09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

アメリカ西部・旅行記2 

~2日目~
ラスベガスを後にして、砂漠地帯を突っ走る。

Picture 025
しばらく走ると、何もない荒野が一面に広がる。
まさに自分が思い描いてたアメリカのイメージだ。

Picture 031
ラスベガスはこんな砂漠地帯に中に作られたオアシスのような街。
少し郊外に出ればこんな景色ばかりが続いている。

Picture 051
突然目の前に岩山が現れ、道路はその岩山の隙間を縫うように走る。
まるでアトラクションのようである。

Picture 055
そんな荒涼とした世界にも、たまに思い出したように町が現れる。
一面荒野の中に突然現れるオアシス・・。

この日私達一行が最初に訪れたのはザイオン国立公園という、巨岩がランドマークの景勝地だ。

Picture 064
目の前には2000メートル級の岩山が聳え立つ。

Picture 076
圧倒的なスケール!

Picture 068
園内には川も流れているが一体この水はどこから来るのだろう・・。

2時間ほど滞在し、再びドライブを開始。
今晩の宿がある場所へと向かう。

Picture 097
公園を出るとこんな奇妙な岩が無数に待ち構えている。
幾何学模様の地層がむき出しになった岩山が道の両側に続く。

Picture 098
別の世界に迷い込んだような気にすらなる。
不思議な世界。

Picture 125
やがてその不思議な世界から抜け出し、開けた草原地帯を走る。

Picture 129
先ほどの荒野からは一変、草原の中を川が流れ、牛が草を食む。
そんなのどかな景色に移り変わっていた。

Picture 133
また車窓に不思議なものが・・。
人工物ではなく、自然が作り出した「作品」。

そして今日2箇所目の目的地に到着した。


Picture 144
ブライスキャニオン国立公園-侵食によって誕生した、岩の芸術。

Picture 162
この場所で日没を見届け、宿へと戻った。


続く
関連記事
スポンサーサイト
2011/08/17 Wed. 05:01 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

こんばんは。いや、そちらはGood Morningでしょうか?(笑)
写真の数々を拝見すると、やっぱり確かにこういう風景ってあるんだなと…映画などでしか見ることのない風景ばかりでそう感じました。
世界は広いのに、自分はいつまでここにいるんだろうって思っちゃいます。早くお金を貯めて飛び出したい!です。
古い街並みに路面電車の写真が味があって好きです!
続編を楽しみに待ってますね。

Ha-rk #- | URL | 2011/08/18 00:16 * edit *

こんばんは。日本ではおはようございます、ですね(笑
時差が13時間なので、ほぼ昼夜逆転と考えていただいていいかと思います。

まさに映画や写真でしか見たことのないような世界でした。
「どこかにこういう景色がある」とわかってても、実際目にするまでは「イメージ」でしかありませんでした。
でもその「イメージ」が現実として目の前に現れたときの感動は、それこそ言葉で表せないものです。

親の脛かじってアメリカに来てる身分なので強くは言えませんが(笑、海外旅行は苦労がある分、得られるものも大きいはずです。ツアーなんかを上手く使えば安上がりかもしれませんね。

>古い街並みに路面電車の写真
ありがとうございます。私も気に入ってます(笑
画像はアメリカ東南部の街で撮ったものですが、ヨーロッパに来たような気分でした。

続編もお楽しみに!


GAN #h8dDW2yY | URL | 2011/08/18 05:59 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/175-20784a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。