04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

多事多難!厳冬の北海道一人旅 vol.序 

年が明け、耳慣れない”2013”という年がやってきました。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
さて。新年早々ですが、また新たな旅行記を書いていきたいと思います。毎度稚拙な文章と写真で申し訳ありませんが、ご笑覧頂ければ幸いです。

<プロローグ>
卒論を書き終わったらまた旅に出よう…そんなことを考え始めたのは11月上旬。つまり、前回の東北旅が終わってまだ間もない頃でした…(苦笑)
卒論が終われば冬休み。折角の長期休暇なので「どっか遠く」に行くというのは規定路線だったのですが、その中で、私の心は最後まで北海道か九州かで揺れていました。というか、元々北海道は春休みに流氷目当てで行くつもりだったため、今回は九州が旅の第一候補だったのです。でも、改めて「本当に自分が今行きたいのはどこか」…胸に手を当ててそう考えたときに、天秤が傾いたのは――北海道。「冬の北海道」という憧憬の土地に一日も早く降り立ちたい…そんな思いが強かったのだと思います。こうして、行き先が決まりました。
行き先が決まれば、今度は計画段階。今回は旅の期間が年末に近く、交通機関や宿の混雑が心配だったので、いつもより一足早く計画を立てる必要がありました。――というのは建前で(もちろん、ウソではありませんが)、あまりプランニングが遅くなると卒論の作成にも支障が出てしまうので、卒論の追い込み前に全ての準備を終えておきたかったというのが本音です。そんなわけで、少し急ぎ気味に予定を立てた結果、旅の一か月前には全ての計画が固まりました。
こうして迎えた今回の旅。最初から最後まで波乱尽くしの、まさに「多事多難」な道中となりましたが、その一部始終をまとめていきたいと思います。


12/22(土) 0日目
金曜日に卒業論文を提出し終え、迎えた出発の日。
この日の夜は先生を招いて高校の”プチ同窓会”(参加者7人程度)があったため、それに参加しました。本当はこの同窓会、金曜日の予定だったのですが、幹事の都合が悪いとのことで急遽土曜日になってしまったのです。これがまず最初の誤算でした。
同窓会は17~19時でしたが、19時まで参加しているとホテル到着が遅くなってしまうため、やむなく途中退席。その後、ロッカーに預けてあった荷物を背負って今宵の宿泊地に向かいました。3連休の初日ということで、横浜の駅は大分混雑していました。

横浜18:42→成田空港20:53(+遅れ約100分)
001_20121230144850.jpg
2時間以上の長丁場なので、ここはグリーン車を利用。

その後順調に走り続けていた列車ですが、千葉駅停車中にそのハプニングは起こりました。時間にして、20時少し前のこと。
「えー、お客様にご案内いたします。只今この先の物井~佐倉間で人身事故が発生いたしました。そのため、この列車もしばらく当駅で運転を見合わせます。」

何と、早速のアクシデント!今日は成田空港が最終目的地とはいえ、あまり遅くなるようでは困ります。困ったなぁ…と思って続報を待っていると、しばらくして再びアナウンスが入りました。
「只今怪我をされた方の救出活動を行っていますが、救出に困難を伴っており、運転の見込みが立っておりません。恐れ入りますが、振り替え輸送をご利用ください…」

どうやら事態はかなり深刻な模様。でもグリーン車にいる分には快適ですし、振替乗車の長い列に並ぶのも嫌だったので、結局振り替えは使わずにひたすら車内で待ち続けました。運転再開見込みは当初21:00だったものの、その後21:30に変更。待てど暮らせど列車は動かず、結局列車が運転を再開したのは、事故から1時間半ほど経った21:28のことでした。。

002_20121230144849.jpg
そんなことがあって、ようやく成田空港に到着。既に時計の針は22:30を指していました。

003_20121230144849.jpg
その後、タクシーで今宵のホテルへ。本当ならもっと家を早く出てホテルでのんびり過ごしたかったのですが、その目論見は二重の誤算に阻まれ、のんびりするどころか満足に睡眠をとることもできませんでした…(泣 旅特有の高揚感は無く、ただただ初日からげんなりです。

空港近隣に宿をとったことからも察していただけると思いますが、翌朝は飛行機で北海道を目指すことになります。でも、そこでまたとんでもないことが起こることになるのです…。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/01 Tue. 00:00 | trackback: 0 | comment: 4edit

コメント

あけましておめでとうございます。
コメントなどつい失礼しがちな僕ですがホントにいつも楽しみにしてます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

っていうか、新年開始からいきなり読ませますね~。
ご本人にとっては大変な経験だったと思いますが
拝見させていただいてる身としては申し訳ありませんが
先が楽しみで仕方ない手に汗握る展開です(笑)。

Kyo-to #Ytk3Wfxk | URL | 2013/01/01 23:29 * edit *

明けましておめでとうございます。
昨年は、リンクを張っていただいてありがとうございました。

さっそく冬の北海道旅が始まるのですね。
冬の豪雪地帯の旅は、一筋縄ではいかないでしょうから沢山のハプニングが起こったんでしょうね。
Kyo-toさんも仰っていますが、先の展開が楽しみです。
当事者にとっては大変だったでしょうけど(笑)。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

PoW #jOWnQU.Y | URL | 2013/01/02 02:14 * edit *

Kyo-toさま
明けましておめでとうございます。
いつも見てくださってありがとうございます。それだけでも本当に励みになります。
私もKyo-toさまのBlogの更新とても楽しみにしていますので、是非今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

新年初っ端から拙い文章にお付き合いいただいて恐縮です(汗
本当に色々あって苦労しましたが、振り返ってみれば楽しい旅でした。そんな旅の思い出を臨場感たっぷりにお伝えできれば、と思ってますので、是非最後まで手に汗を握って、油断なさらずご覧頂けるとありがたいです(笑


GAN #h8dDW2yY | URL | 2013/01/02 17:15 * edit *

PoWさま
明けましておめでとうございます。こちらこそ昨年はリンク等でお世話になり、ありがとうございました。どうぞ今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

真冬の北海道ということで、それなりの覚悟は決めて行ったのですが、その覚悟の斜め上を行くようなアクシデントが結構ありました^^; 確かに大変でしたが、皮肉にも、その分中身の濃い旅になったと思います。
ご期待に添えるような旅行記が書けるかはわかりませんが、一月中に完成させたいと思っているので、どうぞお暇な時に読んでいただければ幸いです。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2013/01/02 17:22 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/491-24df272c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)