09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

卒業 

昨日、無事卒業式を終えました。
生憎の寒空、時折小雨が舞う中で式は滞りなく行われ、証書を受け取り、手当たり次第友人と写真を撮ったり会話を交わし、最後はゼミで飲み明かしました。
あっという間だった4年間。月並みですが、本当に「光陰矢のごとし」という言葉をこれ以上強く感じることはありません。右から左へあっという間に通り過ぎていってしまった大学生活。でも4年間に起こった出来事を一つ一つ精査してみると、思いのほか様々なことがあって変化に満ちた日々でしたし、自分自身も大きく成長したなあ…と感じます。バイト、サークル、教習、文化祭での出店、出会いと別れ、ゼミ、卒論と就活、そして旅…。もう2度と経験できない事ばかりです。でも本当に「大学生」として印象的だったのはそうしたイベントの類ではなく、むしろ日々のあの退屈な講義だったり、空き時間に喫茶店で友人と語り合った時間だったり、公園でキャッチボールをして怒られたり(笑)、サークルの後の駄弁りだったり、一人公園で読書にいそしんだり…そんな些細な一瞬一瞬だったりします。でもそれも今となってはすべてが思い出。遠い過去の出来事に思えます。

「自由」と「責任」を伴った大学生活もここまで。これからは、責任のみが大きくのしかかる社会人生活に突入します。
さよなら愛しい日々。さよなら、大学生活。
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/26 Tue. 21:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/557-c402c1fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。