07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ゆけむりと錦秋の列車旅 その8 

11/4(日) 4日目<前編>
旅4日目。仙台市街のカプセルホテルで一晩を明かして迎えたこの日は、朝4時30分に起床。
ホテルから駅までは徒歩20分強の距離なので歩くつもりだったのですが、思いのほか時間ギリギリになってしまったので、結局タクシーを使って駅へ向かいました…。

仙台5:13→松島海岸5:51
752_20130114150054.jpg
この日最初に向かうのは日本三景・松島。
仙石線に乗って最寄りの松島海岸駅を目指します。

753_20130114150053.jpg
先頭車はロングシートにもボックスシートにもなるという、いわゆる2WAYシート。
私が乗った時は御覧の通りセミクロス配置になっていましたが、通勤ラッシュ時には窓に背を向けたロングシート配置に、日中はクロス配置になるのでしょう。

754_20130114150053.jpg

755_20130114150053.jpg
松島海岸で下車。

756_20130114150053.jpg
駅周辺には土産屋などが並び、綺麗に整備されています。さすが一大観光地です。
もちろんまだ店は開いていませんし、人も歩いていませんが、個人的にはこういう静かな観光地の方が好きだったりします。

763_20130114150053.jpg
駅名の通り、駅のすぐそばには海。
赤みがかった空をバックに、小島がいくつも浮かぶ光景は中々幻想的でした。

768_20130114150257.jpg
折角なので、鞄から望遠レンズを引っ張り出して一枚。
この景色が見れただけでも、わざわざ始発で松島に来た甲斐があったというものです。

764_20130114150257.jpg
道なりに歩いていくと、国の重要文化財になっている五大堂がありました。現在の建物は1604年に建てられた、東北最古の桃山建築だそうです。
また手前に架かる橋は「すかし橋」と言い、足元の隙間からは海が見えるようになっています。これは五大堂へ行く際に足元を見て気を引き締めるためなんだとか。

五大堂の周りではラジオ体操をしている方々がいたので、邪魔をしないようにそそくさと退散。。

770_20130114150257.jpg
駅から15分ほど歩き、福浦島の入口に到着。
日中この橋を渡るには通行料が必要ですが、夜間早朝は無料。「早起きは三文の得」という諺もあながち馬鹿に出来ません(笑

その橋を渡って福浦島を散策します。

782_20130114150256.jpg
散策路の途中には展望所がありました。

778_20130114150257.jpg
そこからの眺め。これぞ「松島」といった景観が広がっています。
全ての島にそれぞれ名前が付いているのですが、どの島が何と言う名前なのかはよく分かりません。随分小さな島も見えますが、あの島にも名前があるのでしょうか。

784_20130114150256.jpg
福浦島はぐるっと歩いて30分程度の大きさ。朝の散歩にはちょうどいい距離でした。

787_20130114150512.jpg
ちょうど帰る頃になって、雲の間から日が出てきました。
この台詞、もう何度目か分かりませんが、「どうせならもう少し早く出て欲しかった…」。

791_20130114150512.jpg
こちらは先程渡った福浦橋。長さは252mあり、別名「出会い橋」とも。
松島町のHPによれば「素敵な出会いが訪れる橋」らしいのですが、この時は釣り人のおじさんにしか出会えず…(苦笑

さて、この後は駅に戻ります。
予定では、来た時と同じように松島海岸駅から仙石線に乗るつもりでした。でも同じ道を戻るのもつまらなかったので、近隣にある「松島駅」まで歩き、そこから東北本線に乗ることに。仙石線に比べて、東北本線の方が仙台駅での乗り換えがラク、というのも頭にありました。

795_20130114150511.jpg
そんなわけで松島駅に到着。実は以前にも松島を訪れたことがあり、その時はこちらの松島駅からアクセスしたのですが、当時は駅から海岸までは随分遠く感じたものでした。しかし実際歩いてみると20分もかからず、思ったより早く駅に到着。一本早い電車に乗ることができました。

松島7:20→仙台7:48
仙台に戻り、今度は仙山線に乗り換えます。

仙台8:15→北山形9:25
796_20130114150511.jpg
仙山線の快速列車、山形行き。
6両編成ながら車内は結構混んでいて、私のボックスも相席に。恰好から察するに、山寺辺りに行く人が多いようです。

797_20130114150511.jpg
愛子駅を出ると景色は一気に変わり、ここからが仙山線の見せ場になります。
この辺りは晴れていたものの徐々に雲が増え…

800_20130114150511.jpg
臨時駅の八ツ森を過ぎる頃にはすっかり”どんより”とした空に。
ところでこの八ツ森駅はいつまで臨時駅扱いなのでしょう…。

807_20130114150709.jpg
仙山線は沿線の紅葉が美しいことでも知られていて、去年に続き今年もその絶景を堪能。特に面白山高原の辺りが見頃で、他の乗客も写真を撮ったり、歓声をあげたりしていました。
ちなみに仙台から乗ってた乗客の殆どは、案の定山寺で降りていきました。皆さんの目当ては紅葉狩りだったようです。

809_20130114150708.jpg
終点の山形の一つ手前、北山形で下車。察しの良い方なら、この後どこへ向かうかお分かりでしょう(笑

810_20130114150708.jpg
北山形の駅舎。駅前には整然と自転車が並んでいて、それなりに利用者が多いことを示しています。

812_20130114150708.jpg
西口側にも専用の駅舎があります。元々はこちらが北山形の本駅舎だったようで(当初は左沢線の駅として造られた)、東口よりも年季が感じられました。
(手前に車が停まってたので、中途半端な構図になってしまいました…。)

北山形9:36→左沢10:14
815_20130114150708.jpg
ここからは初めての左沢線に乗車。左沢線の起点はここ・北山形ですが、実際には全列車が山形に乗り入れているため、ホームに入ってきた列車の座席は既に半分ほど埋まっていました。

1317_20130114150708.jpg
途中の羽前山辺辺りまでは住宅街が続き、その先は田んぼと果樹園が車窓の友。

818_20130114150852.jpg
特に左沢線の沿線には果樹園が多く、「フルーツライン」という別名が冠せられているほど。
山形と言えばサクランボやラ・フランスなどが有名ですが、今の時期はリンゴがあちこちに実っていました。

1316_20130114150852.jpg
途中には「羽前金沢」という駅があったり、「羽前長崎」「羽前高松」という駅があったり…と、わずか24.3kmの路線の中に3つも県庁所在地の名がつく駅があります。まぁ、どうでもいいのですが…(笑

819_20130114150852.jpg
しばらくは果樹園と田んぼの景色が続き、柴橋駅を出ると大江町の街並みが見えてきました。終点は間もなく。

821_20130114150851.jpg
そして終点の左沢に到着。左沢と書いて「あてらざわ」と読む難読地名です。
その地名の由来には諸説あるようですが、一番有力なのは「あちらの沢」が転訛したというもの。かつてこの辺りの領主だった大江氏が山に登って西の方を眺めた際、左手に見える山谷を「あちらの沢」と言ったというのです。逆に、右の沢は「こちらの沢」だそうで、もし右沢という地名があったならば「こてらざわ」などと呼ばれていたのでしょう。

822_20130114150851.jpg
駅舎。ここは雨が降っていました。

825_20130114151055.jpg
駅舎左の”麦わら帽子”のような形をした建物は「大江町交流ステーション」となっていて、中には色々な展示物があったり、ホールや会議室があったりします。
横手駅にしても、そしてこの左沢駅にしてもそうですが、こういう駅の使い方って良いなぁと思います。こういった駅は今後も各地で増えていくのでしょうね。

824_20130114150851.jpg
駅前の様子。大江町の中心地です。

左沢10:21→山形11:02
左沢での滞在時間はたった7分。駅前をざっと見た後、すぐに折り返しの列車に戻りました。
帰りは寒河江から一気に混み、終点に着く頃には立ち客も。意外と利用者は多いようです。

山形11:07→赤湯11:33
827_20130114151136.jpg
山形からは新幹線。やはり本数が少ない以上、背は腹に代えられません…。
僅か5分の乗り換え時間でしたが、一旦改札を出て特急券と乗車券を買い、新幹線乗り場へと急ぎました。

830_20130114151136.jpg
降りたのは赤湯。
次回に続きます。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/14 Wed. 22:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/445-957b14ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。