08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

飯田線「秘境駅」巡りの旅 その6 

10/8(月・祝) 3日目-1 【千代駅】
いつの間にかぐっすり寝てしまったようで、目覚めたとき時計の針は6時15分を指していました。
乗る予定の列車は6時13分。

…やばい、寝坊した!

と言っても落ち込んでいる暇は無いので、すぐに歯を磨いて髪を整え、6時半にネットカフェを後にして駅へ向かいました。多少予定変更の必要はありそうですが、幸い急ぐ旅ではないので、時間のやりくりは何とかなりそうです。

339_20121014154030.jpg
ネットカフェ最寄りの元善光寺駅。
元善光寺とは長野などに6か所ある善光寺の「元」となったお寺で、以前は坐光寺と呼ばれていたそうです。駅からは徒歩10分ほど。ネットカフェから駅に向かう途中にも、特徴的なその赤い屋根を見ることができました。

元善光寺6:58→千代7:53
342_20121014154030.jpg
この日最初に向かったのは千代駅。ここも「秘境駅」と呼ばれています。

348_20121014154029.jpg
緑に囲まれてポツンと佇む駅。駅裏手には2軒ほど民家があるのが確認できました。
かつてこの駅で砂利を採取・運搬していたことがあるそうで、豊橋側には引き込み線の跡が残っています。

380_20121014154029.jpg
駅の出入り次は2か所。まずは天竜峡側の出入り口を抜けて川の方へ向かってみます。
畑の間を抜け、竹藪を抜け…。川に向かって一応”道らしきもの”が続いていましたが、竹藪はクモの巣だらけで、もう大変でした…。

358_20121014154939.jpg
苦労して竹藪を抜けると、眼前には天竜川の流れが広がりました。
川の音が聞こえる以外、そこにあるのは純粋な静謐のみ。滞りない川の流れをぼんやりと眺めていると、ここで自分が何をしているのかよく分からなくなりそうでした。

369_20121014154939.jpg
ふと足元を見ると、そこには何やら小動物の足跡が。
キツネか、狸か、猿か…。

370_20121014154938.jpg
上流の方に向かって歩いていくと、ちょうど川下りの船がやってきました。
船頭さんに一瞥されましたが、その表情をうかがうことはできず。
「あいつ何してんだ?」と思われたかもしれませんし、物好きな釣り人か、バードウォッチングか、はたまた何か特殊な嗜好を持った人間だと思われたかもしれません。
こんな場所で人に会うとは想像もしなかったので、どことなく気まずさを感じずにはいられませんでした。

374_20121014154937.jpg
少し歩くと飯田線の鉄橋が見えてきました。ここで8:34発の飯田行きを撮影。微妙…。

344_20121014154028.jpg
この後駅へ戻り、今度は豊橋側にある出入り口から散策に向かいます。
こちらがメインの出入り口で、車でも乗り入れられるように舗装されています。

381_20121014154936.jpg
利用者がいない自転車置き場。注意書きが空しい…。

382_20121014155133.jpg
駅と自転車置き場。

383_20121014155132.jpg
駅前の道を進んでいきます。
5分ほどこんな鬱蒼とした木々の合間を歩き…

386_20121014155132.jpg
そこを抜けると今度は急坂。
この先に集落があるようですが、列車の時間も迫っていたのでここで散策終了。駅へと引き返しました。

<千代駅>
秘境度(周辺の民家の数など)       ★★★★☆
到達困難度(車やバイクで訪れられるか否か)★★☆☆☆
周辺の景色                ★★★★☆
トータルの雰囲気             ★★★★☆
周囲には人家と畑があり、生活の気配を感じられます。また駅までも舗装道路が伸びているため、列車以外での到達も難しくはないと思われます。そのため他の駅に比べると「秘境感」はやや劣るものの、ここも驚くべき静寂に支配された孤独な駅です。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
2012/10/15 Mon. 21:36 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

ご旅行お疲れ様でした。秘境駅の静かな雰囲気が伝わってきました。何もない所にいながら贅沢な時間を過ごすと、普段見向きもしないような発見に恵まれ、風景写真を撮影する魅力も増しますよね。

静岡県内の在来線の輸送に関しては、JR東海の方針が窺える部分がありますね。普通車をロングシート化することにより混雑を緩和し、編成両数を減らすことでコスト減を図るのが狙いなのでしょうが、旅行者と通勤通学利用者を新幹線と在来線にはっきりと分ける狙いも感じられます。

旅行やビジネス利用を含めた長距離輸送は航空機との競合になるので、どうしても新幹線に乗客を誘導せざるを得ないのでしょうね。混雑緩和のため、地域利用者以外には「できるだけ在来線に乗ってもらいたくない」とでも言いたそうです。。。

土日きっぷを含め、魅力的だったお得なきっぷの廃止が続いているところを見ますと、サービスがビジネス利用や行楽利用に傾いており、一人旅にはなかなか厳しくなってきそうですね。

mt #- | URL | 2012/10/14 22:59 * edit *

ありがとうございます。
そうですね。何と言うか、秘境駅に行くと凄く純粋な視点で物事を見れるというか、ある意味童心に帰ることができる感じがします。昆虫観察なんかしたのは何年ぶりでしょうか…(笑

確かにそうですね~。
東海側は「長距離利用者は新幹線を使う」という前提で設備やダイヤを組んでいるのでしょう。そういう意味で、無用な混雑をもたらす18切符利用者は東海としても決してありがたいものではないのでしょうね…。リニアが開業するとますますこの現象が顕著になるのかもしれません。

切符は確かに随分減りましたね。土日切符の廃止にはじまり、今年からはゾーン切符のエリアも縮小されましたし…。
今後の人口減少の中でいかに利益を増やすかと考えた時、やはり18切符のような安い切符よりもビジネスやシニア層に向けた商品が充実していくのは無理からぬことかもしれませんね。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2012/10/15 18:21 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/426-23c83de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。