか駅を巡ってきたので、今日から数回にわたり、その時の様子をお伝えしていきます。
今回の起点は福島のジャンクション、郡山。まずは「フルーティア」を連結した磐越西線で会津若松へと向かいます。

IMG_1542.jpg
車内はGWとは無縁な感じの空きっぷり。のんびりと車窓を楽しむ至福の時。

IMG_1552.jpg
風光明媚な磐梯山の大パノラマ。

IMG_1555.jpg
沿線にはまだ桜も結構残っていて、斜陽に照らされた磐梯山と共に、非常に見応えのある景色でした。

IMG_1561.jpg
郡山から1時間ほどで会津若松に到着。
ホームでは「フルーティア」の乗客を出迎えるべく駅員さんがスタンバってましたが、降りた乗客は僅か1組。見ているだけで心が痛みます…。

会津若松16:56→会津坂本17:50
IMG_1562.jpg
さて、ここからは只見線。とはいえ、今日の宿泊地はここ会津若松なので、また戻ってこなくてはいけないのですが…。

IMG_1565.jpg
車内は学生で賑やかでした。
ひたすらの田園風景を横目に、彼らの楽しそうな会話に少しジェラシーを感じたひと時…笑

IMG_1572.jpg
車窓に只見川が現れる前に途中下車。

IMG_1576.jpg
降りたのは会津坂本駅。

IMG_1579.jpg
本州では比較的珍しい、貨車改造の駅舎が残る駅。北海道でいくつも目にしてきた車掌車ではなく、正真正銘?の貨車改造駅です。

IMG_1587.jpg
かつては木造駅舎もあったとのことですが…。

IMG_1590.jpg
大分陽が傾いてきました。

IMG_1592.jpg
陽が沈まないうちに…もう一駅…

(続く)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびCANON EF17-40mm F4L およびCANON EF50mm F1.4 USMにて 2017年4月30日撮影)
2017/05/18 Thu. 21:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道駅巡りの旅 目次 

その1(3/23)  1日目-1  【北海道、そして留萌本線へ】
その2(3/23)  1日目-2  【大和田駅】
その3(3/23)  1日目-3  【藤山駅】
その4(3/23)  1日目-4  【北一已駅】
その5(3/23)  1日目-5  【秩父別駅】
その6(3/23)  1日目-6  【北秩父別駅】
その7(3/23)  1日目-7  【石狩沼田駅】

その8(3/24)  2日目-1  【宗谷本線を北上】
その9(3/24)  2日目-2  【問寒別駅】
その10(3/24)  2日目-3  【糠南駅】
その11(3/24)  2日目-4  【北星駅】
その12(3/24)  2日目-5  【南稚内へ】

その13(3/25)  3日目-1  【安牛駅】
その14(3/25)  3日目-2  【安牛から雄信内へ】
その15(3/25)  3日目-3  【雄信内駅】
その16(3/25)  3日目-4  【南幌延駅】
その17(3/25)  3日目-5  【上幌延駅】
その18(3/25)  3日目-6  【永山駅、北永山駅】
その19(3/25)  3日目-7  【塩狩駅】

その20(3/25)  4日目-1  【峠下駅】
その21(3/25)  4日目-2  【真布駅】
その22(3/25)  4日目-3  【恵比島駅、そして帰路】
2017/05/14 Sun. 15:33 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。