06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

東海地方鉄道旅 その3 

1日目-3(1/5) 【名松線の旅】
054_20130123225356.jpg
松阪からは名松線(松阪~伊勢奥津43.5km)の旅。
既にご存知の方も多いかとは思いますが、この路線の家城~伊勢奥津は2009年に台風18号の被害を受け、3年半が経った今も不通になっています。
元々全国屈指の赤字路線だった名松線。それゆえJR東海は不通区間を廃止する意向だったようですが、沿線自治体等の熱心な説得によって廃止は免れ、現在、2016年の全線復旧を目指して復旧作業が行われているようです。
今回はその不通区間を除く、家城までの25.8kmを乗り潰します。

松阪16:46→家城15:48
060_20130123231618.jpg
列車は単行のディーゼルで、乗客も10人未満。車窓の長閑さも相俟って、のんびりした”汽車旅”が楽しめます。

062_20130123231618.jpg
車窓は田園風景がメイン。その後、一志あたりから少しずつ山間の景色になっていき…

068_20130123231617.jpg
井関を過ぎると車窓には雲出川(くもずがわ)が。

074_20130123231855.jpg
そして家城に到着。名松線のハイライトはこの先の区間なのですが、残念ながら今はここが終点。
駅前には伊勢奥津行きの代行バスが停まっていたものの、時間の関係で今回は乗らず、このまま松阪に折り返します。この先の区間は、名松線が全線復旧してからのお楽しみ、ということで。

077_20130123231855.jpg
駅前風景。静かな住宅街が広がっていて、特に目立った施設や商店等はありません。

080_20130123231854.jpg
古い駅舎が残る家城駅。

100_20130123232012.jpg
1931年の開業時からのものでしょうか。木の柱や壁に年季を感じます。

082_20130123231854.jpg
その駅舎には人懐こいネコがいて…

086_20130123231854.jpg
私がカメラを向けると、ダーッとカメラ目がけて走ってきました。
カメラを餌だと思ったのか?はたまた「おいおい、勝手に俺様のこと撮ってもらっちゃ困るぜ!」という示威行為なのか?(笑)

088_20130123231854.jpg
招きネコ?

092_20130123232012.jpg
親子か兄弟かわかりませんが、仲良くマットの上でお座り。癒されますねー(*´▽`*)

097_20130123232012.jpg
伊勢奥津方面を望んだところ。見辛いですが、信号機の類には「×」のシールが貼られていて、その先の線路は草ボーボー。3年という月日が重く感じられます。

096_20130123232012.jpg
さて、そろそろ折り返しの時間。松阪に戻りましょう。

(続く)

自宅→名古屋→鳥羽(その1)→松阪(その2)→家城(その3) 
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/29 Tue. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/515-3cc7378b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)