07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

守るべきもの 

こんばんは。

最近惰性で続けてる感が強くなってきたこのblog。
せっかく見ていただいてるのに申し訳ないですが、しばらくはこんな感じが続いてしまいそうです・・。


先日は国際免許交付のため、二俣川の運転試験場まで行って来ました。
8月に渡米するためで、今まで使ってたものが期限切れだったため再交付が必要でした。

再交付自体は市の警察署で出来るのですが、それだと手続きに時間がかかってしまうってことで、即日発行が可能な試験場まで足を運んだわけです。
免許試験以来1年ぶりの試験場でしたが、予想以上に手続きに待たされ、結局その日は授業をサボりました。。
まあ無事に免許はとれましたが、かなり時間と労力を無駄にした1日でした。

運転試験場。。できることならもう行きたくないです。




話は全く変わりますが・・・いわゆる中国「新幹線」のこと。

事故車両を埋めたり掘り返したりと、一体何がしたいんでしょうか?
証拠隠滅のために埋葬して、批判の矛先を避けるために掘り返して・・ですか?
ここ数日、その動向が報道されるたびに失笑してしまいます。

事故自体は嘆かわしいことですし、亡くなった方々は気の毒としか言いようがありませんが、中国政府の対応を見る限り、同様の事故が再び起こることは避けられない気がします。
まあ、言ってしまえば今回の事故も起こるべくして起こったといえるでしょうし。。
事故後30数時間で運転再開とか信じられません。。正気の沙汰かよ?って思います。

中国は、国の「威信とかいうもの」がそんなに大事なんでしょうか・・。
国民より国家を重要視する国が言う「威信」とか「誇り」とかって・・。よくわかりませんけど、さぞかし大事なものなんでしょう。守るべきものは他にいくらでもあると思うんですが・・。
中国国民もさすがに今回の事故には批判を強めてるようで、ここにきて政府vs国民の構図が鮮明になってきたようです。。
普段は中国という一つの単位で見てますが、今回の件で「中国政府」と「中国国民」は切り離して考えなきゃいけないかな、とか思ったりもします。
何ていうか・・こういう政府の下で生活する国民もかわいそうっちゃかわいそうですよね。


ここまで書いてふと思ったのは・・日本政府だって中国のことばっかりいえるほど立派なもんじゃないよねってこと。。
これ以上中国のことを言えば言うほど、墓穴を掘るようなものなのかもしれません。
何でこうなっちゃったんだか・・。

で、その日本はこの先一体何を守るんでしょうか?



それでも、こんな隣国のお騒がせを見てると、あれほどの地震でも死者を出さない日本の「新幹線」という乗り物がいかに優れているかということを再認識させられます。

原発の安全神話は崩れてしまいましたが、少なくとも「新幹線」の安全神話は今後も守っていって欲しいと願ってやみません。





何だか話しにまとまりがないですが、今日はこの辺で。。
関連記事
スポンサーサイト
2011/07/27 Wed. 00:11 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/171-9ae5a489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。