05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

『ローカル線で巡る、東北錦秋紀行』 その8 

3日目<11/5 (土)> 後編 最終回!


竜飛崎から三厩駅に帰って来ました。
でも次の電車まではまだ40分ほどあるので駅周辺をフラフラ…。
723.jpg
近くには川が流れてましたが、駅の近くにこれといって見るべきものはありません。

この後駅に戻り、既に到着していたキハ40に乗り込みました。
相変わらず車内は閑散…。数少ない乗客も、私と同じような旅行者のようでした。

三厩12:42→蟹田13:22 津軽線336D
来るときに乗ったのと同じ車両。
本数が少ないので、1編成が行ったり来たりしているのでしょう。
747.jpg
蟹田駅でまた乗り換えです。
駅舎はつい最近リニューアルされたような感じで、駅舎内も清潔感に溢れていました。
ここからは特急に乗るので、500円で特急券を購入。

749.jpg
ホームに戻るとED79の貨物が!

蟹田13:40→青森14:03 特急スーパー白鳥30号
001_20111110001824.jpg
普通列車より50分ほど早く青森に着けるので特急を利用。

751_20111110001916.jpg
青森に戻って来ました。
昨年12月から東北本線が「青い森鉄道」になったので、表示板もこの通り。

青森14:30→野辺地15:14 青い森鉄道574M
943.jpg
新デザインになった青い森の701系で野辺地へ。
この辺りも車窓には海が見えます。

752_20111110001916.jpg

753_20111110001915.jpg
野辺地で下車。
ここからは・・念願の大湊線!

野辺地15:52→大湊16:44 大湊線3731D
755_20111110001915.jpg
東北本線の転換で、起点から終点まで一切JRと接続しなくなってしまった大湊線。
廃止の可能性もあったわけですが、下北半島の足として現在も頑張っています。

この列車は八戸始発で、野辺地到着時にはそれなりの混雑。
何とか座れたものの、この混雑は予想外でした。連休だからでしょうか…。

列車は野辺地を出ると陸奥湾沿いを北上。中でも有戸~吹越では海に最接近し、この路線のハイライトを迎えます。
「車窓をご覧ください」という旨のアナウンスも入り、同じボックス席にいた夫婦も窓に張り付いて海を眺めていました。

その夫婦が窓を占領していて景色が見づらかったので…恥を忍んで前面に移動。
758_20111110001915.jpg
大湊線独特ともいえるこの荒涼とした景色。よく雑誌やテレビにも登場する有名な場所です。

758__20111110001914.jpg
上と同じ画像ですが、ゴミや映り込みが酷かったのでフォトショで加工しました。

761.jpg
天気が良ければ夕暮れ時で最高だったのに…。

ここを過ぎてしまうと、さほど海を望める区間はありません。
海沿いを走っていることは確かなのですが、防風林などが邪魔でもどかしい景色でした…。

949.jpg
終点の一個手前・下北で、多くの乗客が下車。
近くには市役所や観光拠点があるようで、下北半島の中心地になっています。

ちなみにこの下北駅は「本州最北端の駅」。

771.jpg
下北を出て程なく終点・大湊に到着。下北で殆どが下車したため、ここまで乗車していた人は僅かでした。

ところで、意外にも大湊線は表定速度が速く、快速になると表定速度が70キロ前後に達します。
今回乗った列車も、野辺地からの58.4キロを52分で走破。つまり、平均で時速68キロ程度。
制限速度は85km/hなので決して速くはないのですが、停車駅が少なく、線形もいいためスピードが出せるようです。

765.jpg
温かみのある光がこぼれる大湊駅。
駅員さんも何人かいて、思ったより元気な終着駅でした。

766.jpg
駅舎には「てっぺんの終着駅」という看板が付いていました。
「本州最北端」を名乗れないので、この表現になったのでしょう。物は言いようですね(笑

768.jpg
この折り返しに乗って、野辺地へと戻ります。

大湊16:59→野辺地18:00 大湊線736D
帰りも下北から結構な乗車客がありました。
辺りはすっかり暗くなってしまったため、下北を出た後はひたすら熟睡…。

野辺地18:04→八戸18:49 青い森鉄道578M
さすがに疲れました。はぁ。

777_20111110002145.jpg
何気なくホームに停車中のキハ40を眺めてみると、エンジンが原型であることに気づきました。
道理で唸るわりに加速が悪かったわけです。
しかも非冷房、非ワンマン仕様という、今となってはかなりの絶滅危惧種?

八戸18:57→東京22:08 はやて40号
さて、八戸からは一気に新幹線で帰京します。
夕食のコンビニ弁当食べた後、就寝。

東京22:22→茅ヶ崎23:18 東海道線339M
沼津行きの最終です。
休日のこんな時間なのに、15両の列車で全席が埋まるほどの乗車率。
やっぱり都心の人の多さは異常に感じます…。



この後無事家にたどり着き、何とか日付が変わる前に旅行を終えました。

778.jpg
中身の濃い3日間だったなぁ~と思います。
古寺で息を切らし、知らない町で知らない人と飲み、温泉に浸かり、海を見て山を見て川を見て、ローカル線に乗って美味しい駅弁を食べて、そして錦秋に染まる車窓を眺めて・・・。
最高に贅沢な時間でした。

グダグダな旅行記でしたが、最後までご覧頂きありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
2011/11/13 Sun. 19:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/243-da115ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)