07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

足元を見据えて・・ 

こんばんは。

原発情勢は一進一退の様相ですが、外部電源が接続できたとの事で、今後の安定へ向けて大きな一歩を踏み出したといえるかもしれません。
素人目に見ても、これで最悪の状態は抜け出せるかな?と期待してます。

ただ、依然深刻な状況に変わりありません。
こうやってblogを書いている間にも、原発周辺では懸命な作業が行われているわけで、現地で作業に当たっている方々には感謝の言葉以外ありません・・。
先日、石原都知事が涙ながらに消防団員をねぎらっていましたが、都知事の気持ちは痛いほどわかる気がしました。
いずれにしても、事故の一刻も早い収束が待たれます。


その一方で、より現実的な懸念は電力不足のこと。
ttp://www.asahi.com/business/update/0321/TKY201103210361.html

ある程度予想できたことですが、やっぱり今夏・今冬の電力不足も深刻な模様。
あるいは数年はこの状態が続くかもしれないとのことで、自身の生活のみならず、首都圏の鉄道網にしても産業・経済活動にしても大きな影響があることは必至です。
長期化によって、今は表立ってない新たな問題が出てくるかもしれませんね。

この計画停電・節電生活が長期化すること考えると、まずは自身のライフスタイル自体を考え直す必要もありそうです。
とはいえ、終わりが見えない電力不足。
むしろ先のことは考えず、「今」できる節電を心掛け、目先のことをこなしていくのが最善なのかもしれません。




ここ一週間はバイトに出ずっぱりでした。
何しろ、旅行やサークルなど3月下旬にあった予定は全てキャンセル。
鉄道網の乱れなどもあって出かける気にもならず、バイトするくらいしかやることがないのが現実。
先日書いたとおりバイト先も人手不足らしく、それなら出させてくださいということで。
地震以降、気持ちも沈みがちな10日間でしたが、バイトで様々な人と触れ合うことでストレスの発散にもなっています。
ストレスの発散というよりも、日々の生活にいい刺激を与えてくれてるっていうか。
楽しみながら働ける・・幸せなことだと思います。
いつまで今のバイトを続けるかは分かりませんが、こちらもあまり先のことは考えず、やれるとこまでやってこうと思います。




355.jpg
サンライズ・・・。
暗闇の中に差す光ほど明るいものはありません。

関連記事
スポンサーサイト
2011/03/22 Tue. 22:14 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/109-59a07430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。