07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『心を洗う、ローカル線一人旅』 その6 

3/24(土) 2日目<後編>
下呂では2時間ちょっとの滞在予定。
ロッカーに荷物を預け、いざ温泉街の散策へ!

197_20120326134614.jpg
駅前の通り。
メインの温泉街は川を挟んだ反対側で、この辺りは観光客の姿もありません。
199_20120326134613.jpg
線路と平行して流れる飛騨川(益田川)。
画像右岸が観光のメインとなります。
幸いにも雨は上がっており、空も明るくなってきていました。

203_20120326134613.jpg
森水無八幡神社。貫禄あるたたずまいです。
2月に行われる祭りは国の無形文化財だそうです。

206_20120326134612.jpg
神社からほどなく、下呂温泉のメインストリートに出ました。
いかにも温泉街といった雰囲気で、足湯も至る所にあります。

やはり下呂に来たならば温泉に入らなければ・・ということで、この後近くの旅館で日帰り入浴しました。
丁度入浴受付が始まったばかりのタイミングで、風呂は貸し切り!
川に面した露天風呂もあり、気持ち良くてついつい長湯をしてしまいました。

入浴を終えて脱衣場で帰りの準備をしていたところ、「天気が良くなってきてよかったわねー」と掃除のおばちゃんに話しかけられ、しばし世間話。
一通り話した後、
「せっかくならここでお昼も食べていったらいいわよ。美味しいから!」
と勧められてちょっと迷ったのですが…値段を聞くとお高めだったので丁重にお断り。
「また今度来ます!」と約束して旅館を後にしました。

322.jpg
その後は近くの郷土料理の店に入り、昼食。
お金があれば迷わず「飛騨牛」を選ぶのですが(笑、今回は「朴葉みそ定食」を。
飛騨に伝わる郷土料理で、その名の通り朴葉の上に味噌やネギを載せ、焼いたものをご飯とともに頂くというもの。
美味しくてご飯が進むのですが、しいて言えばボリューム感がないのがやや残念でした。

ところで、下呂の街を歩いていると、あちこちに描かれた「カエル」のイラストが目につきました。
温泉の手ぬぐいや、食堂のメニューにもカエル…。
最初は「何でカエル?」と疑問に思い、「下呂ってカエルにまつわる伝説でもあるのかなー?」と真面目に考えてたのですが・・・何てことはない、「ゲロ」にかけた洒落のようです…(笑
(駅に帰る途中でようやく気付きました・・。カエルだけに。)

**********

211_20120326141051.jpg
さて。13時20分頃に駅へと戻ってきました。
ちょうど高山行きの特急がやってきましたが、やはり自由席は混雑していました。

下呂13:49→美濃太田15:10
210_20120326140832.jpg
下呂始発の普通列車で美濃太田へ向かいます。
思ったより空いていて、のんびりローカル線の旅を満喫できました。

214_20120326140832.jpg
下呂を発車し、隣の焼石駅に着く頃には日が差すほどに天候が回復!
どうせならもうちょっと早く晴れてほしかった・・。

217_20120326141611.jpg
この辺りも景色が素晴らしく、飯田線の車窓を彷彿とさせる、エメラルドグリーンの飛騨川が視界いっぱいに広がります。
下呂から飛騨金山あたりの渓谷は「中山七里」と呼ばれ、高山本線の見所の一つになっているようです。

219_20120326141611.jpg

222_20120326141610.jpg
川を何度も渡り、車窓はめまぐるしく移り変わります。
瞬きする瞬間すらも惜しまれるような(大袈裟?)、そんな景色がしばらく続きます。

227.jpg
やがて川は車窓左手に移り、私の座っていた右側の座席からは見えなくなってしまいました。
少しずつ景色も開け、乗客も若干増えてきたところで終点に到着です。
美濃太田は太多線(たいたせん)、長良川鉄道との接続駅でもあり、近代的な駅舎が印象的でした。

美濃太田15:29→岐阜16:03
キハ40系列3両。先ほどの列車の乗客の殆どが、この列車に乗り換えていました。
岐阜まで30分ほどの乗車です。

327.jpg
美濃太田の隣、坂祝駅は難読。
調べてみると「言祝ぐ」と書いて「ことほぐ」と読む熟語もあるようなので、それを知ってれば読めるのかも・・。

また坂祝はパジェロの町として有名だそうで、何と町税収入の3分の1がパジェロによるものだそうです。

228_20120326142530.jpg
坂祝の前後では川が見えていましたが、やがて沿線には住宅が増えていき、岐阜の市街地に入っていきます。

229_20120326142530.jpg
そして朝7時に富山を出てから9時間、高山本線の終点・岐阜に到着。
飯田線の旅の時と同様、ここからはひたすら東海道線を上ります・・。

岐阜16:08→豊橋17:23
313系のクロスシート。

豊橋17:29→浜松18:04
311系。夕日が綺麗でした。

浜松18:09→沼津20:30頃(15分遅れ)
この浜松~熱海は18切符利用者泣かせの区間。ある意味”デッドセクション”と言えます。。
ロングシートのみ、優等列車無し、乗客の乗り降りが激しい―ということで、いつもいつも苦痛の2時間半です。
せめてラッシュ時以外はクロスシートで運用して欲しいものですが・・まあ無理でしょうね。

沼津20:35→茅ヶ崎21:46
沼津で始発の東京行きに乗り換え。休日のこんな時間ですが、やはりそれなりに混雑していました。
ので、グリーン車を利用…

こうして22時過ぎには無事自宅に戻り、今回の旅行も終了。
一泊二日の割には色々楽しめ、リフレッシュできた有意義な旅行でした。
最後まで御覧頂き、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
2012/03/30 Fri. 21:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/322-f2670ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。