03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

小さな旅 ~小湊鉄道・いすみ鉄道~<後編>  

養老渓谷13:41→飯給13:54
148_20120929230904.jpg
養老渓谷~上総中野は本数が極端に少なく、この時も2時間以上列車がありませんでした。
そのため上りの五井行きに乗って戻り、飯給駅で下車。ちょうど「種まき」の参加者の帰宅と重なり、3両の列車はラッシュ並みの混雑…。さすがにもううんざり。
156_20120929230904.jpg
駅前。

161_20120929230903.jpg
駅前道路。
意外と車通りは多く、駅にいても車の往来が若干気になります。

177_20120929230903.jpg
駅自体はとても良い雰囲気。
駅周辺には桜の木が植えられており、シーズンにはライトアップされた夜桜も楽しめるそうです。

189_20120929231929.jpg
駅周辺は田んぼで、家もそれほど多くはありません。
それにしても凄い雲ですね…(結局雨は降りませんでした)。

179_20120929230903.jpg
飯給は「いたぶ」と読みます。
「いいたまう」→「いいたまぶ」→「いいたぶ」→「いたぶ」…?

194.jpg
静かな駅なのですが、車やバイクで写真を取りに来る人が絶えず、なかなか落ち着きませんでした。
平日に来ればもう少しのんびり楽しめるでしょうか…。

飯給14:36→上総中野14:56
196_20120929231928.jpg
1日6往復のみの上総中野行き(平日は4往復)に乗りこみ、終点まで乗車します。
先程の種まきも終わり、列車は閑散としていました。これが本来の小湊鉄道なのかと思うと、逆に寂しく感じてしまいます。

197_20120929231928.jpg
車窓はひたすら長閑。

201_20120929231927.jpg
養老渓谷の手前、上総大久保駅。先程の上総久保駅とは別物です。
待合室の壁面には地元の小学生によって描かれたトトロのイラストがあります。なかなかの力作ですね。

207_20120929231927.jpg
上総中野に到着。ここで「いすみ鉄道」に乗り換えます。

210_20120929233441.jpg
ここから乗る「いすみ鉄道」は、元国鉄の木原線を転換した第三セクター鉄道。
その「いすみ鉄道」も数年前に1億円以上の赤字を計上して廃止の危機に陥ったそうですが、新社長の下様々な経営改善策がなされた結果、現在は持ち直しているようです。キハ52の導入もその経営再建の一環なのでしょう。

213_20120929233440.jpg
駅名標はJR東日本の色違いになっています。

上総中野15:08→大原16:02
車両は今年から導入されたいすみ300型でした。
開業以来使われてきたいすみ200型はロングシートですが、この300型はセミクロスで、車窓が楽しめるのも嬉しい点です。

228_20120929233440.jpg
久我山~東総元の鉄橋には釣りをするムーミンの像があります。
わざわざ運転士さんが「この先の鉄橋の中央を良く御覧ください、誰かが釣り糸を垂らしています。」と、思わせぶりな放送を入れるほどで、車窓の「名所」の一つになっているようです。

「御覧になれなかった方は是非次回また見に来てください」
わざわざこれを見に来る人は少ないと思いますが(笑、中々面白い試みではありますね。

232_20120929233439.jpg
その鉄橋からの眺め。大原までの間、夷隅川を何度も渡ります。

235_20120929233439.jpg

245_20120929233438.jpg
いすみ鉄道は山間部を走る区間も多く、景色自体は小湊鉄道よりも見応えがある気がしました。
春になれば沿線は菜の花に彩られ、沿線はいすみ鉄道のイメージカラー・黄色で埋め尽くされるのでしょう。その頃のいすみ鉄道も一度は乗ってみたいですね。

252_20120929234853.jpg
やがて、いすみ鉄道の中でも最も大きな中間駅・大多喜に到着。ここに車両基地があります。

259_20120929234853.jpg
向かいのホームにはキハ52がいました!土曜日だからどこかで見れるだろう、とは思っていましたが、実際に見れて感動もひとしお。
幸いここで5分ほど停車時間があったので、ゆっくりと撮ることができました。

266_20120929234853.jpg
今年中にキハ28、さらに将来的には久留里線のキハ30を導入する構想もあるようで、今後一層レトロ車両目当ての鉄道ファンが集まることになるでしょう。それがいすみ鉄道の再建に一役買うのであればwinwinかもしれませんね。

274_20120929234852.jpg
1時間ほどで大原に到着。結局途中下車はしませんでしたが、いすみ鉄道はまた日を改めて訪れることにします。

276_20120929234852.jpg

288_20120929234851.jpg
大原からは内房、京葉線経由で東京へ。
10.1に復元工事が終わる東京駅。以前張り巡らされていたフェンスもすべて撤去され、威風堂々とした駅舎の全容がいよいよ明らかに。
そんな東京駅で夕食を食べ、友人と別れて帰宅。こうして房総横断の日帰り旅は無事終了しました。

思った以上に、どちらの路線も景色と雰囲気が良く、1日ではとても回りきれませんでした。今日は例のイベントがあったために大変な混雑だった小湊鉄道も、おそらく平日の昼間ならのんびりとした時間が流れているはず…。
本数が少ないのが難点ですが、是非また季節を変えて訪れてみたいと思います。

最後まで御覧頂きありがとうございました。
(終わり)
関連記事
スポンサーサイト
2012/09/29 Sat. 23:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/502-a5d655ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)