08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2010年夏 初秋の北海道へ その4 

<大沼、そして長万部へ(3日目前半)>
今日は函館を後にし、列車を乗り継いで北海道の中心地・札幌へ移動します。
朝市で朝食にするため、5時前に起床し、すぐホテルを出ました。

192_20110927173050.jpg
ホテルの窓から見えた朝焼け。
しかし、この日の天気予報では午前中雨。
この時点では雨が降る気配はなかったのですが・・。
193_20110927173049.jpg
すぐに荷物をまとめて出発し、朝市へとやって来ました。

ただ、さすがに5時は早すぎたようで。。
まだどこも開店準備で忙しそうで、たまに聞こえる掛け声も、どこか遠慮気味。

とりあえず朝食にするため、ガイドブック等でもよく目にする「きくよ食堂」に入ることにしました。

675_20110927173203.jpg
ここで有名なのが巴丼。何種類もある魚介の中から、好みの3種類を選べる海鮮丼です。
今回はいくら・イカ・カニをチョイス。
昨日のイカ丼といい、この日の巴丼といい、さすがは函館!っていう味でした。
だいぶ予算オーバーでしたが、こういう食事も旅の醍醐味の一つですよね。

贅沢すぎる朝食を堪能し、函館駅へと向かいます。
次に目指すのは大沼国定公園。
空はどんよりと雲に覆われて不安な先行きですが、とりあえず行けるとこまで行ってみます。

201_20110927173205.jpg
ホームに出ると3本のキハ40がそろい踏み。これぞ北海道!
名実共に、北海道ローカル線の顔ですね。

そのうちの1両に乗車し、大沼公園行きに乗り終点を目指します。

函館7:26→大沼公園8:10
ところが五稜郭を過ぎるとポツポツと雨が降り始め、七飯に差し掛かるころには本降りになってきました。
こういう時の天気予報って恐ろしく当たる気がします・・。

685.jpg
終点の大沼公園駅に到着。
しかし依然雨は降り続き、雨脚は強まる一方。
それどころか雷まで鳴り出す始末・・。

大沼公園散策は諦めムードでしたが、どっちにしろ次の列車が一時間後だったので、しばらく様子を見ることにしました。

684_20110927173051.jpg
とはいえ、激しく降り続く雨がやむ気配などなく・・。
列車の時間も迫る中、最後の決断のときです。

687_20110927173051.jpg
そんな中で、次第に雨脚は弱まり、雲にも切れ間が出てきました。
依然小雨は降り続いていたものの、これなら何とか行ける!
思い切って観光案内所に荷物を預け、大沼公園に向かって歩きだしました。

213_20110927173205.jpg
これがまさに”大英断”。
公園に着く頃には青空も見え始め、大沼の向こうには駒ケ岳の姿も。
諦めなくてよかったー!

天気が良くなってきたので、当初の予定通りレンタサイクルで大沼を一週することにしました。

217_20110927173204.jpg
サイクリングコースはこんな感じの鬱蒼とした道が殆ど。
‘大沼を見ながら走る’という趣向ではないですが、雨上がりの道路を駆け抜けるのは爽快でした。

222_20110927173204.jpg
サイクリングコースの後半にあったビューポイントからの眺め。
先ほどの雨を考えると、この景色を見れたことが奇跡的。

703_20110927173050.jpg
1時間ほどのサイクリングを終えた後、駅前に戻って夕張メロンソフト(300円)を頂きました。
だいぶ傾いてますが(笑、サイクリングで火照った体にソフトクリームの冷たさが染渡ります。

705_20110927173458.jpg
私たちが帰る頃には、こんな清清しい空になってました。
あと2時間早く晴れてれば・・。
でも結果的には計画通りいったわけで、大沼散策は大満足でした。

大沼公園11:37→森12:06
さて。ここからは札幌までひたすら列車の旅。
森駅まではフリーエリアで特急が使えるので、大沼公園から森までスーパー北斗に乗車。
ほんの短時間でしたが、特急の旅を楽しみました。
708_20110927173458.jpg
車窓には駒ケ岳の勇姿も。
列車によっては、駒ケ岳が見えるという旨のアナウンスが入ります。

710_20110927173458.jpg
>列車は快足をとばし、15分ちょっとで森駅に到着。
森駅では次の列車まで1時間半以上あるので、駅の外に出てみます。

711_20110927173457.jpg
森駅の外観ですが、駅っていうよりコンビニっぽい?
駅舎にはピザ屋が入ってるようです。

100906_1203~01
そして何より、森駅といえば「いかめし」。
北海道では長万部の「かにめし」と共に定番の駅弁です。
思ってたより小振りですが、みっしりしてるのでボリュームはあります。
500円という手ごろな値段もうれしいところ。
(友人の画像を拝借)

712.jpg
あとはこちら。北海道限定の緑茶だそうです。
こういう”ご当地もの”に弱いんですよね…(笑

225_20110927173203.jpg
「いかめし」を食べ、待合室で地元の奥さんと談笑して時間をつぶした後、列車に乗り込むことにします。

画像は森駅の跨線橋からの眺めですが、海と駒ケ岳が望めるなかなかのロケーション。

ちなみに、前の車両がこれから乗る長万部行き、後ろの車両が函館行き。
同じホームに行き先の違う二列車が停車するという、珍しい光景です。

森13:24→長万部14:41
長い待ち時間を経て、私たちの乗った列車は森駅を出発。
長万部まで内浦湾沿いを走っていきます。

718_20110927173456.jpg
晴れたり曇ったりの落ち着かない天気でしたが、海沿いの車窓は絶景。
場所によっては海の向こうに駒ケ岳を望めるところもあります。

列車は1時間15分ほどで終点の長万部駅に到着。
ここからは小樽経由で札幌へと向かう、通称「山線」で札幌を目指します。

しかし、次の列車の時間まではまたも1時間半以上・・。

~続く
関連記事
スポンサーサイト
2010/09/14 Tue. 21:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/32-caa1e184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。