07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

混乱続く 

被災者の方の心境を考えるとblogの更新も躊躇われますが、今日の様子をまとめさせてください。

今日は計画停電との事で、東海道線を初め各線が運休、湘南地域から都心に出る足が麻痺しました。
駅も閉鎖され、窓口にはシャッターが下りていました。
かつて見たことのない、異様な光景です。
しばらくは正常に運転されることは考えにくく、大学が始まる4月以降のことを考えると不安は募ります。


近所のコンビ二も自主的に照明を従来の2割程度に減らして営業。節電に努めていました。
また、近隣のスーパー各店舗は軒並み14時から16時で閉店。停電に備えて対応をとっていました。

結果的に、今日は私の地域での停電はありませんでしたが、何しろ様々なものが手に入りにくくなっています。
電池、懐中電灯、蝋燭はもちろん、ティッシュ、コメ、インスタント食品類、さらには牛乳、パン類などなど。。。
私も午前中これらを探して奔走しましたが、結局何一つ手に入れることは出来ませんでした。
このような形で影響が出てくるとは、当初思っていませんでした。
オイルショックもこんな感じだったのでしょうか。


午後は救援でバイトへ。
バイト先のスーパーでも当然上記の現象が生じ、16時で閉店。
明日以降も営業時間は流動的で、在庫がどうなるかも不明との事です。


前代未聞の「計画停電」でしたが、情報の錯綜や混乱、度重なる計画の変更、対応の遅れなど、様々な面での問題点が浮き彫りになりました。
もちろん、協力してしかるべきと思いますし、実施に関しての異論はありません。
また、想定を超えた緊急事態なので混乱が生じるのは仕方ないとも思います。
とはいえ、あまりにも準備期間が少なく、また朝令暮改だっただけに、明日以降の生活に大きな不安が忍び寄っていることは否定できません。

原発は2号炉がついに炉心露出という異常事態になってしまい、極めて深刻な状態だと考えられています。
原発の状態如何によっては、この電力不足が長期化する可能性も十分にあるでしょう。
そのような状態で、どのように国民一体となって乗り越えていくのかが今後も課題になります。

今回の問題を契機に、再び原発に関する議論が改めて交わされることになるかもしれません。
原子力なしでは生活は成り立たないという事も残念ながら事実ですが、核は人間にとって余りにも危険な存在でもあります。
今回の一件は、原子力が我々に与えた「警告」なのかもしれません。



011_20110314210402.jpg
関連記事
スポンサーサイト
2011/03/14 Mon. 20:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/106-cc4652b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。