08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2010年夏 初秋の北海道へ その1 

<あけぼの乗車編(1日目)>

~プロローグ~
今年は北海道へ行こう――
具体的な構想が持ち上がったのは6月前後だったでしょうか。

当初、旅行の候補地としては九州、中国、北東北、そして北海道がありました。
そんな中で目に留まったのが「青森・函館フリーパス」。
これは都区内からフリーエリアまでの往復と、青森・函館周辺の特急も使えて29,100円というもので、往復には「あけぼの」が使えるというお得な切符です。
「あけぼの」はかねてから乗りたかった列車だけに、これを使わない手はありません。
ならば、この切符を使って青森・函館に行こう。そう考え、旅の計画を練り始めました。

でも、せっかく函館まで行くなら札幌も見ておきたい。
とはいえ、日程的に青森との両立は厳しい・・。

このように青森と札幌を天秤にかけた結果、北海道をメインに据えた今回の旅行と相成りました。
また今回は友人2人が同行してくれることになり、久々に複数人での旅になりました。


9月4日・・出発の日。
まず友人一人と私の自宅で待ち合わせました。

何となく落ち着かないので早めに家を出て、6時ごろ上野駅に到着。
でも、荷物は重いし、外は相変わらずの暑さ。
歩き回るのも億劫なので、スタバで時間をつぶした後、早めにホームへと入り列車を待つことにしました。
002_20110927164303.jpg
まだ発車時間まで1時間ほどありますが、掲示板には既に「あけぼの」の表示。
上野13番線のこの独特な空気と「青森」の文字が、旅情をかきたててくれます。

ただ、夜になっても気温は下がらず、不愉快な蒸し暑さが身体にまとわりついてきます。
この待ち時間は相当長く感じました。

007_20110927164303.jpg
20時50分ごろ。ようやく、待ちわびたブルーの客車が入ってきました。
期待がもっとも高まる瞬間です。

011_20120102030314.jpg
そして、自分たちが乗る6号車のドアが開かれました。
いよいよ13時間弱に及ぶ「あけぼの」の旅路がスタートします。

012_20110927164302.jpg
車内に入って通路を見ると、こんな感じ。
第一印象は、とにかく「狭い」。人とすれ違うのも難しいくらいです。

047_20110927164500.jpg
今回の部屋は18番。
早速ドアを開けて中に入ってみます。

014_20110927164242.jpg
一晩お世話になるソロの上段です。
色々なサイトで画像を見たりしてましたが、ここまで狭いとは…。
そもそも、荷物を置くと出入りが出来ません。
一晩ここで過ごすのはちょっとなあ・・なんてこの時は思ったのも事実。

046_20110927164500.jpg
こちらは下段で、友人はこちらの部屋でした。うーん、やっぱり狭い…。
特に階段部分の張り出しが気になります。
もっとも、寝ることだけを考えればこれで充分なのかもしれませんが…。

ひとまず荷物を置いて外に出ます。

016_20110927164241.jpg
最後尾では記念撮影する乗客をはじめ、多くの撮影者の姿が。
やはり、ブルートレインレインは特別な存在なんだと思わされる光景です。

018_20110927164500.jpg
私もその中に混ざって一枚。
今日は切妻・雨樋付きのオハネフ25です。

029_20120102030313.jpg
国鉄時代から変わらぬ「青森」の行き先表示。

031.jpg
先頭部分。
EF64-1000が牽くあけぼのを見るのは今回が初めてですが、青いHMが車体に似合ってますね。

一通りカメラに収めた後車内に戻り、静かに発車の時を待ちます。

上野21:15→青森9:56 寝台特急「あけぼの」
549_20110927164459.jpg
いよいよ発車しました。
独特の揺れに少し戸惑いましたが、すぐに慣れました。

ただ、窓はご覧のとおり曲面ガラスのため、夜間は映り込みが酷いです。
特に必要がないなら部屋の電気を消してた方が過ごし易いかもしれません。

550_20110927164459.jpg
しばらくして大宮到着。
まだ22時前なので通勤時間帯です。

551_20110927164818.jpg
少し落ち着いてきたところで友人と夕食です。
(部屋には何とか2人入れます)
本日は「深川めし」。
あさりごはんに、あなごとハゼが載った駅弁で、一応東京の名物?
初めて食べましたが、あっさりしててサラっといけました。
やっぱ列車に揺られて食べる駅弁は格別です。

そうこうしているうちに列車は高崎に到達。
狭く感じていた個室も、慣れてくるとなかなか快適。
開放と違い、電気も空調も自分で調整できますし、座ってる分には狭さも感じません。
しばらく部屋の電気を消し、ボーっと車窓を眺めていました。

556_20110927164818.jpg
夕食も終わったので、そろそろベッドメイキングです。
下段はそのまま寝られますが、上段はちょっとした作業が必要。
木の板を広げ、その上にマットレスを広げます。

557_20110927164817.jpg
で、広げるとこうなります。
ベッドの幅は結構広めですが、この状態だとドアが開けられません・・。

560_20110927164817.jpg
最後にシーツを引いて完成。
この後は寝たり起きたりの繰り返し。
1時間おきに目が覚めてしまいました。。

561_20110927164817.jpg
途中の長岡では485系の能登とすれ違い。
季節列車化されながらも何とか残る「能登」ですが、車内は閑散・・。
酷い状態でした。

ドアは開きませんが、ここで機関車を交換します。

この後また眠りにつき、浅い夢の世界へと落ちていったのでした。

~続く
関連記事
スポンサーサイト
2010/09/11 Sat. 14:56 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/29-a368b83d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。