07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

「バースデイきっぷ」で行く、悠々四国紀行 8 

<何もない駅にあるもの>4日目(4/28) <後編>

松山観光を終え駅へ戻ってきたのが14時過ぎ。
最後に、予てから行ってみたかった「ある場所」を訪問することにします。

松山14:27→伊予大洲15:03 1067D「宇和海17号」
目的地へ向けて、まず伊予大洲まで特急に乗車。

531.jpg
肱川の鵜飼いや明治の町並みが有名な伊予大洲。
ここまでは内子線経由でしたが、ここから予讃線経由で松山に戻ります。
伊予大洲15:35→下灘16:21 4926D
やってきた松山行きに乗車。
列車は清流・肱川に沿って走り、伊予長浜付近から海が見えてきます。

533_20110509211355.jpg
天気もよく、車窓が美しい路線です。

そして、目的地に到着しました。
354.jpg
海が見える駅・下灘です。
そう簡単に来れる場所ではないだけに、今回思い切って訪れました。

346_20110509212321.jpg
可愛らしい駅舎。

駅には地元の女性がお孫さんと一緒にいらっしゃいました。
その女性に挨拶し、しばらく世間話。
下灘の魅力、町での暮らし、下灘の困ったところ、近年の下灘駅の人気ぶりなど・・。
どのお話も興味深く、話に花が咲いてしまいました(笑

話が一段楽したところで彼女は孫の子守、私は駅の観察・・と本業?に戻ります。

360.jpg
駅全景。


362.jpg
宇和島行きがやって来ました。
キハ54かと思いきや・・普通車仕様のキハ185-3100番台でした。

365.jpg
フレアが・・

366.jpg
発車していきました。


375_20110509212659.jpg
海に近いことで有名な下灘駅ですが、実際には線路から海まで20mくらいあります。
かつて国道が出来る前は線路の直ぐ横が海だったということですが・・30年以上前の話です。

そして意外とその国道の交通量が多く、期待したほどの静けさはありませんでした。

386.jpg
雑誌などでもよく取り上げられるアングル。

一旦駅舎内へ入ってみます。

344.jpg
そこで目に入るのが、地元の有志の方が作成された品々。

408_20110509214145.jpg
「何もない」だなんて・・素晴らしいモノがたくさんあるじゃないですか。

355_20110509212321.jpg
先人の残したこの駅での記憶。

356.jpg

403.jpg

405.jpg

585.jpg

575.jpg



587_20110509214141.jpg
夕暮れの時間を待ちたいところでしたが、無情にも迎えの列車がやってきてしまい、名残惜しい気持ちでこの素晴らしい無人駅を後にしました。
次回はこの場所で夕暮れを迎えようと心に決めて…。

続く

関連記事
スポンサーサイト
2011/05/09 Mon. 21:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/145-242e35d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。