04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

『2011冬 18切符で乗り鉄三昧の旅』 その5 

12/14(水) 2日目<後編>
備後落合に到着し、次の列車まで駅構内で時間を潰す。
443.jpg
山間の小駅、備後落合。終点ではあるが、無人駅である。

乗客にとっては乗り継ぎのための通過点、列車にとっては折り返し地点でしかない。
人は淡々とこの駅を通り過ぎ、そして列車は事務的にやって来ては折り返していく。
445_20111216210903.jpg
駅前の様子。
この奥には一応道路があり、見る限り車の往来はあった。
しかし、果たしてこの駅を日常的に使う人はどれほどいるのだろうか。

425.jpg
この駅からは3方向に路線が伸びるが、うち2方向は一日3本のみ。
全部合わせても13本と、驚異的な少なさである。

442.jpg
この駅にもノートが置いてあった。
中身は見ていないが、中には随分と年季の入ったものもあった。

434_5_6_tonemapped.jpg
ホームに戻ると、3両のキハ120が並んでいた。
一日一回、それも5分足らずしか見られないシーンである。

備後落合14:36→三次15:59 361D
433_20111216212759.jpg
これから乗車するのはこちら、三次行き。
車内はオールロングシートで、いずれも旅行者風と思われる乗客ばかり。
ほぼ全員が身を捩じらせ、車窓を眺めていたのが印象的だった。

454.jpg
列車は備後落合を出ると、次の比婆山まで15分ほどかかる。
距離は5.6キロだから、平均時速20キロ程度ということになる。
この周辺のローカル線は総じてのんびりである。

459_20111216213501.jpg
20キロの制限票がお分かりいただけると思う。
比婆山、備後西城、そして平子と進んでいくが、その3駅進むのに30分かかる。

464_20111216214654.jpg
平子付近からはスピードアップし、高を出てしばらくは画像のような開けた場所を走る。
しかしそれも束の間。

468.jpg
また15キロや20キロ制限の場所に差し掛かり、ペースが一気に落ちる。
やがて川と離れ、しばらくすると備後庄原に到着する。

471_20111216214653.jpg
この区間の中心駅、備後庄原。ここで交換のため3分停まる。
かつては急行列車の停車駅だったこの駅も、今はローカル線の一停車駅に過ぎない。

この後、列車は30分ほどで終点の三次に至る。
塩町からは大量の高校生が乗車。三次までの10分だけとはいえ、大変賑やかだった。

474_20111216215750.jpg
改札で下車印を押してもらおうとすると、駅員さんが私の切符を見て
「おお、新宮から来とるやないか!初日は津か?すごいなあ、どうやってきたの?」
と、随分派手にリアクションしてくださった。
三重から広島・・確かに随分遠くまで来たものだ。

477_20111216215744.jpg
ホームにはキハ120が集結していた。

ちなみに今日の最終目的地は広島。
なので、このまま芸備線を使っても良かったのだが・・・

三次16:37→府中18:21 1730D
475_20111216215749.jpg
回り道をして福塩線経由で広島を目指す。

三次に着いたとき、次に乗る府中行きが既にスタンバイしていた。
広島からやってきた列車のようだが、三次で40分も停車する。

480.jpg
三次を後にした列車は、黄昏の中歩みを進めていく。
1時間も走ると日が完全に落ち、さすがに退屈になってくる。
「上下」という変わった名前の駅でまとまった乗客があったが、あとは降りる一方だった。
車内では、学校帰りの女子高生がひたすらノートや教科書と睨めっこしていた。

484.jpg
府中からは電化区間。
車両も通勤型になり、本数も増えてこの時間は30分ヘッドになる。

486.jpg
無機質な印象を受ける府中駅の駅舎。
駅前で談笑する高校生の姿が微笑ましい。

府中18:42→福山19:31 272M
488_20111216221624.jpg
ここからは105系4両。
4両いずれも一色塗りの車両だった。

車内は終始ガラガラで、1時間弱で福山に到着。

490_20111216221624.jpg
朝、姫路を出てから既に13時間以上。
やっと山陽側に戻ってきた。

福山19:40→広島21:28 381M
492_20111216221624.jpg
福山から広島は2時間の道のり。
ちなみに三原~海田市は初乗車で、これでやっと山陽本線も完乗となった。
(以前、広島を訪れた際は呉線、あるいは新幹線を使った)

さすがにこの2時間は辛かった。
座れたものの、一日中列車に乗っていて尻が痛い。
何度も椅子に座りなおしては、最も楽な体制を探すことに終始していた。
加えて携帯も殆ど電池がなくなり、何しろ手持ち無沙汰だった。

ともあれ、何とか広島に到着。
目に付いたラーメン屋で腹を満たし、予約してあったホテルへと向かった。

~続く
関連記事
スポンサーサイト
2011/12/20 Tue. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/268-12208578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)