09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

小さな旅 ~久留里線~ 

18切符消化のため、千葉方面に行って来ました。
今回乗ったのは、今だ「タブレット閉塞」と希少な気動車が残る久留里線。
タブレット閉塞は現在、JRでは只見線の一部区間と久留里線でしか見られないそうですが、その久留里線からも3月改正で消えることが決まっています。
同時に、今年度中に気動車も一新されるというニュースが明らかになったこともあり、今回訪問することにしました。

大船6:35→千葉8:13 655F
千葉8:21→木更津9:03 147M

002_20120108213104.jpg
木更津が久留里線の起点。
東京から2時間弱、こんな近い場所にタブレットが残っているとは・・。
008_20120108213104.jpg
ホームには既にキハ38がスタンバイ。
木更津の車庫にはキハ37と38しかおらず、キハ30の姿は見えませんでした。
ということは・・今日キハ30は動いているようです。

木更津9:14→上総亀山10:15 927D
車内にはマニア風の人が多いようでした。
まあ、皆さん考えることは同じということでしょう。

木更津を出た列車は住宅街をゴトゴトとのんびり走っていきます。
しばらくは単調な近郊路線の風景が続きます。

012_20120108215742.jpg
横田で最初の列車交換。反対側の列車はキハ30×2!
また、ここでタブレットの交換も行なわれました。
(後ろの車両に乗ってたため撮れず・・)

016_20120108215519.jpg
横田を出ると次第に住宅が減っていき、いかにもローカルな雰囲気になってきます。
ただ、ロングシートなのがちょっと残念・・。

久留里で2度目の列車交換(キハ38+キハ30)とタブレット交換。
この先はさらに山深くなり、久留里線のハイライト区間になります。

024_20120108215519.jpg
木更津から1時間、終点の上総亀山に到着。
折り返しの列車は13分後ですが、それでは慌しいので2時間後の列車で帰ることにしました。
そうと決まれば早速周辺散策です。

026_20120108215519.jpg
ここで線路は途切れています。
いかにも終着駅という風情です。

037_20120108215518.jpg
駅から10分ちょっとで亀山ダムに着きました。

045_20120108215517.jpg
他に見る場所もないので、しばらくここで時間を潰します。
誰もいない静かな湖畔に腰を下ろし、温かいコーヒーで一息。

048_20120108215516.jpg
その後、国道を上総松丘方面に歩いてみました。

050_20120108222024.jpg
時にはこういった「何もない風景」を見たくなります。

055.jpg
ちょうど上総亀山行きが来る時間だったので、開けた場所で待機。
待つこと5分、最初に交換したキハ30の2両がやって来ました。

059_20120108222024.jpg
多少影がかかってしまいましたが、撮れるとは思ってなかっただけに大満足。
このキハ30は上総亀山で1時間以上停車し、折り返しの木更津行きになります。

070_20120108223153.jpg
駅に戻る途中の踏切から一枚。

077_20120108222023.jpg
そして先ほどの場所から定番のショット。
国鉄色が写真映えしますね。

080_20120108222023.jpg
駅に戻ると、案の定撮影会状態。
引退も決まり、今後ますます人が増えていくのでしょう。

086_20120108222021.jpg
私が生まれた頃はまだ茅ケ崎運輸区にもキハ30がいたのですが・・さすがに記憶にありません。

184_20120108224105.jpg
青空の下、国鉄色が一層引き立ちます。

110_1_2_fused.jpg

120_20120108223829.jpg
この形式の大きな特徴は、何と言ってもこの「外吊式ドア」。
実際乗ってて感じたのですが、構造上隙間風が容赦なく入ってきます。

133_20120108224745.jpg
車内はオールロングシートで、当時の標準通勤型・101系などに準じてます。
殆ど手を加えられていないようですね。

019_20120108224754.jpg

130_20120108224746.jpg
駅や車内に見られる「タブレット」が使われている証。

そして発車時間が迫る中・・

143_20120108225329.jpg
運転士さんが乗り込んで来ました。
その手には紛れもないタブレット!

上総亀山12:13→木更津13:20 934D
やはり列車内には”それらしい乗客”が多く、カメラを持つ女性連れの姿もありました。
列車は山間部を慎重に進み、久留里で列車交換とタブレット交換を行ないます。

146_20120108225329.jpg
おおー、本当にタブレット交換してる!
映像でしか見たことのなかった私にとっては感動モノです。

149_20120108225329.jpg
そして新しいタブレットを受け取って・・これでこの先の区間に進めます。

150-.jpg
受け取ったタブレットは機械にセットされ、この「輪」の形をしたケースは運転台に掛けられています。

151_20120108225328.jpg
その後、横田で2度目の列車交換とタブレット交換。
ここまで使ってきたタブレットを駅員さんに手渡します。

153_20120108225325.jpg
革のケース部分に円形の「タブレット」が入っているのが見えます。

158_20120108230701.jpg
そして反対側の列車が到着し、発車時間が迫ってきました。

164-.jpg
駅員さんが一言添えて、タブレットを手渡します。
もうちょっと構図を工夫すればよかった・・。

169And2more_fused.jpg
席も大分埋まり、車内も賑やかになってきたところで木更津に到着。
懐かしさに溢れた久留里線の旅もここで終わりです。

173_20120108230655.jpg
運転士さんがタブレットを肩に掛け、詰め所に戻っていきました。
こんな光景もあと2ヶ月・・。
タブレット閉塞自体も絶滅寸前です。



さて。
久留里線の旅は終わりですが、折角18切符なので房総をぐるっと回って帰ることにします。

木更津13:41→安房鴨川15:47 177M
197_20120108231905.jpg
佐貫町辺りから海が見えてきます。この辺りは晴れていましたが、進むにつれ曇りがちに・・。
館山から先は初めて乗車する区間でしたが、意外と海は見えず、和田浦や太海の前後で見えただけでした。

177_20120108231905.jpg

178_20120108231905.jpg
そして安房鴨川に到着。
乗り継ぎ時間も短いので、即座に次の列車に乗り込みます。

安房鴨川15:53→千葉18:02 280M
ここからも約2時間。安房鴨川~浪花は未乗区間でした。

204.jpg
途中の行川アイランド駅は、10年ほど前に閉鎖された「行川アイランド」へのアクセス駅として開業。
その使命を失って以降利用者は極端に少なく、何とも寂しい駅です。

207_20120108231859.jpg
この駅を出るとすぐ、車窓にはかつての「行川アイランド」入り口が見えてきます。
トンネルの奥に敷地が広がっているようですが、未だに土地の再利用には至っていません。

閉園間際に家族と訪れたときのことを思い出し、なんとも切ない気持ちになりました。

208_20120108231858.jpg
やがて日も暮れていき、勝浦の手前で夕日を望めました。

千葉18:22→戸塚19:51 1764F
戸塚19:54→茅ケ崎20:13 333M

こうして、18切符消化の日帰り旅行は無事終了。
なかなか充実した一日でした。


タブレット端末が急速に普及する一方、タブレット閉塞は風前の灯。
かつて「タブレット」と言えばあの「輪っか」をイメージする人が多かったのでしょうが、今や「タブレット」といったらiphoneの類を想像する人が多いのでしょう。
私もどちらかと言えば後者ですが、そんな私ですら思わず「懐かしい」と感じるタブレット交換は一見の価値があります。
残された時間は長くありませんが、首都圏に残る「タブレット」を見に、是非一度久留里線を訪れてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
2012/01/08 Sun. 23:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/278-2624301e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。