08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『ぐるっと九州一人旅』その3 

2日目(9/5 月) <後編>
昼食を終えて駅に戻って来ました。
ここから次の目的地を目指し、列車の旅を再開します。

門司港12:19→大牟田14:46 4245M
091_20111117204452.jpg
811系の8両。2時間半の長旅なので、クロスシートなのは嬉しい限りです。

車内は閑散。
小倉や博多といった都市圏の前後では混雑したものの、結局隣の席は終始空いたままで、快適に過ごせました。

1421_20111117204547.jpg
久留米を過ぎると、徐々に車窓がのどかになってきました。

092_20111117204452.jpg
そして終点の一個手前、大牟田に到着。
ここで銀水始発の「くまもとライナー」に乗り換えます。

大牟田14:50→熊本15:34 4329M
093_20111117204452.jpg
ロングシートの815系の2両です。
この特徴的なフロントマスクが、九州に来たということを感じさせてくれます。

乗車率は座席の8割が埋まる程度。
熊本の手前でトラブルがあり数分停車したものの、無事熊本に到着しました。

094_20111117204451.jpg
熊本駅の外観。
すぐさま荷物を預けて観光案内所で下調べをし、いざ熊本城へ向かいます。
「楽チャリ」を使おうと思ってましたが、返却時間が17時とのことだったので、おとなしく路面電車を利用することに。

1424.jpg
路面電車で熊本城の近くまでやって来ました。
ここから歩くこと数分、お城に到着。

097_20111117204451.jpg
料金を払って入城し、天守を目指して階段を駆け上がります。

102_20111117204450.jpg
その姿を現した熊本城。
正面に回り、中へ入ります。

106_20111117204521.jpg
おおー、迫力満点!
松山城や姫路城を「優美」というなら、熊本城は「風格」という感じでしょうか。
何ともいえぬ無骨さがいいですね。

117_20111117204519.jpg
てっぺんから街を見下ろします。

118_20111117204519.jpg
反対側。

館内の展示も充実してて非常に見ごたえのあるお城でした。
また一大名所という事で観光客の数も多く、特に若いグループが目立ってたのが印象的でした。

121_20111117204518.jpg
近くには加藤清正公の銅像がひっそりと建っています。

この後路面電車で駅へと戻り、慌しい熊本観光を終えました。

1431.jpg
最後に駅前の風景を一枚。

熊本17:45→八代18:21 5339M
126_20111117204518.jpg
ここからも815系2両(画像は八代にて)。
帰宅ラッシュの時間帯で、熊本発車時はかなりの混雑でした。
通勤時間帯くらい4両で運転すればいいのに、と思うのですが…。

1436_20111117204600.jpg
ピンボケしていますが・・今晩の宿泊地・八代到着!

129And2more_tonemapped_20111117204549.jpg
跨線橋からは、沈み行く夕日が見えました。

135_20111117204548.jpg
思ったよりこじんまりとした八代駅の外観。
背景の建物と煙突は日本製紙のもの。
こうやって撮ると、あたかも駅舎から煙突が伸びてるみたいですね。

駅のすぐそばに製紙工場・・何となく去年訪れた苫小牧駅を思い出しました。

136_20111117204547.jpg
ホテルの部屋からは美しい夕焼けが・・。

こうして2日目が終わりました。
九州に降り立って最初の夜を迎えます。
関連記事
スポンサーサイト
2011/09/13 Tue. 15:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/201-367c671b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。