04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

『古きを偲ぶ、中国地方一人旅』 その8 

5/3(木) 3日目<後編>

特牛13:38→下関14:56
584_20120508223915.jpg
特牛駅で一人旅の醍醐味を満喫したのち、「みすゞ潮騒2号」に乗車して下関へ向かいます。
幾何学図形と原色を多用した独特の塗装は、みすゞの生きた時代に持て囃された「アールデコ」調。この車両が登場した時は「なんじゃこりゃ」と思ったものでした。
588_20120508223915.jpg
この列車の売りの一つが、ビューポイントでの停車。
特に景色(海)が美しい長門市~黄波戸、長門二見~宇賀本郷、湯玉~小串の3か所で停車時間が設けられており、乗客が車窓を満喫できるように配慮されているのです。

しかしこの日は生憎の天気で、途中からはまた小雨が降り始めました。
画像は2か所目のポイント、長門二見~宇賀本郷ですが、晴れてないと…

598_20120508223914.jpg
こちらは湯玉~小串。
繰り返しになりますが、やっぱり晴れてないと…。。

ちなみに今回は指定席に乗車したのですが、殆ど乗客はおらず、アテンダントの女性も手持無沙汰に見えました。。その他指定席のみのサービスとして、乗車記念証と絵葉書が配られました。

606_20120508225320.jpg
海が見えなくなると徐々に住宅が増え、下関の市街地に入っていきます。
そして1時間20分の乗車の末、下関に到着。
重複区間となる幡生~下関の清算を行い、初めて下関の改札を抜けました。

638_20120508225849.jpg
2006年、それまで下関のシンボルだった旧駅舎が全焼してしまった、というニュースは衝撃的でした。
現在、その東口は御覧の通り復旧していますが、かつての駅舎が戻ることはありません。
また現在も駅構内や駅周辺の改修が行われており、所々囲いがしてありました。

さて。前回は下関で観光する時間が取れなかったのですが、今回は最低限下関の観光地を抑えることにします。
ロッカーに荷物を預け、バスに乗ってまずは壇ノ浦へ。やはり日本史好きとしては一度訪れておきたい場所です。

617_20120508225320.jpg
バス停は「壇ノ浦」ではなく、「御裳川」で下車。
ここは「みもすそ川公園」として整備されており、火の山公園や関門海峡の人道入口などの最寄りにもなっています。
バス停近くには源義経と清盛の子・平知盛の像がありました。

619_20120508225319.jpg
長州砲。ここは攘夷派と外国軍のいわゆる「下関戦争」の際の砲台跡でもあります。
こちら大砲、100円を入れると音と煙が出るようになってます…(笑

636_20120513012912.jpg
関門海峡をゆく客船。
一日およそ700隻の船舶がここを行き交います。

620_20120508225319.jpg
画像右側が関門トンネルの人道入口で、歩いて九州に渡るにはここから。
今回は歩きませんでしたが、歩いて海峡を渡るというのはなかなか貴重な経験になりそうですね。

621_20120508225318.jpg
この後はこのロープウェーに乗って…

623_20120508225318.jpg
火の山公園にやってきました。
「火の山」の名は、かつてここに狼煙台があったということに由来するもの。
一時期は重要な要塞施設として、砲台や弾薬庫などが設置されていたこともありました。

627.jpg
火の山公園と言えば、関門海峡を見下ろすこの絶景!

626.jpg
この2枚は展望台からガラス越しに撮影。

629.jpg
こちらは外のデッキから撮影。

しつこいようですが、天気が良ければ…。
すがるような気持ちで天を見上げても、そこには分厚い雲があるだけでした。

628.jpg
先述のように、火の山公園には要塞として使われていた時代があり、随所にその名残が見られます。
こちらは弾薬庫の跡。この他に砲台跡なども残っているそうですが、今回見つけられたのはこれだけ。

637_20120508225849.jpg
火の山公園を見た後は寄り道せずに駅まで戻ってきました。
下関の見所はまだまだ多いですが、また機会を改めて訪れたいと思います。火の山公園もまた晴れた日にリベンジしたいですしね。

下関17:25→小倉17:39
641.jpg
本当なら下関に宿をとるはずだったのですが、連休中ということでどこも満室。
何とか小倉にホテルが見つかったので、宿泊のためだけに九州に渡ります。

647_20120508225917.jpg
というわけで、関門海峡をくぐって九州上陸。
コンビニ弁当を購入後ホテルに直行し、旅の3日目を終えました。
関連記事
スポンサーサイト
2012/05/13 Sun. 20:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/344-8b66fcae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)