08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『古きを偲ぶ、中国地方一人旅』 その1 

~プロローグ~
就活を終えて初めて迎えた長期連休、「ゴールデンウィーク」。
例年は混雑を嫌って出かけることのないGWですが、大学最後の1年、連休を無駄に過ごすことはできません。
幸いにも5/1・2は休講日で9連休となるため、今回は思い切って旅に出ることにしました。

行き先は本州の西側。
特に萩や石見はこれまで幾度となく旅行の候補地に挙がっていながら、結局行けずじまいだった場所です。
一区切りついたことによる解放感も手伝って、気付けば足かけ7日にわたる長期旅行になってしまいましたが、果たしてどんな旅になったのでしょうか…。



4/30(月)~5/1(火) 0日目~1日目
茅ヶ崎20:46→東京21:42
まずは旅の出発点・東京へ。
乗りなれた区間・路線ながら、いつも以上にこの1時間が長く感じられました。

東京駅に到着後、一旦定期で改札を出てから乗車券で再入場。
NEWDAYSで食糧や飲料を買い込んだら、再び東海道線のホームへ上がります。

090_20120506143524.jpg
ホームへ上がると、既に今回乗車する「サンライズ出雲」が待機していました。
092_20120506143524.jpg

097_20120506143523.jpg
東京駅から寝台特急に乗ること――。これは長年の夢…と言うと大袈裟ですが、ひとつの目標でした。
日常的に使う東京駅の東海道線ホーム。
そこから自分の知らない街へ連れて行ってくれる寝台特急。
東京駅から「ブルートレイン」に乗ることは終ぞ叶いませんでしたが、今回、こうして東京駅から寝台特急で旅立てることは感慨深くさえありました。

東京22:00→出雲市9:58
108_20120506143523.jpg
今回は14号車・シングルの2階。
過去二回は「ノビノビ」「シングル1階」だったので、シングルの2階は初めてです。

列車発車直前に車内検札。
斜向かいの女性客は車掌に対し「今回これに乗るの3回目なんだけど、ようやく2階席が取れたの。前も2階席リクエストしたのに1階で…。」と、”文句”とも”喜び”ともつかぬコメントをしていました。

その後間もなく、列車は出雲市に向けてゆっくり走りだしました。長い”夜汽車”の旅が始まります。

109.jpg
早速ベットにゴロン。
連休中で明かりも疎らなビル群を横目に、自分だけの時間に浸ります。

125.jpg
わが町・茅ヶ崎を通過。
こうやって見慣れた駅を寝転がりながら眺める、というのはどこか新鮮な気分ですね。

120_20120506143522.jpg
電気をつけたり消したり。
寝そべってみたり起き上がってみたり…。

129_20120506151459.jpg
23時21分、熱海に到着。
そろそろ眠くなってきたので、音楽を聴きながら体を横にしました。
丹那トンネルを抜けたあたりでイヤホンを外し、そのまま深い眠りへ…。

***************

133_20120506151459.jpg
眼を覚ますと既に日が昇っていました。

この10分ほど後、車内放送が入りました。
本来、車内放送は6時過ぎから再開されるのですが、この時まだ5時半。
不思議に思ってアナウンスを聞いていたところ
「深夜米原付近でシカと衝突し、現在約30分遅れで走行中」とのこと。
この後2回にわたって各方面への乗り継ぎ情報がアナウンスされ、「遅れのお詫び」が繰り返されました。

143_20120506151459.jpg
6時頃姫路に、次いで7時頃岡山に到着しました。
岡山ではホームに降りてみましたが、平日の早朝とあってホームには通勤通学客が多数。
ここでサンライズ瀬戸を切り離し、さらに「やくも1号」を先行させるため10分ほど停車しました。

156_20120506151458.jpg

172_20120506190604.jpg
7:07、定刻から38分遅れて岡山を発車。
倉敷からは伯備線に入り、徐々に車窓の景色はのどかになっていきますが、同時に曇りがちに…。

153_20120510230625.jpg
伯備線内では何度も交換待ちで停車し、その都度遅れ幅が大きくなっていきます。
特に上石見では20分ほど停まり、この時点で1時間ほどの遅れになっていました。

176_20120506153842.jpg
伯耆溝口を過ぎたあたりで車窓に「大山」が姿を現します。
ほどなく山陰本線と合流して米子に停車。

181_20120506153842.jpg
やがて、松江を出ると車窓に宍道湖が見えてきました。
ここで「車窓右手には宍道湖が…」という車内アナウンスが入り、近辺の見所等も紹介されました。

187_20120506153842.jpg
結局、終点の出雲市の到着したのは67分遅れの11:05。
しかし横になれたおかげで、疲れは殆どありませんでした。

189_20120510231548.jpg
一応記念撮影。
ホームでは多くの乗客が思い思いに記念撮影をしていて、寝台特急の根強い人気を再確認できた気がします。

190.jpg
前回は観光する間もなく通り過ぎてしまった出雲市。
初日のメインはここ、出雲市の観光です。

関連記事
スポンサーサイト
2012/05/06 Sun. 16:24 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

いい感じの出発ですね。
夜から始まる旅は何度行っても新鮮味を覚えますよね。
普段の家路が全く違って感じられるような気がします。
今回も旅行記を読ませてもらうのを楽しみにしています。

そういえば先ほど都内の比較的大きな書店に寄ったのですが、旅行関係のフロアに普段では考えられないくらいの人が集まっていました。

もしかすると、今回の連休は天候がよくなかっただけに、夏の旅行計画でもしていたのでしょうね。そんな様子を見ていると、計画を立てるところから旅の楽しみが始まっているんだなあとやや感傷的になっておりました。

mt #- | URL | 2012/05/06 19:51 * edit *

こんばんは。
早速読んでいただきありがとうございます。

やはり夜家を出るということそのものが「非日常」的な行為ですし、そういう意味でいつも新鮮に感じます。
今回の旅行記はかなり長々と書くことになるかと思いますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

確かに今回の連休は天気が良くなかったですね…・
旅行雑誌やガイドブックを読むだけでも「机上旅行」ができますし、計画段階から楽しみが始まっているのは確かです。というか私の場合計画段階が一番ワクワクします(笑
また夏、皆で出かけられたらいいですね。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2012/05/06 21:57 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/332-0138e172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。