09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

多事多難!厳冬の北海道一人旅 vol.14 

12/28(木) 6日目<前編>
苫小牧で迎えた旅6日目。今日は苫小牧~様似142.5kmを結ぶ日高本線の旅。

苫小牧5:47→静内7:33
978_20130113000008.jpg
本日最初のランナーは日高線の始発列車。静内止まりの列車ですが、ひとまずこれで終点を目指します。
ただ、静内で何をするかはノープラン…。

981_20130113000008.jpg
さすがに始発列車ということで乗客は少なく、私を入れて3人のみ。
所々工場の明かりが見えるだけの暗闇の中、列車は淡々と走っていきます。

982_20130113000008.jpg
6:16に到着した鵡川にて列車交換のため少し停車。鵡川駅は2006年に誕生した「むかわ町」に所在し、日高線の主要駅の一つです。
空は徐々に夜から朝へと装いを変え始め、周りの景色も鮮明になってきました。

991_20130113000007.jpg
鵡川を出ると、車窓には次第に海が。
画像からもその様子がお分かり頂けるかと思いますが、ある一線を境に「湯気」(気嵐)の立っているところとそうでない所がくっきり分かれていて、なかなか不思議な光景でした。場所によって海面の温度が違うのでしょうか?

997_20130113000100.jpg
赤みを帯び始めた東の空。

996_20130113000007.jpg
この早暁の車窓を見たかったというのも、始発列車に乗った一つの理由。

999_20130113000059.jpg
苫小牧からほぼ一時間、6:45に日高門別着。ここでも交換のため7分停まります。
立派な駅舎があり、2010年まではキオスクが入っていたそうですが、今は完全無人駅。

1007_20130113000059.jpg
日高門別を出てしばらくしたところで、車窓にキタキツネを発見!北海道では当たり前のように見られるキタキツネですが、初めて見た私は一人で大興奮でした…(笑
でもそんなキタキツネ、個体によっては”エキノコックス”という寄生虫を持っているそうなので、見かけても触るのはご法度です。

1012_20130113000058.jpg
やがて東の空には太陽の気配が感じられるようになってきましたが、雲に遮られて中々顔を出してくれません…。

1018_20130113000151.jpg

1029_20130113000151.jpg
その後最後部へ。厚賀から先は本当に海スレスレを走っていきます。
これだけ近いと、天候によっては線路や車両が波をかぶることもあるのでしょうね…。

1030_20130113000150.jpg
時期が時期ならば降りてみたかった大狩部駅。

1032.jpg
海を目の前に佇む、いわゆる”秘境駅”です。

1039_20130113000150.jpg
その後、太陽が雲の合間から一瞬顔を出し…

1056_20130113000229.jpg
ほどなく静内に到着。

1043_20130113000150.jpg
日高線沿線では最も大きな駅で、駅舎も立派。新ひだか町の中心的存在です。

1044_20130113000315.jpg
ここで当分時間があるので、まずは町を歩いてみましょう。

1046_20130113000314.jpg
こちらは駅前通りの商店街。さすがにまだお店は開いていませんでしたが、街並みとしては結構賑わっているような感じでした。さすが人口2万5千人を抱える新ひだか町の中心地です。

1047_20130114215326.jpg
これはどう解釈すればいいのか。というか、まず何のお店なんでしょう?

1054_20130113000314.jpg
一通り街を歩いたら、今度は線路を渡って海の方へ。
といっても景色は微妙ですし、近くにいた犬にここぞとばかりに吠えられたので、すぐ駅へ引き返しました…。

1050_20130113000314.jpg
40分ほどの散策を終え、駅に戻ってきました。
ここで朝食。すっかり冷え切った体に温かい蕎麦が沁み渡ります…。
(画像は「かしわそば」。イマイチ美味しそうに撮れてなくてすみません…)

1051.jpg
その後売店へ。そこでビックリ、「松井引退?!」…ということで、思わずスポーツ新聞を衝動買い。
まさか旅先でこんな報道を目にするなんてなぁ…としみじみしながら、記事に目を通しました。

1052_20130113000313.jpg
それから1時間ほど、駅舎内の広々とした待合室で静かな時間を過ごし…。

1058.jpg
ようやく列車の時間になりました。次に目指すは終点の様似です。

(続く)
自宅→成田空港(vol.序)/成田空港→佐原(vol.1)→鹿島線→成田空港→新千歳空港→旭川(vol.2)/旭川→留萌本線(vol.3)→深川→名寄(vol.4)→宗谷本線(vol.5)→抜海→稚内(vol.6)/稚内→旭川(vol.7)→上川→北見(vol.8)/北見→網走→知床斜里(vol.9)→釧路→帯広(vol.10)/帯広→新夕張(vol.11)→夕張(vol.12)→追分→苫小牧(vol.13)/苫小牧→静内(vol.14)
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/16 Wed. 20:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/506-ccfb681c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。