08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『ローカル線で巡る、東北錦秋紀行』 その5 

2日目<11/4 (金)> 後編


盛岡15:02→大館18:03 花輪線1933D
377.jpg
ここからは花輪線に乗車。
好摩まではIGR経由、好摩から花輪線として走ります。
891.jpg
キハ58やキハ52のイメージが強かった花輪線も、今は全てキハ110系列。
乗車したのはキハ110+112という組み合わせ。
連結部は貫通扉の大きさが違うため、アダプターを介して繋げてありました。

381_20111107213358.jpg
IGR線内も紅葉が綺麗でしたが、好摩から先はローカルムード全開!
車内は観光客らしき人が多く、隣のボックスに座ってたご夫婦も車窓をカメラに収めていました。

384_20111107213357.jpg
ガタンゴトンというリズム、唸りを上げるディーゼル、そして美しい車窓・・・。
ローカル線旅の醍醐味がここに凝縮されています。

388_20111107214338.jpg
盛岡から約1時間、松尾八幡平で初めて列車交換がありました(画像は列車交換後)。
ここで6分ほど停車。その様子は、さながら峠越えを前に息を整えているかのよう。

390_20111107214337.jpg
次の駅は7キロほど離れた安比高原。
ここから先に最大33.3‰の急勾配があり、花輪線一番の難所になっています。

394.jpg
松尾八幡平を出てしばらくは平坦な路線でしたが・・

401.jpg
次第にエンジンが唸りを上げ始めました。33.3‰の勾配に差し掛かったようです。
それでも、強力エンジンを積んだキハ110はさほどスピードを落とすこともなく峠を登っていきます。
車窓には白樺の林が見え始め、すっかり高原の風景に移り変わってきました。

403_20111107215136.jpg
そして峠の頂上、海抜504mの安比高原駅に到着。
安比といえば「APPI」とウサギのロゴマークで一世を風靡したスキーの聖地、そしてバブルの象徴。
うちにも親が買った「APPI」グッズがいくつかあります(笑

ただ、駅前はご覧の通り何もありません。
今はスキー場に行くにしても、マイカー利用が多いのでしょうね。

898.jpg
安比高原を過ぎると今度は一気に標高を下げて行きます。
下ってるなー、というのが車内にいてもよく分かります。

412.jpg
荒屋新町に至る頃には大分薄暗くなってきて、車窓も見えなくなって来ました。
画像は八幡平の手前で撮ったもの。

905.jpg
盛岡から約2時間、花輪線の中心駅でもある鹿角花輪に到着。
ここで2度目の列車交換です。
久しぶりに乗客の乗り降りもありました。

417_20111107220951.jpg
鹿角花輪から2つ先、十和田南からは進行方向が変わります。
ここで7分の停車。

421_20111107220951.jpg
ホーム側から駅舎を撮影。
かつては「毛馬内駅」という北海道チックな駅名だったらしく、現在もこの周辺には毛馬内の名前が残っているようです。
****************

十和田南から終点まではあと1時間。
車窓も楽しめず、さすがに退屈になってきました。

途中どこかの駅で、女子高生が3人ほど
「はー、間に合った!」といって駆け込んで来ました。

こういう光景を見ていつも思うのが、こういった本数の少ない路線を通学で使う彼ら・彼女らは、もし列車に乗り遅れてしまったらどうするのだろうか…ということ。地方のローカル線なら列車が2時間に一本ということも珍しくありません。もし間に合わなければ、やはり大人しく次の列車を待つのでしょうか…。
各地を旅する中で、どんなローカル線でも必ず学生の姿はありました。
場所によっては、路線の存続そのものを支えているのが学生、というケースもあるでしょう。
でも、それにしては学生にとって不便すぎるような気がします。列車が2時間に1本しかないとなれば、どうしても鉄道の時間を気にしながら高校生活を送ることになってしまうのでしょうし…。
定期的な利用者である学生に対してどのように対応するのか…。全国のローカル線の抱えるジレンマかもしれません
422.jpg

427_20111107220945.jpg
盛岡から3時間、ようやく大館に到着です。

424_20111107220935.jpg
駅前には忠犬ハチ公像がありました。
今回初めて知ったのですが、大館はハチ公の故郷なんですね。

この後構内のNEWDAYSで「鶏めし」を買い(注文して5分ほどで製造元から届けてくれました)、下車印を押してもらってホームに戻ります。

大館18:29→青森19:58 奥羽本線677M
オールロングシートの701系。

列車は比較的空いていて、大館を出てしばらくは座席が半分埋まる程度。
やはり停車中の静寂は異常で、駅に止まるたび重苦しい雰囲気でした。

弘前からはさすがに混み、立ち客が出るほど。
そして数分遅れて青森に着きました。

437.jpg
1年半ぶりに訪れた青森駅は見違えるほど綺麗になっていました。

P1020545_20111107222440.jpg
去年3月に訪れたときはまだ旧駅舎でした。
でもそういえばこのとき既に工事してたような気がします。

439_20111107223216.jpg
ホテルでは先ほど購入した「鶏めし」で夕飯。
これは・・もう文句なく美味しい!
隅のほうに入ってるおかずも上品な味で、人気があるのも分かります。

弁当を食べながら金曜ロードショー「カイジ」を見て(笑、ベッドに入りました。
明日は海沿いへ向かいます。
~続く
関連記事
スポンサーサイト
2011/11/10 Thu. 22:34 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/240-011dc9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。