07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

先のこと 

今日はカメラについて少し長々と。カメラ、そろそろ新しいのが欲しいなあ…ということで、自身のメモを兼ねた記事です。

今の愛機はblogでも何度かご紹介している通り、CANON EOS 40D。2007年8月31日に発売されたいわゆる「中級機」で、スペック的には有効画素が1010万、連写が6.5コマ/秒、重さは740g。私がこれを購入したのは2010年の9月で、中古で5万弱で買ったものと記憶しています。その前は2006年の春にやはり中古で購入したエントリー機、EOSKISS DNを祖父の銀塩用のレンズと共に使用していました。その頃から通算7年弱、2台の一眼レフと共に写真ライフを楽しんできたことになります。
ただ、今使っている40Dも中古で買ってから2年半が経ち、実は結構動作で怪しい部分が出てきたり、一度は修理に出したりということで、いつどうなってしまうか分からない状況。そんな中で、そろそろ後継が欲しいな、と最近思っているのです。と言ってもすぐに買えるような状況ではないので、買うとしても今年の夏頃になるとは思うのですが、今から色々と妄想を膨らまし、早くも購入の算段をしているわけです。

口コミ等を見て回ると40Dは二桁Dシリーズ(10D~60D)の中でも特に支持率が高い機種らしく、駄作を量産する私にとっては勿体ないようなカメラ。画素数は決して高くはないものの、PCへの負担や実用性を考えれば必要十分で、色合いも悪くはなく、連写性能も優れている。つまり、機能的には買い替える必要性は全くないわけなのですが、やはり中古品というリスクもありますし、なにより物欲が芽生えてしまい…。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40DCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D
(2007/08/31)
キヤノン

商品詳細を見る


その新カメラの候補としては60Dor7D。あとは小声で言わせていただくと、フルサイズの6Dも候補ではあります。
60Dは40Dの流れを汲む中級機で、1800万画素、重さは40Dより軽い675g、そして実用性は別にして、ISOは6400まで対応(40Dは3200)。あとは何よりバリアングル液晶モニター、つまり自由に向きを変えられる液晶モニターが魅力的。価格もボディだけなら5万円台まで下がっていて、比較的手を出しやすいカメラです。ただ、60Dを買うくらいなら、40Dのままでレンズを買い増した方が画質の向上は望めるだろうし(例えば17-40mmF4L)、同じランクのカメラを買ってもなぁ…という感じはします。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディEOS60DCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディEOS60D
(2010/09/15)
キヤノン

商品詳細を見る


一方7Dは60Dのもうワンランク上。「フルサイズ」よりもセンサーが小さい「APS-C」としてはCANONのハイエンド機種です。nikonならD300Sクラス、ということになるのでしょうか。
このカメラは何より動体に強いという話。AF合焦が早く、最近はあまり撮らなくなってしまいましたが、鉄道写真にはうってつけです。画素数は1800万で60Dと同じ、ただし連写は秒に8コマで、60D(5.3コマ)との差は歴然。視野率100%、つまりファインダーで見た範囲がそのまま写真に撮れるというのも魅力です。価格は最安で8万円前半。これでもだいぶ下がってきた方で、今が底値とも言われています。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D EF-S15-85ISUレンズキット EOS7D1585ISLKCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D EF-S15-85ISUレンズキット EOS7D1585ISLK
(2009/10/02)
キヤノン

商品詳細を見る


そして、6D。フルサイズは画質の良さはもちろん、高感度でもノイズが少なく、ダイナミックレンジの余裕もあり、ボケも大きいなど、APS-Cサイズとは全く違う世界が見れると聞いています。中でも6Dはフルサイズながら、それまでの機種に比べるとかなり手ごろな値段に抑えられていて、言わばフルサイズのエントリー機的存在(それでも高いですが…)。しかも、フルサイズながら40Dより軽いのです。ただ仮に本体を買えたとしても、むしろ問題はレンズの方。フルサイズ用のレンズは標準レンズでも10万超が当たり前ですし、また画角が広くなる分、今ある70-200mmでは望遠側が物足りなくなるのも明らかで、候補とは書いたものの、色々考えると実際には早期の購入は難しいかな、と思います。もちろん、お金さえあれば真っ先に飛びつきたいカメラではありますけれど…。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D・EF24-105L レンズキット 約2020万画素フルサイズCMOSセンサー DIGIC5+(プラス) EOS6D24105ISLKCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D・EF24-105L レンズキット 約2020万画素フルサイズCMOSセンサー DIGIC5+(プラス) EOS6D24105ISLK
(2012/11/30)
キヤノン

商品詳細を見る


というわけで、60Dか7Dか6Dか。実用性だけなら60Dで十分すぎるのですが、何より7Dが魅力的…。またレンズに関しても、今は17-50mmと70-200mmしかなくて50-70mmが空白地帯になっているので、7Dのキットレンズ(15-85mm)でこれを補完したいということもあって、今のところは7Dのレンズキットが一番の有力候補です。

…が、やはり旅先で風景や車窓を撮るならば画角やノイズの面でもフルサイズが圧倒的に有利ですし、最近は鉄道の撮影もほとんどしなくなった以上動体と望遠に強い必要もないので、6Dの方が自分の目的にはあっているような気はするのです。経済的負担を考えて今は7Dを買うつもりでいますが、今後値下がりすればもしかすると6Dの方に行ってしまう可能性も…。
いずれにせよ今の段階では「とらぬ狸の皮算用」なので、ここに書いたことも物欲にまみれた”妄想”にすぎません。それにまずは自分の腕を磨くことが先決ですから、今の40Dでもっともっと技量をあげていこうと思います。

●最後に各機主要スペックまとめ
<40D> 
・1010万画素(有効画素 以下同じ) 
・連写6.5コマ/秒 
・重さ740g 
・ISO 100-1600(拡張で3200)
・SS 1/8000-30
・ファインダー視野率95%
・測距点 9点
・ボディ参考価格(中古品):2万円~4万円前後

<60D>
・1800万画素
・連写5.3コマ/秒 
・重さ675g 
・ISO 100-6400
・SS 1/8000-30
・ファインダー視野率96%
・測距点 9点
・参考価格(今日時点での価格.com最安値 以下同じ):ボディ56,000円

<7D>
・1800万画素
・連写8コマ/秒 
・重さ820g 
・ISO 100-6400(拡張で12800)
・SS 1/8000-30
・ファインダー視野率100%
・測距点 19点
・参考価格;ボディ83,580円 15-85mmキット125,680円

<6D>
・2020万画素
・連写4.5コマ/秒 
・重さ680g 
・ISO 100-25600(拡張で102400)
・SS 1/4000-30
・ファインダー視野率97%
・測距点 11点
・参考価格:ボディ146,332円、24-105mmキット205,980円

こうやって見ると7Dの動体捕捉性能はやはり魅力的ですし、一方6Dがリーズナブルな理由も分かる気がします。
関連記事
スポンサーサイト
2013/02/26 Tue. 22:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

こんばんは。
いやー、GANさんは今のままでも十分素晴らしい写真を撮られてると感じます(お世辞じゃありません)。
でも、写真はやっぱり撮る側の「気分」の作用も大きいので、こういうのはやっぱ悩みますよね(笑)。
悩んでる時間も楽しいんですけども。

使いこなせてるかは別にして、使っているというだけの立場で進言させていただきますと、
やはり僕としてはフルサイズ機を推したいですね~。
やっぱりセンサーサイズの違いがもたらす様々な「余裕」の部分が、
ことのほか大きいと実感します。

昨年末気まぐれに、すっかり安くなったAPS-C機のD7000を手に入れ、
今年の最初の旅で使ってみたんですが、画像エンジンなど進化してても
やっぱり画の「深み」みたいなのが、全然違うんですよホント。
フルサイズ機で撮った写真のように奥行きが感じられず平板な印象なのです…。
それに、高感度に強いのでSSも稼げますし、高倍率の暗いレンズを常用してる僕は
ホントに重宝します(苦笑)。

とにかくそんな諸々の余裕が、旅ではとても役立つし安心感に繋がってたんだな、と改めて感じた次第です。
なので、現状で既に素晴らしいGANさんにもっと上を、そしてこの喜びを(笑)味わっていただきたいなぁ、と
いちファンとして申し上げたかったというワケなのでした。

…薄い内容なのにグダグダと失礼しました(滝汗)

Kyo-to #Ytk3Wfxk | URL | 2013/02/28 03:42 * edit *

こんばんは。コメント下さってありがとうございます!
お褒め頂いて大変光栄です。決して謙遜ではなく、撮影技術に関してはまだまだ未熟だと自認しているのですが、「素晴らしい」と言っていただけて素直に嬉しいですし、より一層身の引き締まる思いです。ありがとうございます。
でもおっしゃる通り「気分」の問題は大きくて、最近は生意気にも「もっと良いカメラを使ってみたい」という気持ちが湧いてきてしまったんですよね…。

やはりフルサイズを推されますか〜。何を隠そうKyo-toさんのお写真を拝見し、あの独特の立体感(あるいは深み)や画の広がりに感動したことが、本気で「フルサイズ欲しいなぁ」と思うようになったキッカケだったりします。

というか今掲載されていらっしゃる旅、いつも通り素敵なお写真なのでAPS-C機で撮られたものとは気づかずに拝見していたのですが(汗)、言われてみれば、確かに奥行きの面でフルサイズとの差があるように感じます。
三脚を持ち歩かない私としては高感度のノイズの少なさも魅力的ですし、そういったハード面に加え旅での「安心感」を買うと思えば、フルサイズも決して高くないような気がしてきました。カメラに余裕があると撮る側の気持ちにも余裕が生まれるでしょうし、何よりその「喜び」を味わってみたいです(笑)

いやしかし、こうなるともうフルサイズ一択ですね…(苦笑) まだ働き出してもいないので何とも言えませんが、今後の旅のためにも、当分は6D目指して頑張ってみようかと思います。
親身なアドバイス、ありがとうございました。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2013/02/28 22:46 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/518-e5b95f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。