09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

多事多難!厳冬の北海道一人旅 vol.2 

12/23(日) 1日目<後編>
佐原の散策を終えて、駅に戻ってきました。
佐原8:17→鹿島神宮8:39
053_20130103202724.jpg
ここからは鹿島線に乗車。千葉県のJRでは唯一の未乗路線だったので、この機会に乗りつぶしてしまいます。

056_20130103202724.jpg
鹿島線の起点・香取を出てしばらくすると、線路は大きく左にカーブし、画像に写っている利根川橋梁を渡ります。
鹿島線にはこの利根川の他、常陸利根川、北浦の計3か所の長大橋梁があるため、強風の影響を受けやすく、よく速度規制や運休が発生するのだそうです。

057_20130103202724.jpg
十二橋付近は高架線で走破。条件が整えばこの辺りからも富士山が望めるんだとか。

060_20130103202724.jpg
延方駅を出て、霞ヶ浦の一部・北浦を渡ると…

061_20130103202723.jpg

062_20130103202723.jpg
終点の鹿島神宮に到着。これで鹿島線も完乗!と言いたいところなのですが、鹿島線の正式な終点はお隣・鹿島サッカースタジアムなので、このままでは完乗にはなりません。。
その鹿島スタ駅はサッカーの試合がある時のみ営業する臨時駅。普段は全列車が通過となる上、鹿島神宮より先の区間はすべて鹿島臨海鉄道によって運転されているため、鹿島線完乗のためには必ず鹿島神宮での乗り換えが必要になります。しかも鹿島スタジアム以遠は鹿島臨海鉄道の運賃が必要になるので、なかなか面倒なのです…。

この後その区間にも挑みますが、折角なので、まずは駅名にもなっている鹿島神宮参拝といきましょう。

064_20130103204301.jpg
駅から鹿島神宮までは徒歩10分ほど。駅前の坂道をしばらく登っていくと、土産物屋や飲食店が軒を連ねる神社前の通りに至ります。

076_20130103204301.jpg
そして、鹿島神宮に到着。
鹿島神宮は「武甕槌神(タケミカヅチ)」という武神を祀った神社で、古来より軍神として、つまり戦の神として敬われてきた名社。その創建は紀元前660年にまでさかのぼると言われていますが、どこまでホントかは知りません…。

067_20130103204301.jpg
楼門は1642年に建造されたという朱塗りの立派なもの。日本三大楼門の一つです。

070_20130103204300.jpg
境内では天皇誕生日をお祝いする「天長祭」の準備が行われていて、随分賑やかでした。
この後餅つきなどが行われたようです。

071_20130103204300.jpg
境内の奥には荘厳な杉並木が続いていて…

073_20130103204300.jpg
しばらく歩いていくと奥宮があります。元々拝殿だった建物を移築し、1619年に現在の奥宮になったそうです。
さらにこの先には「御手洗池」などがあるようでしたが、下り坂になっていたので(=帰りは登らなくてはいけないので…)、この奥宮に参拝後、駅へ戻りました。

鹿島神宮9:51→長者ヶ浜潮騒はまなす公園前10:03
078_20130103212528.jpg
ここからは鹿島臨海鉄道大洗線に乗り、鹿島線の完乗を目指します。
鹿島線を乗り潰すだけなら、鹿島スタジアムの一つ先・荒野台まで乗ればよいのですが、ついでなのでもう一駅先まで足を延ばし、「日本で最も長い駅名」の駅で降りることにしました。

079_20130103212528.jpg
大洗線の車内はクリスマスの飾りつけがしてありました。ローカル線ならではの粋な計らいですね。

081_20130103212527.jpg
列車は鹿島神宮を発車し、無事鹿島サッカースタジアム駅を通過。これで晴れて鹿島線も完乗になりました。
そして下車したのは、先述のとおり日本一長い駅名を持つ駅「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」駅。

082_20130103212527.jpg
漢字を交えた表記では「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅に1文字及ばないものの、カナ表記は「ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ」となり、22字で日本最長タイ。その長さゆえ、駅名標も2段にわたっています。車内アナウンス(自動放送)でも省略されることなく「次は、長者ヶ浜潮騒はまなす公園前…」と案内されていました(^^;

083_20130103212527.jpg
駅周辺は住宅街で、近くには駅名の由来となった公園があります。天気が良ければ公園まで行っても良かったのですが、何しろ身の縮まるような寒さだったので、すぐに上り列車に乗り込んで鹿島神宮へ引き返しました。

長者ヶ浜潮騒はまなす公園前10:12→鹿島神宮10:23
香取方面の列車が1時間以上無かったため、駅の待合室でひたすら退屈と格闘…。
ようやくやってきた列車に乗り込んで、成田方面に向かいます。

鹿島神宮11:39→潮来11:48
088_20130103212526.jpg

089_20130103214756.jpg
まだまだ時間があったので、途中の潮来で途中下車。アヤメと十二橋で知られる観光地で、アヤメの最盛期には多くの観光客で賑わうと言います。しかしこの寒空の下、そんな観光地の面影はなく…。人通りも無くて寂しい駅前風景でした。

092_20130103214756.jpg
駅から数分歩くと前川とぶつかりました。
そろそろお腹も減ってきたので、写真に写っているお店で昼食(ブリ大根)。食後、改めて前川周辺を散策します。

094_20130103214755.jpg
この前川には12の橋がかかっていて、それが俗に言う「十二橋」。「サッパ舟」と呼ばれる舟でその十二橋を巡ることができます。
実は先程、駅前でおっちゃんに「舟乗ってかない?本当は5000円だけど何なら4000円で良いよ!いや、3000円でもいいよ。うーん仕方ない、2000円でどうだ!」などと声をかけられたのですが(笑、こんなところ(と言っては失礼ですが…)で無駄遣いしたくはなかったので、今回は遠慮しておきました。それにしても、5000円は高すぎでは…?

095_20130103214755.jpg
この川岸にはアヤメ園が広がっていて、6月頃になると500種100万株ものアヤメが咲き誇り、それはそれは見事な景色が見れるそうです。混雑必至でしょうが、一度は見てみたい光景ですね。

潮来13:11→成田13:59
成田14:33→空港第2ビル14:41

こうして朝の5時から10時間近く、どうにかこうにか時間を潰して空港に戻ってきました。
荷物を預けたら、あとは飛行機に乗るだけ。しかし17時の便も遅れが生じていて、結局ゲートを通されたのは離陸時間を過ぎた17時10分頃のことでした。

098_20121230222652.jpg
LCCのカウンターを抜けるとこんな無機質な通路が奥へ続いています。この先で手荷物検査を受けて…

099_20121230222651.jpg
簡易的な待合室へ。
ここでさらに20分ほど待たされ、17:35、バスで直接飛行機のタラップまで移動。飛行機に乗り込んで座席に座れたのは18時頃のことでした。

成田空港18:25頃(離陸)→新千歳空港19:45頃(着陸) 飛行機JW8527便
最終的に飛行機が離陸したのは、予定より約1時間半遅れの18時25分頃。そして千歳に着陸したのは20時近く。朝の便が欠航になっていなければ札幌に8時頃着いていたはずなので、丸々半日遅れでの到着です…。
肝心の飛行機の乗り心地そのものは悪くなく、1時間半程度の搭乗だったので、座席の狭さもそれほど気になりませんでした。

新千歳空港20:19→旭川22:20 快速エアポート213号/特急スーパーカムイ45号 
機内案内によれば、新千歳空港の気温はマイナス12℃。外には当然のように雪が積もっていて、まさにそこには”イメージ通りの北海道”が広がっていました。しかし、そんな感慨に耽る間もなく列車に乗らなくてはいけません。何しろ、これを逃したら次は1時間後。旭川到着は23時半になってしまいます。しかもこの列車の指定をとっていたので尚更。
にもかかわらずなかなか自分の荷物が出てこなくて、荷物を受け取った時点で既に列車発車の1分前。メロスばりに走って走って、何とか発車間際の「快速エアポート」に滑り込みセーフ。座席に座った途端、今日1日の疲れがどっと溢れて来て、相変わらず北海道に来たことに対する感慨など無いまま旭川までの2時間を過ごすこととなりました。

103_20121230222651.jpg
そんなわけで、薄氷を履む思いでようやくたどり着いた旭川駅。ここが今日の宿泊地です。
最悪今日中に北海道に移動できない可能性もあったわけで、考えようによっては、ここに辿りつけただけでも不幸中の幸いだったかもしれません。

105_20121230222651.jpg
駅を出て、刺すような寒さを肌で感じた時、ようやく「北海道に来た!」という実感が湧いてきました。

107_20121230222651.jpg
一面の雪景色。現地の人にとっては「白い悪魔」なのでしょうが、関東に住む私からすれば、失礼ながら本当に感動モノです。

109_20121230223056.jpg
こちらは駅前の歩行者天国。

108_20121230223057.jpg
この晩の気温はマイナス8度。過去にはマイナス41度を記録したこともある旭川なので、マイナス8度ならまだ暖かい方なのかと思いましたが、ホテルの方に伺ったところ「今日は随分冷え込んでますよ。1月並みの気温です。」とのお答えでした。やはり今年は全道的に寒いようで、この数日後にも旭川では記録的な冷え込みを観測することとなりました。


こうして紆余曲折の末、何とか北海道に到着。
いよいよ明日からは表題の「北海道」の旅が始まります。

(続く)
自宅→成田空港(vol.序)/成田空港→佐原(vol.1)→鹿島線→成田空港→新千歳空港→旭川(vol.2)
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/03 Thu. 22:50 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

こんばんは。
まずは北海道上陸おめでとうございます(笑)。
まだまだ何か起こるんでしょうか…?

ところで「アンケート」ってどこにあるんですか??

Kyo-to #Ytk3Wfxk | URL | 2013/01/03 23:31 * edit *

Kyo-toさま、こんばんは。

ありがとうございます(笑
随分と前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ次回からは「本編」に入っていきます。

この後もまだまだ盛りだくさんです(笑 
本当に最後の最後まで「そんなことが起こるの?」というようなハプニングに見舞われたので、是非この先も楽しみにして頂ければと思います。

アンケートですが、右側のカテゴリーの一番下に「アンケート」という項目があり、そちらから飛べます。おわかりいただけるでしょうか?
アンケートにまでご協力いただいて、ありがとうございます。。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2013/01/03 23:55 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/493-7f8f2e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。