10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ミカンと海と、坂道と… 

先週の日曜日(11/18)、また県内を散策してきました。

001_20121119193623.jpg
スタート地点は小田原駅。ホントは隣の早川で降りるつもりだったのですが、乗った列車が小田原止まりだったのでここで下車。天気も良かったので、ここから早川駅を目指して歩くことにしました。
002_20121119193623.jpg
その途中、何となく一枚。

009_20121119193622.jpg
小田原駅から歩くこと約30分、早川駅に到着。

016_20121121205722.jpg

008_20121119193622.jpg
早川の駅舎は開業当時からのものだそうで、今年で90歳を迎える木造駅舎が健在。都内で現存する最古の木造駅舎は1924年に建てられた原宿駅ですから、これはそれよりも古いことになりますね。円柱形のポストもいい味出してます。

020_20121119193621.jpg
駅のすぐ近くには小田原漁港があります。折角なのでここに立ち寄って…

021_20121119193621.jpg
近くの食堂でお昼を。鯵が有名だそうなので「鯵丼(1000円)」を注文しました。
肉厚で新鮮な鯵は漁港ならでは。美味しかったです。

022_20121119193750.jpg
さて、昼食を食べ終えたら早速散策を開始します。
今回は「早川・片浦ウォーキングトレイル」(詳しくはこちら)というコースに沿って、根府川駅までの11.5kmを歩くことにしました。

028_20121119193749.jpg
早川駅を出ると間もなく、長い長い坂道が行く手に立ちふさがります。(画像は後ろを振り向いて撮ったもの)

037_20121119193749.jpg
少し登った所で後ろを振り返ると、眼下には小田原の街と太平洋を一望できました。

040_20121119193748.jpg
まだまだ登り坂は続き…

042_20121119193748.jpg
ひたすら登って…

045_20121119193747.jpg
早川駅から30分ちょっと、たどり着いたのは「石垣山一夜城」。豊臣秀吉が小田原征伐の際に築いた城で、敵に気付かれないように城を造営し、完成後に周囲の木々を伐採したことで、あたかも一夜にして城を造ったように見せかけたという言い伝えがあります。一夜城の名はこれに由来するもの。

069A.jpg
その本丸跡には展望スペースがあり、そこから小田原の街を一望できました。
肉眼だと、一夜城の敵地となった小田原城の姿をとらえることもできます。一応画像の左の方に小田原城が写っていますが、お分かり頂けるでしょうか…?(画像は少し編集してあります)

081_20121119193929.jpg
この石垣は建造当時のものだとか。

083_20121119193929.jpg
30分ほど城址を見学した後、先を目指してまだまだ歩きます。
こちらは広域農道。車道は途中で通行止めになっているため、車は一台も見かけませんでした。

088_20121119193929.jpg

093_20121119193928.jpg
道路の所々から海が望めました。

095_20121119193928.jpg
しばらく行くと、整備された広域農道は途切れ…

097_20121119194041.jpg
こんな細い道に。前日の雨の影響で、足元が滑って大変でした…。

103_20121119194040.jpg
コースの途中途中にはこんな看板があるので、迷うことはありません。
まだまだ根府川駅は遠い…。

105_20121119194040.jpg
その後、正面に海、左にミカン畑を見ながら、細い坂道を下っていき…

108_20121119194039.jpg
正面に石橋鉄橋が見えてきたところで右に曲がります。この先の坂道を登っていくと…

112_20121119194039.jpg

115_20121119194037.jpg

118_20121119200451.jpg
東海道線の有名撮影地に到着。折角なので、新幹線や東海道線を何本か撮影。

125_20121119200451.jpg
近くではちょうどミカンの収穫作業が行われていました。

126_20121119200450.jpg
「収穫風景を撮らせてもらっていいですか?」と一声かけ、快諾を頂いたので、作業の様子と列車と絡めてもう一枚。
ちょっとイメージとは違う写真になってしまいましたが、まあこれはこれでいいかな…?

撮影後、「お邪魔しました!」といって帰ろうとすると「これ持ってきなよ。無農薬のミカンだから」といってもぎたてのミカンを下さいました。かえって申し訳ないことをしてしまった気がしますが、ありがたく頂戴しました。頂いたのは今が収穫時期の「早生」みかん。通常のミカンはこれから1月頃にかけてが収穫時期だそうです。

135_20121119200450.jpg
最後にミカンと列車を。青いネットが邪魔ですが…。

145_20121119200449.jpg
その先も海を見ながら歩きます。この辺りは景色が良いのですが、だんだん曇ってきてしまいました…。

149_20121119200449.jpg
またも線路を見下ろすポイントがあったのでここでも一枚。海の向こうに浮かぶのは伊豆大島でしょうか。

152_20121119200605.jpg
少し歩くと「佐奈田霊社」に到着。この辺りは源頼朝が平氏追討のために挙兵した場所で、それに参戦し、討ち死にした佐奈田与一を祀ったのがこちらの霊社なんだとか。

159_20121119200605.jpg
その後も海とミカンを見ながら坂道を下っていき…

161_20121119200604.jpg
米神踏切に到着。ここは有名撮影地として知られていて、この日も貨物狙いだという撮影者が数人待機していました。何が来るのか気にはなったのですが、どのみち望遠レンズを持ってこなかったので、ここは素通り。

ふじぶさ12
以前はこんな写真を撮りに、よくこの辺りを訪れたものでしたが…。あれからも早4年。。

166_20121119200604.jpg
その米神から根府川駅までは30分弱の距離ですが、この散策路は遠回り。
鬱蒼とした坂道を登っていきます。

172_20121119200603.jpg
また随分登ってきました。ここも列車を撮るには良さそうです。

178_20121119200735.jpg
というわけで1枚。よく見るとピントが合ってません(>_<)

183.jpg
その先でこんなものを見つけました。この辺りは急斜地にミカン畑が点在しているため、このようなミカン運搬用の機械があちこちで使われているのです。
その名も「みかん運搬機」。まんまです(笑

184_20121119200734.jpg
それから橋を渡り…

186_20121119200734.jpg
またまた登り坂!

189_20121119200733.jpg
もうさすがにきつかったのですが、頑張って10分ほど坂道を登っていくと「ヒルトン小田原リゾート&スパ」に出ました。散策路はこのホテルの敷地に続いているのです。
それにしても、こんな場所にこんなホテルがあるとは…。

192_20121119200733.jpg
広い広いホテルの敷地を抜けるのには20分近くかかりました…。

194_20121119200851.jpg
ようやくホテルを抜けると、根府川駅まではあと1km弱。もう一息です。

199_20121119200850.jpg
オレンジ色の橋を渡りきると、「白糸川鉄橋」が見えました。
どうにかしてこの橋の全景が見れないものかと思い、コースから逸れてあちこちウロウロし…

203_20121119200850.jpg
ようやく全景が見える場所を発見。
かつては東海道線屈指の撮影地だった白糸川鉄橋ですが、側面に防風ネットが張られ、今は撮影には不向きになってしまっています。でもその存在感は健在。今でも根府川のシンボルです。

207_20121119200849.jpg
この後一旦橋の真下まで降り、一通り満足したところで駅へ向かいました。

214_20121119200849.jpg
そして小田原駅からおよそ5時間、14km弱の散策の末根府川駅に到着!

222_20121119200849.jpg
ホームから見る太平洋。この駅に来るのも随分久々です。

225-.jpg
ふと跨線橋を見ると、一部分だけが不自然に綺麗になっていました。

224_20121121204459.jpg
随分古そうなこの跨線橋ですが、役目を終える時が近づいているのかもしれませんね。

218_20121119201017.jpg
というわけで今回の散歩はここまで。
アップダウンに富んだコースでかなり体力を奪われましたが、景色も良くて楽しい散策になりました。また今度、空気の澄んだ冬にでも訪れたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/21 Wed. 21:10 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/452-6454e442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。