10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

カナガワdiscovery 

<東京湾の無人島>
今日の授業休講日。加えて朝から天気も良かったため、少し出かけてきました。

大船8:52→横須賀9:18
001_20121024212835.jpg
訪れたのは横須賀。アメリカ海軍基地の街として知られ、海軍カレーやスカジャンは全国的にも有名。
以前から気になっていた街ですが、下車するのは今回が初めてです。

006_20121024212834.jpg
駅前にはヴェルニー公園という公園があり、そこからは自衛隊の横須賀地方総監部が見えます。
何隻か護衛艦が停泊中で、中央に見える104と書かれた船は護衛艦「きりさめ」だそうです。

009_20121024212834.jpg
風が強めでしたが、天気が良くて絶好の散策日和。

019_20121024212833.jpg
三笠公園を目指してのんびりと横須賀の街を散策。
街自体は至って普通の街ですが、所々こうした英語表記のお店があったり…

021_20121024212833.jpg
こんな看板があったり…。
こういうのを見ると、やはり基地の街だなぁと感じます。

022_20121024212833.jpg
こちらは国道16号から京急横須賀駅に繋がるメインストリート。
閑散としたJR横須賀駅周辺に比べ、京急横須賀駅周辺はかなり賑わっています。

024_20121024214943.jpg
「三笠公園入り口」と書かれた交差点で曲がり、路地に入りました。
そこには海軍基地の向かいに幼稚園があるというシュールな光景が…。(奥が海軍基地)
基地の周りってもっと近寄りがたい雰囲気なのかと思っていたのですが、この他にも付近には専門学校や大学、小学校などが集中していて、少々意外でした。
実際に行ってみないと分からないことも多いものです。

027_20121024214942.jpg
駅から25分ほど歩き、三笠公園に到着。記念館三笠が出迎えてくれます。

033_20121024214942.jpg
しばらく公園内をブラブラ…。

037_20121024214941.jpg
海の向こうに見えるのは東京湾唯一の無人島「猿島」。
次はここを目指します。

028_20121024214941.jpg
ここを入ってチケットを買い…

043_20121024214940.jpg
この船に乗って島へ向かいます。
船は1時間に一本程度、冬季以外は毎日運航されていて、乗船料は往復1200円。
平日ながら、乗客は老若男女20人以上いました。

三笠桟橋10:30→猿島10:40
048_20121024220726.jpg
定刻通り出港!

053_20121024220725.jpg
次第に小さくなっていく横須賀の街。
昨日の悪天候の影響で海は時化ていて、船はかなり揺れました…。飛行機はだいぶ慣れましたが、船はいまだに苦手です…。

056_20121024220725.jpg
10分ほどで島に到着。

058_20121024220724.jpg
桟橋を渡り、いよいよ猿島に上陸です。

064_20121024220723.jpg
基本的には無人島ですが、夏季限定で「海の家」やバーベキュー用品などを貸し出すレンタルショップがオープンします。そのため桟橋周辺には色々建物が建っていて、トイレなども完備されています。

060_20121024220724.jpg
桟橋と、その向こうに見える横須賀の街。

067_20121024221719.jpg
夏場はこのボードウォークでバーベキューが楽しめるようです。
先述のとおり必要な用品はここで貸し出してくれるので、準備するのは食材だけ。しかもすぐ近くで海水浴もできるので、シーズンはかなり賑わうでのしょう。

068-_20121024221719.jpg
島は横浜スタジアム4個分の大きさ。ぐるっと回って1時間ほどです。

070_20121024221718.jpg
さて。早速島の探検に出かけます。

074_20121024221718.jpg
まず細い道を歩いていきます。↑の地図を参照にしていただくとわかりやすいかもしれません。

079_20121024221717.jpg
少し歩くと広場のような場所に出ました。展望台らしき建物がありましたが、入ることはできず…。

080_20121024221717.jpg
その先に進んでいき、左に曲がると何やらトンネルが…。
探索気分が盛り上がります(笑

081_20121024222850.jpg

084_20121024222849.jpg
トンネルを抜けると…

093_.jpg

102_20121024222848.jpg
何やら雰囲気ある場所に出ました。
猿島は元々明治初期以降に要塞として利用されていた島。今も各部にその遺構が残っていて、ここもそのうちの一つのようです。近くには「第一砲台」という説明書きがありました。

098_20121024222848.jpg
苔むしたレンガに歴史を感じます。

106_20121024222847.jpg
近くには長いトンネルがあります。通称「愛のトンネル」という日本で二番目に古い「フランス積み」レンガの洋式トンネル。先程示した地図に書いてある「トンネル」というのはここのことを指しているようです。

115_20121024224642.jpg
その「愛のトンネル」の向かい側にはもう一本トンネルがあり、ここをくぐって「三叉路」の方へ向かいます。

118_20121024224642.jpg
その三叉路から東に歩いていくと海を望む広場に出ました。
ここは景色が良く、居心地最高でした。

123_20121024224641.jpg
さらに岩場に降りる階段があったので降りてみることに。

126_20121024224641.jpg
階段の先にあるのは島の東端、「オイモノ鼻」。絶好の釣り場だそうです。

134_20121024224640.jpg

131_20121024224641.jpg
その後島の北西へ。
所々にこうした砲台跡が残っていました。説明書きによれば、江戸時代に日本初の台場が設置されたのがこの猿島だったそうです。

137_20121024225924.jpg
島の西端(北端?)・ヨネノ根に向かう急な階段。ここを下りていきます。

140_20121024225924.jpg
その先にあるのが「日蓮洞窟」。
弥生人が住居として利用していたとされる洞窟で、日蓮上人が難破した際に猿に導かれてこの島に至った、という言い伝えから「日蓮洞窟」の名がつけられたようです。猿島という名もそこから来たのだとか。

158_20121024225924.jpg
日蓮洞窟を見た後、先程の「愛のトンネル」まで戻ってここを抜けます。
それにしても、よくこんなにも大量のレンガをここまで運び、そして積んだものだと…。

160_20121024225923.jpg
トンネルの中にも地下施設があります。個々の用途はいまだ不明らしいですが、主に弾薬庫として使われていたと考えられているようです。

163_20121024225923.jpg

165_20121024225922.jpg
トンネルを抜けて振り返った所。

173__20121024231131.jpg
「愛のトンネル」から桟橋に向かう散策路の両側にはいくつもの弾薬庫があり、明治初期建造当時のままの姿で残されています。この辺りがもっとも猿島らしい場所かもしれません。

179_20121024231130.jpg
帰りの船の時間が迫ってきたので、桟橋近くまで戻ってきました。
人が多くて「無人島」気分を味わうには多少無理がありましたが、都心近くにこんな場所があるんだという発見があっただけでも来た甲斐があったというもの。次は夕暮れの時間にでも来よう…そう思いながら、船に乗りこんで島を後にしたのでした。
猿島11:45→三笠桟橋11:55

186_20121024231130.jpg

188_20121024231129.jpg

189_20121024231129.jpg

193_20121024231128.jpg
その後は折角なので記念館三笠を見学。
「戦艦三笠」は日露戦争においてバルチック艦隊を破った連合艦隊の旗艦船として活躍し、1926年からここに保存されています。
内部は驚くほど広く、展示物も非常に充実。全てを見ようと思ったら何時間もかかってしまうので、適当にかいつまんで30分ほど見学。

200_20121024232441.jpg
中にはこんな豪華な部屋も…。

201_20121024232441.jpg
こちらは東郷平八郎が滞在していたという部屋。

208_20121024232440.jpg
三笠を見学し終えた後友人と合流し、横須賀中央駅周辺を散策。

__ (17)
たまたま目に入ったカレー屋さんで昼食に。
海軍カレーというわけではありませんが、それでもまろやかで美味しいカレーでした。

213_20121024232440.jpg

211_20121024232439.jpg
それからドブ板通りをそぞろ歩き。
平日だからか思ったより活気がなく、何となく期待外れでした。また休日に来れば雰囲気も違うのかもしれませんが…。

こうしてドブ板通りを一通り歩いてから汐入駅に向かい、京急で次の目的地を目指したのでした。

関連記事
スポンサーサイト
2012/10/24 Wed. 23:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/432-4139f638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。