05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

多事多難!厳冬の北海道一人旅 vol.4 

12/24(月) 2日目<その2>
留萌本線の旅を終え、深川駅に戻ってきました。
298_20130104153540.jpg
北海道の日常風景、サボ交換。
次は旭川に向かうのですが、どうやら先ほど留萌本線で乗った車両がそのまま旭川行きになるようです。
でも発車まではまだ時間があるので、一旦駅を出ます。

300_20130104153539.jpg
跨線橋の窓には氷の結晶がびっしり付いていました。こんな現象も北海道ならでは…。

301_20130104153539.jpg
窓を開けてもう一枚。

303_20130104153539.jpg
待合室は結構賑わっていましたが、どうもこの日札幌でSMAPのツアーがあったようで、それが原因だった模様。この後も続々と人が押し寄せました。

304_20130104153539.jpg
駅の外に出てきました。晴れてはいるものの、相変わらず厳しい寒さです。
夜晴れていると放射冷却によって一段と冷え込むそうで、もしかしたらこの日もその影響があったのかもしれません。

306_20130104153539.jpg
折角なので町を少し歩くことにしましょう。

308_20130104155020.jpg
深川市は人口2万3千人程度で、旭川などに比べればはるかに小さな町。それでも駅前には店舗や住宅が整然と立ち並び、人通りもそれなりにあって、町自体は元気な感じでした。

310_20130104155019.jpg
歩道は除雪されていますが、脇に積まれた雪は1m以上。前夜に降ったものでしょうか。

313_20130104155019.jpg
画像を拡大するとお分かり頂けると思いますが、所々氷の結晶が太陽の光を浴びてキラキラ輝いていて綺麗でした。
ダイヤモンドダスト…ではなくておそらく「氷霧」という現象なのだと思いますが、その辺の違いはよく分かりません。

315_20130104160641.jpg
駅からまっすぐ10分ほど歩いていくと石狩川にぶつかりました。
川面に氷が浮かび、もうもうと川霧が立ち上る川を見ると、改めて北海道の厳しい寒さを実感します。

深川10:07→旭川10:40
321_20130104160641.jpg
こうして30分ほど町を歩きまわった後、普通列車で旭川へ移動。先程は特急を使って17分で移動したこの区間を、倍の33分かけて戻ります。
外は相変わらずの雪景色。この風景を見るために、北海道まではるばるやって来たわけです。

324_20130104160641.jpg
旭川に戻ってきました。
深川→増毛→深川→旭川、と半日お世話になったキハ54-504ともここでお別れ。

325_20130104160641.jpg
駅前の温度計によれば、この時点でも気温はマイナス9℃しかなく、朝と比べて2℃しか上がっていません。地元の人たちも「寒い」「寒い」と口々に言っていたので、やはり普段以上の冷え込みだったのでしょう。
何より、太陽が出ていてもまったく暖かみを感じられない、というのがちょっとした”カルチャーショック”というか、関東在住の私には信じられない出来事でした。

旭川11:09→名寄12:29(+遅れ10分) 快速なよろ1号
326.jpg
さて、ここからは一気に北上して日本最北端の地を目指します。7月に続き今年(2012年)2度目の稚内へ、いざ!

329_20130104162544.jpg

332_20130104162544.jpg
相変わらずこの景色。私は飽きもせずに窓の外を眺めていましたが、読者の皆様はそろそろお腹いっぱいでしょうか…?でもすみません、最終日までこんな感じです(^_^;)

334_20130104162544.jpg
何故かこの車両は窓が曇ってなくて、写真も撮りやすかったです。

336_20130104162543.jpg
冬の塩狩峠越え。

344_20130104162543.jpg
途中交換列車遅れのため、終点の名寄には10分ほど延着。すぐさま反対側ホームの列車に乗り換えます。

名寄12:33(+遅れ7分)→抜海16:33
接続をとり、すぐに発車した稚内行きの列車。もちろんキハ54の単行で、車内の乗客は7,8人程度でした。

345_20130104162543.jpg
旭川で購入した「番屋めし」で昼食にします。12月に発売されたばかりの新作だそうで、茶飯の上には海の幸がたっぷり。イカやカニ、ホタテにイクラ…と豪華な具材が載っているのですが、中でもニシンが一番美味しかったですね。

348_20130104164633.jpg
まだまだ旅は続きますが、長くなるので今日はここまで。
次回は宗谷本線の車窓をメインにお伝えします。

(続く)
自宅→成田空港(vol.序)/成田空港→佐原(vol.1)→鹿島線→成田空港→新千歳空港→旭川(vol.2)/旭川→留萌本線(vol.3)→深川→名寄(vol.4)
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/05 Sat. 20:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/495-8c93542d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)