05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

『古きを偲ぶ、中国地方一人旅』 その13 

5/5(土) 5日目<中編>

923.jpg
旅行最終日のメインはここ、尾道。駅前は多くの観光客で賑わっていました。
ロッカーに荷物を預け、観光案内所でもらった地図を頼りに散策開始!
926_20120518232742.jpg

925.jpg
駅前には瀬戸内海が広がっており、それに沿って遊歩道が整備されています。
多くの観光客に交じり、しばらくここを道なりに行きます。

930.jpg
駅から20分くらいは歩いたでしょうか。この先を左に曲がると…

931_20120512171742.jpg
浄土寺があります。線路をくぐって境内へ向かいます。

934.jpg
階段を登りきると本堂と…

935.jpg
阿弥陀堂と多宝塔。
浄土寺は飛鳥時代に聖徳太子が開いたといわれており、本堂と多宝塔は国宝に指定されています。

933.jpg
後ろを振り返るとこんな感じ。
電車が来れば面白い画が撮れたのですが…

938.jpg
この浄土寺から駅近くまでは「古寺巡りコース」として石畳が敷かれており、これに沿って歩くことで、迷わず散策を楽しむことができます。
今回は基本的にそのコースを辿りながらも、所々で寄り道をしながら駅へ向かうことに。

950.jpg

942.jpg
早速石畳のコースから外れ(笑、脇道へ入ってきました。
至る所に細い路地や坂道が伸びており、独特な風景を作り上げています。これぞ尾道。

943_20120512172827.jpg
意を決して?、そのうちの一本を上っていくことにしました。もう、猫にでもなったかのような気分です。
坂は際限なく上へと続いていましたが、意地になって登り続けていくと…

946.jpg
こーんな素晴らしい景色が見渡せました。
まだまだ道は上へ伸びていましたが、それこそきりがないので石畳のコースへ引き返します。

944.jpg
城の石垣を彷彿とさせる、立派な石造りの土台。

949_20120518230821.jpg
迷路のように入り組む細い路地…。

948.jpg
ちらっと見える海が良い雰囲気です。

954_20120512174452.jpg
ほどなく石畳のコースに復帰し、西国寺に着きました。
境内には入りませんでしたが、中には三重塔があります。

957.jpg

959.jpg
その後は素直にコースに従って…。

961.jpg
大山寺の隣にあった御袖天満宮。
尾道にはあちこちに映画やドラマのロケ地が散在していますが、この石段も大林宣彦監督の「転校生」という映画の撮影に使われました。
大林監督は尾道出身で、尾道を舞台に多くの映画を製作。大林作品には至る所に尾道の情景が登場するそうです。
(見たことがないのでわかりませんが…)

962_20120512180033.jpg
境内からの眺め。海はあまり見えませんが、ここからも街を見下ろすことができました。

964-.jpg
何でもない些細な風景が画になります。

966.jpg
千光寺の麓にある艮(うしとら)神社。
境内はやはり大林監督の「時をかける少女」でロケに使われました。
右に写るクスノキは樹齢900年を超す巨木。

965.jpg
艮神社の近くには千光寺に上るロープウィ乗り場がありますが、御覧のとおりの大行列。。
歩いて登るにも体力がいりそうだったので、昼食と休憩を兼ねて近くの食堂に入りました。

1085_20120512180031.jpg
小さな食堂でしたが、メニューに「尾道ラーメン」と書いてあったので迷わず注文。
店主の女性と話しながら食べてたので麺が伸びてしまいましたが、スープがさっぱりしてて美味しかったです。
(尾道ラーメンは平打ち麺が主流とのことですが、必ずしもその限りではないそうです)

967.jpg
昼食後、千光寺を目指してひたすら登っていきます。
道中は何故か若いカップルが多く、肩身の狭い思いをしながらも夢中で階段を駆け上がりました。

画像はその途中、天寧寺の三重塔と街並みを見下ろしたところ。
既に街並みを見下ろせるようになりましたが、ここからさらに上を目指します。

972.jpg
麓から15分くらい登り、ようやく千光寺に到着。
そして、海に面した本堂からの眺めが…

968.jpg
こちら!多少苦労してでも登ってきた甲斐があったというものです。
いつまででも見ていたい景色でした。

正面の島は向島。
奥に見える橋はいわゆる「しまなみ海道」で、尾道から向島、因島、大島などを経て今治へ至っています。

973.jpg
千光寺からは一気に階段を下りて線路際まで戻り、商店街を通って駅へ向かいました。

こうして尾道での散策は終了。
僅か2時間ほどでしたが、尾道らしい印象的な光景に出合うことができ、天気にも恵まれて充実した散策になりました。今回は連休中ということで観光客の姿が目立ちましたが、是非次回は観光客の少ない時期に訪れ、尾道の「日常」を歩きたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
2012/05/18 Fri. 23:01 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/349-83c769f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)