05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

日帰り 身延線の旅 ~その1~ 

今年も冬の18切符シーズンが始まりました。
その解禁日初日(12/10)。卒論も目途がついてきたということで、早速18切符を使った小旅行に行ってきました。タイトルの通り、今回の旅先は身延線。その旅の一部始終を画像メインでご紹介いたします。
(写真が多いので、3回程度に分けて書いていきます。)


12/10(月) <前編> 
茅ヶ崎5:56→小田原6:21
まずは東海道線で身延線の起点・富士を目指します。

小田原6:22→熱海6:45
003_20121211164034.jpg
小田原から乗り換えた列車はE231系の5両編成。一日数本(2本?)、平塚~熱海ではこうした短編成の列車も運転されています。
(画像は熱海にて)

__ (21)
根府川付近でちょうど空が白んできました。今日は良い天気になりそうです。(画像はiphoneにて)

008_20121211164033.jpg
熱海で浜松行きに乗り換え、富士駅に到着。
通勤時間帯ということで列車はそこそこ混んでいましたが、幸いずっと座れました。

005_20121211164033.jpg
富士駅の周囲には製紙工場が多く、駅のぺデストリアンデッキからもその煙突が多数見受けられます。
画像左が大王製紙、左奥が大興製紙で、そして右奥に見える煙突はおそらく日本製紙のもの。紙を運ぶための貨物駅もあり、近年まではワムを使って紙輸送が行われていました。
それにしても、どういう経緯でこの一帯に製紙工場が集中したのでしょうか。ちょっと興味深いですね。

010_20121211164032.jpg
この後ホームへと戻るとちょうど身延線の列車が入線してきました。東海ではおなじみの313系です。

IMG_1927.jpg
2007年までは115系と123系(画像右)などが走っていましたが、それももう5年も前のこと。
(画像は2006年頃 富士駅にて)

富士7:45→富士宮8:03
011_20121211164030.jpg
列車は半分以上座席が埋まった状態で富士駅を発車。途中駅からも乗り込んでくる人が多く、いつの間にか結構な混雑になっていました。そんな車内ではカメラを出したくなかったのですが、あまりにも富士山が綺麗だったのでつい一枚…。富士根駅にて。

014_20121211171337.jpg
列車は富士山を望みながら走っていき、富士宮駅に到着。殆どの乗客がここで降りたので、私も流れに乗って(?)途中下車してみることにしました。

015_20121211171336.jpg
駅前ビルの合間からは富士山!

016_20121211171336.jpg
その富士山の全景を見れる場所は無いかと探しつつ、街中を散策します。
駅前の道路は綺麗に整備されていて、とても歩きやすかったです。

021_20121211171335.jpg
駅から10分ほど歩き、やって来たのは浅間大社。

024_20121211171334.jpg
坂上田村麻呂が平城天皇の受け、この地に社殿を造営したのが始まりと言われています。御神体は背後にそびえる富士山。起源は前27年にまでさかのぼるそうで、古来から富士信仰の中心地として、特に朝廷から篤い信仰を受けてきた神社です。
ちなみに、富士山頂にはこの神社の奥宮があります。(画像は楼門)

025_20121211172549.jpg
そして社殿。楼門とともに徳川家康が造営したものだそうで、今も一部を除き、当時のまま残っています。
境内には静岡テレビのカメラマンが数人待機していましたが、何かの取材があったのでしょうか。

022_20121211171335.jpg
神社の近くには「湧玉池」という池がありました。
富士山の雪解け水が地下を通って湧き出しているもので、その水質は抜群。平成の名水百選であると同時に国の特別天然記念物でもあり、近くには水飲み場も備えられています。
(この時は水飲み場の存在に気付かず、素通りしてしまったのですが…)

033_20121211172548.jpg
そしてそして、その神社の近くから望んだ富士山がこちら!
いやー、ホントに素晴らしいですね。

035_20121211172548.jpg
こうして浅間大社の周りを散策した後、ブラブラ駅に戻ります。

036_20121211172547.jpg
富士宮といえばやはり富士宮焼きそば。あちこちに、こうした幟の立ったお店が散見されました。
もちろん是非とも味わいたいところだったのですが、この時まだ朝の8時半。残念ながら開いてる店を見つけることはできず、今回は断念。
次こそは!

037_20121211172547.jpg
こちらは駅前の通りと交差する、県道180号。車通りも多くて比較的賑やかな通りです。
駅前通り同様、ここも電線がなく、歩道も広くて綺麗な道でした。
賑やか過ぎず、かといって寂れているわけでもなく、街の規模もいわば必要にして十分な感じで、なかなか住み心地の良さそうな場所だなぁ、というのが街を歩いてみての感想。

038_20121211172546.jpg
駅に戻ってきました。
1番線のホーム(左)がやたらと長いのが印象的でしたが、線路の状態を見るに、最近は使われていないようです。

富士宮8:46→西富士宮8:48

050_20121211172954.jpg
次の列車は隣の西富士宮止まりでしたが、ひとまず西富士宮まで移動。

044_20121211172954.jpg
駅舎は木造。wikipediaによれば「改装済み」だそうですが、開業当初の駅舎なのかどうかは不明。
駅員配置駅で、利用者は1日1400人程度いるようです。

040_20121211172953.jpg
右が富士方面、左が甲府方面の時刻表。
富士~西富士宮駅までは列車本数が多めに設定されている一方、この先の区間は列車が大変少なく、3時間ほど間が開くケースもあります。もっとも、これ以外に特急が7往復あるので、他のローカル線に比べれば大分マシです。

045_20121211172953.jpg
駅前には商店街が広がっていました。

046_20121211172952.jpg
昔ながらのお店が軒を連ねています。

048_20121211172952.jpg
でも、営業をやめてしまった店も多いようで、こちらの「後藤酒店」はセブンイレブンになってしまっていました…。
うちの近所にも同じように酒店→コンビニという例があるのですが、やはり酒店にとって、コンビニの進出は大きな打撃だったのでしょうね。

053_20121211173047.jpg
ざっと駅前だけ見て、駅に戻ってきました。
甲府行きの列車に乗り込んで…。さあ、先へ進みましょう。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
2012/12/12 Wed. 21:21 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/482-37936e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)