10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 2 

<渓谷で川下り>2日目(4/26) <前編>

旅行2日目。
今日から3日間、四国の各地を巡り、主に観光名所に立ち寄っていくことになります。
この日は大歩危に寄った後、高知周辺を観光する予定。
でも一日天気が良さそうだったので、翌日の計画を前倒しし、午後は四万十へ足を伸ばすことにしました。

029_20121202155959.jpg
この日のスタート地点は高松駅。
高松6:04→大歩危7:24 2001D「しまんと1号」
034_20111110170109.jpg
今日から表題の「バースデイきっぷ」を使用開始。特急の指定席と共に、前日に緑の窓口で購入しました。
高松を最も早く出る「しまんと1号」で、最初の目的地・大歩危を目指します。

035.jpg
グリーン車も使用出来る切符なので、贅沢にも早速グリーン車に乗車。
特急のグリーン車なんか何年振りでしょうか…。

車内に他の乗客はおらず、しばらくは貸し切り状態でした。
2000系は初乗車でしたが、力強いディーゼルエンジンと、カーブでの傾きが病み付きに…(笑

038_20110429235126.jpg
高松から特急で80分、徳島県の大歩危峡にやってきました。
渓谷美はもちろん、妖怪の土地としても名高い場所です。
改札口でも妖怪がお出迎え。

この後駅舎でロッカーに荷物を詰めていると、駅前に住むおばあさんが話しかけてきてくださいました。
こういう地元の方とのふれあい・・一人旅の醍醐味ですよね。

040_20110429235126.jpg
荷物を整理し、いよいよ小歩危方面へ歩いて行きます。
画像は線路上にかかる橋から駅を見下ろしたところ。山深いです。

044.jpg
ほどなくして、こんな怪しい看板を発見!(笑
妖怪伝説が多数伝わる場所だけに、これもそのうちの一つでしょうか。

046_20110429235125.jpg
その後も至るところに謎の生物が鎮座・・。

052.jpg
でも、目的は妖怪ではなく渓谷美!
エメラルドグリーンが美しい吉野川を見下ろしながら歩きます。

048_20121202160822.jpg
本当に綺麗な色ですね。

056.jpg
しばらく小歩危駅方面に歩くと赤い鉄橋があります。
ここからが「大歩危峡」。

060.jpg
駅から25分くらい?で川下りが出来る場所にやって来ました。
でも船の時間までまだ50分ほどあったので、チケットを購入後もう少し先まで歩くことに。

072.jpg
一部区間を除いて、大歩危~小歩危の道路には散策用の歩道がついています。
こんな感じで渓谷を眺めながらのんびり散策できます。

067_20110430001002.jpg
たまにこんな風に下に階段が延びていて、少しだけ渓谷に近づくこともできたり・・

066_20110430001002.jpg
でも何故か途中で階段が途切れてしまっています。。
何のための階段なのか分かりません。

077.jpg
それにしても美しい景色。
吉野川の色はコケの色なんだそうです。

090_20110430001401.jpg
その後、川下りの場所へと戻り、船に乗せてもらいます。
時期柄、こいのぼりが川の上を泳いでいました。

095_20121202160822.jpg
いよいよ出発!

098.jpg
船の上から眺める大歩危はダイナミックな光景です。
両岸の切り立った岩々が圧巻。

111.jpg
これは「獅子岩」。
獅子の横顔に見えるという奇岩です。
言われてみれば、確かに目を瞑ったライオンの横顔に見えます。

124.jpg
こうして、30分弱の川下りを満喫し、駅へと戻りました。

次の列車まではまだ30分以上ありましたが、先ほどのおばあさんや他の観光客の方と話してるうちに列車の時間になりました。

大歩危10:37→中村13:24 33D「南風3号」
大歩危から高知をスルーし、一気に中村を目指します。
ここでもグリーン車に乗車、優雅な旅をさせていただきました。

さあ、中村からはいよいよ四万十川の散策です。
関連記事
スポンサーサイト
2011/04/30 Sat. 14:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/139-24550acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。