05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

coming soon 

こんばんは。

いつも出だしで何書くか・・凄く悩みます。
結局いつも大して意味のない、形式的な話に落ち着くわけですが・・(笑


さて。
複数のページで静岡ホビーショーのレポを拝見し、各社の試作品の画像を見せていただきました。
気になる製品が多い夏場~秋なので、じっくりと閲覧。

その中でもKATOのあけぼのは益々楽しみになってきました。
ソロを始め凄いクオリティで、表記類の細かい印刷も「いい仕事してるなー」って感じ。
カニやオハネ25はまだ未塗装品のみでしたが、編成が揃ったらさらに魅力的な製品になりそうです。

そのあけぼの購入の前段階ってことで?、同じKATOの24系「ゆうづる」を買うべく何件か見て回りました。
しかし発売から半年、さすがに中々置いてませんでした・・。
前にもちょっと書いたように、「ゆうづる」と「あけぼの」を組み合わせて「日本海タイプ」を組んでみたかったわけですが、必死に探すつもりはないので、なければないで諦めます。
ちょっとした余談でした。

あと、EF510-500も凄い。
塗り替え品ではありますが、やっぱ安定感が違う感じがします。
北斗星も発売予定ということで、24系シリーズの更なる拡充に期待です。

TOMIXではキハ52の大糸。
今のとこ買うつもりはないんですが、あの旧標準色の出来栄えを見ると・・・
156番のほうもしっかりドア窓が埋められてるようですし、ちょっと心動かされました(笑

EF64もそつない出来。
更新機は色合いが白すぎる印象がありますが、3種とも揃えたいと思わせる製品です。
ただ、前期型は国鉄仕様、後期型はJR仕様っていうのはどういう狙いなんでしょうかね?
既にうちではKATO製が大所帯ですが、どうするか悩みどころです。。

他にも気になるのは色々ありましたが、書いてるとキリがないんでこの辺にしておきます。
では。


画像はEF65-535。
何かこの機関車の解体を防ごうっていう団体があるらしく、今後の同機の動向に注目です。
やっぱ一人じゃ何も出来なくても、多くの人の力が集れば何かが出来るはず。。
最後の全般検査以降は丁重に扱われ、引退後も厳重に保管されている同機だけに、このままの形で残してもらえれば嬉しいですね。
EF65535-5
関連記事
スポンサーサイト
2010/05/19 Wed. 23:54 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

お久しぶりです。
ブログの方は毎日見させていただいているのですが、コメントするのは久しぶりです。
自分もつい最近「あけぼの」を見てきたばかりで…とても気になる製品です。
KATOは通常のB寝台の内装もさることながら個室の方もなかなか凄いですね。
また現行の北斗星も気になります。

535号機の保存運動は「やっと!」って感じです。
今まで列車が廃止されると言ってもなかなか大きな動きがなかったので(駅に沢山の人が押しかける程度)
こういった活動が大きく広がっていくといいですね。
やっぱり行動に移すことは凄いことですから。

ぎっしー #- | URL | 2010/05/20 21:15 * edit *

お久しぶりです!

やっぱりKATOの良さは、床下にしても屋根上にしても室内にしても妥協がないってことでしょうね。
個室もしっかり上下階作りこまれてるようですし、梯子や電源車の配電盤なんかも嬉しい部分です。
北斗星もこのクオリティで製品化されるとなると、今から待ち遠しいです。
ゆくゆくは銀帯車のリニューアルなんかも期待したいところです。


そうですよね~。誰しもが「思って」はいても、なかなか行動に移すってのは難しいもので・・。それに、今回のはただ集って訴えるだけじゃなくて、随分と考えられた末で立ち上げられているようですから、活動が結実するよう願うだけです。
ブルトレもこんな風に残せれば良かったんでしょうが、こっちは現実的には難しかったでしょうかね・・。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2010/05/20 21:50 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/3-03e7793d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)