08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

多事多難!厳冬の北海道一人旅 vol.3 

12/24(月) 2日目<その1>
前日、苦難の末にたどり着いた北海道。初日の計画は丸々潰れてしまいましたが、気を取り直し、今日からはいよいよ道内各地を回っていきます。
114_20130104125156.jpg
5時過ぎ、ホテルを出た時の気温はマイナス11度。
完全防備だったにもかかわらず、鼻がツンツンして、手袋をしていても手がかじかみ、短時間でも耳が痛くなる…そのくらいの寒さでした。ただ、風がないのでまだ我慢できます。

旭川5:20→深川5:37 特急スーパーカムイ2号
115_20130104125155.jpg
まず朝一の特急で深川に向かいます。
たった17分の乗車ですが、運賃は1220円。こういう予想外の細かい出費が、後々大きく響いてくるのです…。

116_20130104125155.jpg
そして深川に到着。ここから乗るのは…

深川5:44(+遅れ5分)→増毛7:26
117_20130104125155.jpg
留萌本線。本当は前日に乗車する予定だったのですが、計画が潰れてしまったため、急遽この日の行程に組み込んだのです。
発車直前に「除雪車が立ち往生しているため運転を見合わせます」というヒヤッとするアナウンスが入ったものの、結局5分ほどの遅れで深川駅を発車。大事に至らずに済みました。

132_20130104125155.jpg
乗客は私を含め2人のみ。まだ外は真っ暗で、座席に座っていても何も見えないので、運転席の横にお邪魔して前面展望を楽しみます。

137_20130104125154.jpg
少しずつ明るくなってきました。
それと同時に目に入って来たのは一面の雪景色。

146_20130104131302.jpg
大和田駅に到着。ここで地元の方が2人乗りこんできました。
ちなみに、私が乗った朝一の列車(4921D)は普通列車ながら、途中の北一已、秩父別など7駅を通過する事実上の快速列車。この大和田駅から先は各駅に停車していきます。

165_20130104131301.jpg
そして運行上の拠点になる留萌駅に到着。ここで25分も停車します。

161_20130104131301.jpg
東の空はだいぶ明るくなってきました。

159_20130104131301.jpg
駅前にはうず高く雪が積み上げられていて、こうして写真を撮っている間にも、雪を運搬する大型トラックの姿が見られました。やはり日本海に近いということもあって、旭川よりはるかに雪が多いです。

167_20130104131301.jpg
留萌駅ではこれから向かう増毛駅の入場券が販売されているので、私も「増毛」にあやかって(?)一枚購入。
余談ながらJR四国には「半家(はげ)」という駅もあり、「半家→増毛」の切符は縁起物とされているとかいないとか…。

171_20130104131301.jpg
留萌を出てしばらくすると線路は海沿いへ。車窓には日本海が見えてきます。
あまりの寒さで海面には湯気が上がっていますが、これは気嵐(けあらし)という現象で、陸地の冷たい空気が暖かい海上に流れ込んで発生するものなんだそうです。寒々しい、でも幻想的な光景です。

179_20130104135611.jpg
この後また運転席の隣へ。
横から運転手さんが「どこから来たの?」とか「この後はどこに行くの?」など色々と話しかけてくださって、その問いに答えながら、真っ白な車窓を眺めていました。

186_20130104135611.jpg
しばらくそんなやり取りが続いた後、一呼吸置いて運転手さんがポツリ。
「この路線ももうすぐ廃線になると思うから、今のうちによく写真撮っておいてね。」

194_20130104135611.jpg
お話を伺ったところ、並行するバイパスの完成が近付いていること、増毛の高校が2011年で廃校になって、利用者の減少に拍車がかかっているということ、国鉄時代から何度も廃止の議論があったこと――そんなことを教えてくださいました。その後調べたところ、留萌本線は営業係数も全国ワーストクラスなのだそうです。

197_20130104135611.jpg
まだ公式な議論は行われていないそうですが、どう好意的に見ても、決して先行きは明るくない留萌本線。
そんな寂しいお話と、朝焼けに染まる妖艶な色の空が、留萌本線の旅を余計印象的にさせてくれました。

204_20130104214512.jpg
もちろんここだけではなく、日高本線や夕張支線、あるいは札沼線の末端部など、道内には存続の危うい路線がいくつもあります。だからこそ、そういう路線に乗った時には目を皿にして窓の外を眺め、脳裏とカメラに車窓を焼き付けておきたいな…と思うわけです。

209_20130104135610.jpg
そんな留萌本線の旅もいよいよクライマックス。最後は「雪崩の危険があるため徐行」ということでノロノロと走り、数分の遅れで増毛駅に到着しました。

218_20130104141528.jpg
折り返しまではあまり時間がありませんが、とりあえず駅周辺を簡単に見ておきましょう。

221_20130104141528.jpg
終着駅を物語る車止め。

222_20130104141527.jpg
古めかしい駅舎も残っていて、いかにも終着駅らしい佇まいなのが嬉しいですね。

230_20130104141527.jpg
入場券にもデザインされている、立派な駅名板。
「ぞうもう」ではなく「ましけ」と読みます。

228_20130104141527.jpg

225_20130104141527.jpg
駅前。ここも留萌に負けず劣らずなかなかの積雪で、除雪車がせっせと働いていました。
こうして見る分には「雪凄いなぁ」で終わりですが、ここにお住まいの方からすれば、当然それだけでは済まされません。除雪に屋根の雪下ろしに…私には到底知りえないご苦労があることでしょう。

224_20130104142749.jpg
駅前には、北海道遺産にも選定されたというレトロな建物が立ち並んでいます。
海にも近く、すぐに折り返してしまうのがもったいない町でしたが、今回は生憎時間がありません。何しろ、7:35発を逃すと、次は12:54発。そんなわけで、ほんの少しだけ駅前を見た後、後ろ髪引かれる思いで先程乗って来た列車へと戻りました。

増毛7:35→深川9:09
240_20130104142749.jpg
増毛を発車してしばらくすると、雪原の向こうに太陽が昇ってきました。
荒天を覚悟していただけに、まさか晴れてくれるとは…。

250_20130104142749.jpg
留萌ではまた11分の小休止。ここから車内も少しだけ賑やかに。

264_20130104142748.jpg

273_20130104142748.jpg

283_20130104144200.jpg
車窓にはすっきり晴れ渡った空と、一面の銀世界。北海道に来て早々にこんな景色を見られるなど毛程も期待してなかったので、すっかりテンションが上がってしまいました。
(客室の窓は2重になっていて結露が酷かったので、全てデッキのドア窓から撮っています。)

291_20130104144159.jpg
全面展望も。

297_20130104144159.jpg
そして9:09、定刻通り深川駅に戻ってきました。
留萌本線でいきなり素晴らしい景色に出会ったことで、昨日の陰鬱な気持ちもどこへやら。現金なもので、この頃になると、私の心はすっかり「旅モード」に切り替わっていました(笑

(続く)
自宅→成田空港(vol.序)/成田空港→佐原(vol.1)→鹿島線→成田空港→新千歳空港→旭川(vol.2)/旭川→留萌本線(vol.3) 
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/04 Fri. 19:24 | trackback: 0 | comment: 4edit

コメント

こんばんは。

半家駅と増毛駅の話を聞くと、高校時代の鉄道旅行好きの先生を思い出します。このような小さなエピソードを色々語ってくれる人でした。

それにしても、初日から色々なハプニングがあったにも関わらず、その場で再構築して新たに別の旅(予定外にも関わらず内容も濃い)を成し遂げる計画力に毎回驚かされます。さすが各地を回り続けた旅人、という感じですね。

続きも楽しみにしております。

mt #- | URL | 2013/01/04 22:57 * edit *

報告もかねて

こんばんは。

北海道に行くまで随分困難な道のりだったようですね。
転んでもただでは起きないとはこのことですか(笑)。

いよいよ北海道編が始まりましたね。
行程が途中まで私のこの冬(1月)の旅程と同じで、思わずその際の旅行のことを思い出してしまいました。
http://blueribbon3737.blog87.fc2.com/blog-entry-885.html

なお、相互リンクのお申し入れありがとうございました。光栄です。
こちらからのリンクは貼り終わりましたのでご報告します。
これからもよろしくお願いいたします。

LM #- | URL | 2013/01/05 01:59 * edit *

mtさん

そういえばいらっしゃいましたね、JR全線乗られたという先生。
確かあの方も髪には悩んでて…というのはともかく、私もそんなエピソードを色々聞いてみたかったです。

お褒めの言葉、ありがとうございます。やはり今までの少なからぬ経験は今回も役に立ったと思います。あとは、やはりiPhoneの存在が大きいですね。代行ルートを探したり、近くの見所を調べたり…と、八面六臂の活躍をしてもらっているので、これがなかったら今回の旅は頓挫していたかもしれません…(苦笑

大分長い旅行記になりそうですが、また最後までお付き合い頂けると幸いです。それでは。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2013/01/05 18:38 * edit *

LMさま

ご覧頂いたとおり、北海道に着くまでは予想外の"長旅"になってしまい、本当に最悪の出だしでした。しかし、時間を無駄にしないためのささやかな抵抗を試みたことで、まさに"転んでもただでは起きない"という言葉を体現できた初日だったと思います。

実は旅の直前、LMさまの北海道旅行記を拝見し、"予習"させて頂いていました(笑) 何分冬の北海道は初めてで、寒さや雪に対する不安もあったため、LMさまの旅行記はとても参考になりました。
写真も文章もLMさまには遠く及びませんが、旅行記の最後まで温かい視線で読んでいただければ幸いです。

リンクの快諾ありがとうございました。そしてわざわざご報告頂いて恐縮です。私の方も追加させて頂きましたのでご確認下さい。
それでは、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

GAN #h8dDW2yY | URL | 2013/01/05 18:41 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/494-67133a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。