04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

伝えることで再確認 

こんばんは。

ここ数日冷え込みが激しいですが、懐も冷え込んでいる今日この頃。
金欠です。

ここ数日で何回か高校時代の友人と飲んだりする機会があり、昨日はゼミで飲み。。
日曜の奥多摩だけでも4000円ほどの出費でしたし、ここ最近就活関連の本とかにも結構投資。
9月はバイトに出てなかったため、給料も入らず、今月は元々厳しいので尚更・・。

大学時代は時間があるのに金がなく、社会に出たら金があっても時間がない。
物事上手くいかないのがこの世の常ですね。


さて。
昨日はゼミのオリエンテーション、つまり、来年のためにゼミを選ぶ2年生に向けてゼミの説明会を行いました。
全体に向けてのプレゼンの他、個別のブースで後輩からの相談を受け付けるというのが主な役目です。
プレゼンは幹事長らに任せ、私たちはブースを訪れる後輩に対して、ゼミの魅力やどんなことをやるのか、雰囲気はどんな感じか、などをひたすら語りました。
結果、思った以上に多くの人が来てくれて、皆熱心に話を聞いてくれていました。
そして何より、後輩に向けて自分のゼミの魅力を伝えると同時に、自分自身でもこのゼミの良さを再確認できた気がします。

前期はまだメンバー内の「溝」が見え隠れしていましたが、やはり夏合宿以降一気に距離が縮まりました。
他のメンバーも、昨日ブースで相談を受けながら「このゼミでよかった」と口をそろえてましたし、2年生向けのオリエンテーションとはいえ、結果的には3年生の結束を固める行事にもなったみたいです。

ということで、ゼミオリエンテーションは大成功のうちに終え、その後の打ち上げで飲んだビールは最高でした(笑



話は全く変わりますが、最近無性に「三江線」に魅力を感じています・・(笑

三江線は三次~江津の108キロを走る地方交通線で、全通は1975年と比較的遅く、現在は専ら地元の人の足として機能する路線。

最近、暇があるとwikiで「日本の駅一覧」とかを眺めているのですが、その中でも格段にローカル感漂う駅が多く、印象に残ったのが三江線でした。
一日の利用者が一桁、という駅もざらで、廃線すら噂されるだけに(2010年に西日本が「赤字路線のバス転換」を明言)、乗れるときに乗っておきたいなーっていうことで。

12月には入ると忙しいとは思いますが、何とか18切符を使ってその辺の未乗路線を乗り潰せないか?、と今から目論んでいます。
まあ、時期が時期なので何とも言えませんが。。



ゼミの件もそうですが、旅の経験も、誰かに話すことでその魅力を再確認できます。
今日も友人との話の中で旅の話題になり、自分の事を話しながらそう思いました。

伝えること、それは自分にとっても大事なことなのですね。

093_20111027205008.jpg
関連記事
スポンサーサイト
2011/10/27 Thu. 20:50 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

お久しぶりです。
大学は各地から人が集まっているので、旅は話のネタとしてはけっこう使えますよね。(笑)
それだけで人間関係の幅も広がりますし…。

三江線はいいところですよ!
川沿いのスローライフな路線かと思えば、けっこう飛ばす区間もあるので意外な面もあります。
特に長谷駅に降り立った時の達成感は何とも言えませんね。
お互い忙しくなってくる頃ですが、また旅行記を楽しみにしています。

では!

星 #- | URL | 2011/10/28 00:24 * edit *

こちらこそお久しぶりです。コメントありがとうございますm(_ _)m

仰るとおりで、やはり各地から人が集まってくる大学だからこそ、各地を訪れた経験が生きてくるなあ、とつくづく感じます。
地名にも詳しくなりますし、実際これをきっかけに意気投合した友人もいます。
思わぬところで「旅の副産物」みたいなものを享受する場面があります(笑

やはり三江線は乗る価値がありそうですね!
確かにイメージは川沿いのスローライフ・・でしたが、区間によって建設時期が違うので、スピードや乗り心地も違うみたいですね。

長谷駅は一種の憧れです・・(笑
一度は降りてみたいですが、時刻表を見たら一日2.5往復しか止まらないようで・・。
でも、その達成感をいつかは味わってみたいものです。

旅行記は欠かさず書いていこうと思いますので、今後もよろしくお願いします。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2011/10/28 20:12 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/232-59c478a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)