03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

東海地方鉄道旅 その5 

2日目-1(1/6) 【太多線、長良川鉄道の旅】
旅二日目。ホテルの最寄りは尾頭橋駅でしたが、地図を見たところ金山駅も近そうだったので、ホテルから歩いて金山駅に向かいました。
118_20130125213445.jpg
JRと名鉄、地下鉄が乗り入れる「金山総合駅」。複数の会社線が乗り入れているために「総合駅」を名乗っているようですが、最初は駅を間違えたかと思って焦りました…。

金山5:43→多治見6:20
120_20130125213445.jpg
金山からは中央線で多治見へ。東海地区では珍しい211系のセミクロス車でした。
後から調べてみると、JR東海が所有する250両の211系のうち、セミクロスはたった8両しかないんだそうです。

多治見6:21→美濃太田6:48
121_20130125213444.jpg
多治見では僅か一分の接続で美濃太田行きに乗り換え。多治見→美濃太田17.8kmを結ぶ太多線(たいたせん)ですが、乗るのは今回が初めて。

123_20130131162027.jpg
沿線は宅地化が進んでいるようですが、田んぼも多く、その車窓風景は何となく岡山近郊の津山線とか、兵庫の加古川線を想起させます。ローカルではないけど、近郊路線とも言えないこの微妙な感じ。お分かり頂けるでしょうか?(笑)

126_20130125213444.jpg
名鉄と接続する可児(かに)駅を過ぎ、美濃河合の先で木曽川を渡れば終点も間もなく。

美濃太田6:53→美濃市7:27
128_20130125213444.jpg
さて、ここからは本日のメイン・長良川鉄道です。
普段の旅では専らJRしか乗らない私ですが、単にJR東海を乗り潰すだけでは「旅」として味気ないということ、また近年地方私鉄で廃線が相次いでいることなども勘案し、今回こうした第三セクターにも乗ってみることにしました。

130_20130125213537.jpg
朝早いこともあって、乗客は二人のみ。ロングシートの車内がやたらと広く感じられます。

134_20130125213537.jpg
美濃太田を出てしばらくは田園風景と住宅が共存する、あまり変化のない景色。

137_20130125213537.jpg
やがてもう一人の乗客は降りてしまい、列車は貸し切りに。
駅に着いてもドアすら開かず(運転手さんの横着?)、結局その状態は終点まで続きました。

141_20130125213536.jpg
途中、関駅にて交換待ちの停車。運転手さんに頼んでドアを開けてもらい(笑)、駅舎の観察へ。
元は国鉄・越美南線の駅として開業した関駅。当時は美濃関駅と呼ばれていたようで、壁にもうっすらその「美濃関」という文字が残っていました。駅舎も開業時からのものでしょうか。

143_20130125213536.jpg

144_20130125213536.jpg
「国鉄」を感じさせる、昔ながらの雰囲気。いい感じです。

149_20130125213621.jpg
また、この関駅で一日フリー切符(2000円)を購入。事前に運転手さんに伝えておけば、車内まで駅員さんが届けてくれます。お正月仕様なのが少し嬉しかったり(笑)

150_20130125213620.jpg
車窓は相変わらずこんな感じ。長良川はまだ見えません。

151_20130125213620.jpg
そして美濃市に到着。越美南線の終点・北濃はまだまだ先ですが、ひとまず美濃市を散策してみましょう。

(続く)

自宅→名古屋→鳥羽(その1)→松阪(その2)→家城(その3)→松阪→亀山→名古屋(その4)→金山→多治見→美濃太田→美濃市(その5)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/31 Thu. 21:36 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/517-059b3a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)