07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ぐるり九州 駅巡りの旅 vol.3 

1日目-3(3/17) 【駅巡り 蔵宿駅・肥前長野駅】
筑肥線に乗って伊万里までやってきた私。本当ならばここから筑肥線を行ったり来たりしながら駅巡りをするつもりだったのですが、九州にお住まいで、当blogからもリンクさせて頂いているLMさんに事前に連絡差し上げたところ、「もし良ければ車でご案内します」という嬉しいお誘いが!この日は日曜日。貴重なお休みの時間を頂戴することに対する申し訳なさは多分にあったものの、最終的にはお言葉に甘えさせていただくことにし、伊万里駅でLMさん、そしてご友人のKさんと合流しました。「初めまして」の挨拶もそこそこに早速車に乗せていただき、お二方おススメの駅巡りへ、いざ出発です。
077_20130326175058.jpg
最初に連れて来ていただいたのは、松浦鉄道の蔵宿(ぞうしゅく)駅。元国鉄の松浦鉄道ですが、古い木造駅舎が残っている駅は殆どなく、この蔵宿がほぼ唯一のものです。(”ほぼ”唯一と書いたのは、東山代にも民家に転用された駅舎が残っているそうなので…。)

064_20130326175058.jpg
全景。一部のサッシが取り替えられるなどしているものの、概ね建設当時の面影を残す立派な駅舎です。
wikiによれば1913年築とのことなので、今年ちょうど100歳!

085_20130326175058.jpg
待合室の窓や扉は既に失われており、寒さや風を防ぐことはできそうにありません。。

081_20130326175058.jpg
やはり所々には100年という月日を感じさせる傷も。

091_20130326175058.jpg
ちょうど列車が到着。

094_20130326175058.jpg
およそ20分この駅に滞在した後、次の駅に向かって頂くことにしました。


112_20130326180230.jpg
続いて訪れたのは、知る人ぞ知る肥前長野駅。筑肥線では山本駅と共に、貴重な開業当時の木造駅舎です。

この駅の何が凄いかと言えば…
107_20130326180230.jpg
ボロボロ…

124_20130326180230.jpg
ボロボロ…

125_20130326180408.jpg
ボロボロ…

…と、もうとにかく至る所が朽ち果て、そこに建っていること自体が奇跡なのではないかと思えるほどの傷み方なのです。
108_20130326180624.jpg
ホーム側から見ると屋根が傾いているのが分かります。LMさんが「木造駅舎をほったらかしにしておくとどんな風になるのか、その実験をしているよう」と仰っていましたが、まさにそのお言葉通り、意図的に放置されているのではないかとすら思える荒れ果て具合。

104_20130326180624.jpg
駅の事務室だったと思われる部分を外から覗いたところ。中も廃墟同然の佇まいです。

110_20130329161203.jpg
こちらは待合室。好意で置かれたものとも、あるいは単に放置されているだけとも判断のつかない、古びたソファやその他ガラクタが鎮座しています。雨風はしのげても、あまり長居をしたいとは思えませんね…。

123_20130326180624.jpg
外には古い駅名標と井戸が。

126_20130326180624.jpg
そんなボロボロの木造駅舎ですが、リンク先のKyo-toさんもその訪問記に書かれていた通り、却ってそのボロさゆえ「気になる存在」になってくるというか、愛おしさを感じると言うか…。そんな何とも言えぬ、不思議な魅力を秘めた駅でもあります。

099_20130326181523.jpg
ホームや周囲の雰囲気もいい感じ。

098_20130326214923.jpg
こちらは駅前のお宅で飼われている犬。全く人に怯えることもなく、吠えることもなく、カメラを向けてもしっかり目線をくれる良い子でした(笑)

136_20130326181523.jpg
物置小屋のような駅舎の脇を通り過ぎていく伊万里行き列車。
本当に去るのが惜しまれる駅でしたが、この写真を撮ったのち後ろ髪をひかれる思いで車に乗り込み、次の駅へと向かったのでした。

(続く)

自宅→博多→西唐津→唐津(vol.1)→伊万里(vol.2)→蔵宿→肥前長野(vol.3) 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

関連記事
スポンサーサイト
2013/03/27 Wed. 23:59 | trackback: 0 | comment: 4edit

コメント

こんばんは。
何と!LMさん&Kさんとコンタクトされたんですね!
僕もお二人には昨夏、大変お世話になってお人柄もよく存じ上げてますが、
きっとまた時間目いっぱい色んなところを案内して下さって、
GANさんも楽しい時間をすごされたことでしょうね。
っていうか、よく考えたら何て素晴らしいメンツによる駅めぐりなんでしょう!
僕も参加したかったなぁ~~……(涙目)

あ、大変遅くなりましたが、GANさん、ご卒業おめでとうございます!

Kyo-to #Ytk3Wfxk | URL | 2013/03/28 01:37 * edit *

こんばんは。今回も楽しく拝見してます。
素晴らしい出会いをされたようで、とても羨ましく思います。趣味を通して人との新しい縁が広がっていくのは本当にうれしいですよね。新たに結ばれる人間関係だけではなく、旅先の思い出を共有するというのも大きな魅力だと思いますし、ネットの普及によって誕生した大きな趣味の可能性の一つでしょうね。
続きも楽しみに待ってます!

mt #- | URL | 2013/03/28 02:02 * edit *

Kyo-toさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます!

そうなんです。折角九州まで行くのでとりあえずお声がけだけ…と軽い気持ちでLMさんに連絡させていただいたのですが、もう本当に何から何までお世話になってしまい、却ってご迷惑をおかけしたのではないかと思ってしまうほど親切にして頂きました。。でも、本当に楽しかったですね。

>素晴らしいメンツ
LMさんとKさんは確かに素晴らしい方ですが、私までそこに含めて頂くのはあまりに恐縮です…(汗) とはいえ私もKyo-toさんとはいつか旅を共にしてみたいと思っていますので、もし関東にお越しの際はご一報いただければ幸いですし、いつかLMさんやKさんを含め4人でお会いする機会があれば良いですね。

お祝いのお言葉、ありがとうございます。未だに実感がないのですが、ついに社会人です…。4月以降は、こんな旅もなかなかできなくなってしまうことでしょう…。



GAN #h8dDW2yY | URL | 2013/03/29 00:12 * edit *

mtさん、こんばんは。いつも見て頂いてありがとうございます。

そうですね。私も今まで趣味を通して人と出会うという機会はあまり無かったので、今回の経験は非常に新鮮でしたし、仰る通り思い出の共有という意味でも大変意味のあることだったと思います。本当にネットがなければこんなことも起こり得ないでしょうし、何かとトラブルの元となるネットも、正しく使えば人脈を広げる大きな手立てになることは間違いないですね。
かなり間延びしてしまいそうな今回の旅行記ですが、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

GAN #h8dDW2yY | URL | 2013/03/29 00:20 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/556-1a4602e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。