05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

『ぐるっと九州一人旅』その4 

3日目(9/6 火) <前編>
今日は八代を後にし、肥薩線経由で鹿児島を目指します。
車窓が美しい肥薩線は、今回の旅行でも最も楽しみにしてた路線。
期待を胸に駅へと向かいました。
144_20111117205834.jpg
夜が明け始めた八代駅のホームに、これから乗るキハ31がポツンと停車中。
まだ発車20分前でしたが、既にドアも開いてて乗れる状態です。
146_20111117205834.jpg
次第に明るくなって来ました。

147_20111117205833.jpg
駅裏側の日本製紙の工場。
朝も夜もなく、もくもくと煙を吐き続けています。

145_20111117205834.jpg
キハ31に乗り込みます。
0系新幹線から流用された転換クロスが並ぶ、ちょっとグレードの高いアコモです。

八代5:49→海路6:22 1221D
最終的に7人ほどを乗せた状態で八代を出発。
駅を出てしばらくすると、右手に球磨川が見えて来ました。
日本三大急流の面影はまだ見えず、とても穏やかに流れていました。

151_20111117205833.jpg
坂本駅で数人が下り、乗客は私を含めて4人だけになりました。
鎌瀬~瀬戸石では球磨川第一橋梁を通過。
この橋梁は明治41年に作られたものだそうで、撮影地としても有名な場所です。

155_20111117205831.jpg
その後も少し前面展望・・。

199_20111117210050.jpg
そして、海路駅で下車しました。
海の路・・さも曰くありげですが、目の前には海ではなく川が広がります。

176_20111117210051.jpg
以前この駅の画像を見たことがあり、いつか下りてみたいって思っていた場所です。

172_20111117210053.jpg
辺りには家があったりしますが、そのうち数軒は窓が割れてるなど廃墟の様相。
奥には小学校らしきものもありましたが、使われてるようには見えません。
(94年から休校中だそうです)
近くに集落があるそうですが、生活の雰囲気が全く感じられず、秘境の雰囲気があります。

178_20111117210051.jpg
この感じ、いいなぁ。。

唯一残念だったのは、川の向こう岸にある道路が結構な交通量で、頻繁に車の音が聞こえてくること。
それがなければ文句なしだったのですが…。

195_20111117210051.jpg
でも、川のこっち側は自分だけの世界。
やっぱり旅っていい!…そう実感できました。

239And2more_fused_20111117210047.jpg
7時ごろ、新八代行きの列車が到着。
丁度いいタイミングで日が昇って来ました。

243_20111117210229.jpg
日の光がカーテンのように降り注ぎ、幻想的な光景。。

245_20111117210224.jpg
すぐに望遠に取替え、光のカーテンの中を走り去る列車を捉えます。
18切符のポスターの写真っぽい!と、自画自賛の一枚(笑

255_20111117210224.jpg
先ほどの列車を見送った後はホームでボーっとしてました。
この駅ともあと少しでお別れです・・。

257_20111117210223.jpg
ミラーに映る景色はまるで風景画。

264_20111117210223.jpg
やがて、彼方からヘッドライトが見えて来ました。

たった1時間の滞在でしたが、素晴らしいロケーションで、とても居心地のいい駅でした。
是非また来たいと思います。

海路7:35→人吉8:15 1223D
やってきたキハ40に乗り込み、人吉を目指します。
車内は相変わらず閑散としてて、難なくボックスを占有。
心地いい揺れに身を預け、移り行く球磨川の表情を眺めていました。

274_20111117210223.jpg
1908年の開業時の駅舎が残る白石駅。
肥薩線では、明治生まれの駅舎がまだまだ現役です。

277_20111117210352.jpg
少しずつ「三大急流」の一端を見せ始めた球磨川。

途中の一勝地からは年配の方が多数乗ってきて、車内は一気に賑やかに。
そして海路から40分、終点の人吉に到着です。

281_20111117210352.jpg
人吉では2時間の待ち時間があります。
荷物をロッカーに預け、また散策に出かけることにしました。

282_20111117210352.jpg
人吉駅舎。
随分キレイですが、最近建てられたものでしょうか?


ひとまず城跡を目指して歩いてみます。
293_20111117210351.jpg
途中で石垣があったり、神社があったり、復元された門があったり。
色々楽しみながら、城跡を登って来ました。

301_20111117210350.jpg
ここは於津賀社というのがあった場所だそうですが、よくわかりません・・。

でも。
296_20111117210351.jpg
この場所から、こんな風に街が見下ろせます。
人吉が山と川に囲まれた街であることがよくわかりますね。

306_7_8_fused_20111117210520.jpg
続いては三の丸跡。
当時の面影は殆ど残ってません。

309_20111117210520.jpg
ここからも街を眺望!

315_20111117210519.jpg
最後にもう一登りし、本丸跡に到着。
礎石が残ってる程度で何もなく、期待した眺望も得られませんでした。残念。。

とはいえ辺りはいたって静かで、緑に囲まれて、とっても心地いい場所。

320_20111117210518.jpg
この後はぶらぶら街歩きをしながら駅へと戻りました。

以前から何故か訪れたいと思っていた人吉。実際歩いてみると、期待以上にいい場所でした。
次回はここで一泊して、ゆっくり観光したいものです。
関連記事
スポンサーサイト
2011/09/14 Wed. 19:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/202-3da9fa78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)