05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

ぐるり九州 駅巡りの旅 vol.6 

2日目-1(3/18) 【山本駅、銀水駅他】
283_20130329172022.jpg
旅二日目。唐津からスタートするこの日は朝から風が強く、天気予報では「大荒れで交通機関への影響が懸念される」とアナウンスされるほど。実際、早朝からすでに影響は出ていて、筑肥線の電化区間は強風による徐行運転が行われていました(画像の左側にその旨が掲示してあります)。

唐津6:40→山本6:50
292_20130329172022.jpg
そんな荒れ模様のこの日、最初に訪れたのは筑肥線と唐津線が分岐する山本駅。

288_20130329172022.jpg
ここには1912年に建てられたという駅舎が残っていて、見たところその純度も高め。強い雨と頻繁にやってくる送迎の車に阻まれながらも、何とか撮影できました…。

山本7:02→佐賀8:01
294_20130329172022.jpg
その後唐津線で佐賀へ。さすがに通勤時間帯で車内が混雑していたため、ここは殆ど寝るだけ…。

佐賀8:05→鳥栖8:32
297_20130329172021.jpg
佐賀からは415系のロングシートに揺られ、鳥栖へ。
ここは駅舎目当てではなく、ただ乗り換えのために下車しただけなのですが、実は駅舎は1911年に建てられた歴史的なものなんだそうです。

鳥栖8:41→大牟田9:36
299_20130329172021.jpg
続いては鹿児島本線で大牟田まで。雨はますます激しさを増し、いつ列車が止まってしまうかびくびくしながらの移動でした…。

302_20130329173656.jpg
それでも大牟田までは何とか定刻で走ってくれましたし、この頃には雨も小降りになっていて一安心。

303_20130329173656.jpg
駅前風景。安直ながら、駅前に植わったヤシを見ると「九州に来たんだなー」と実感しますね(笑

301_20130329173655.jpg
あらあら…。

305_20130329173825.jpg
駅舎自体は面白みのない大牟田駅ですが、ホームの端にはこんな魅惑の空間(?)もありました。

大牟田9:40(+遅れ10分)→銀水9:53頃
この後一駅戻って銀水へ。わざわざ戻らず先程下車すれば良かったんですが、まあ色々あって…。
314_20130329173825.jpg
ここにもいい感じの駅舎が残っているということで訪れてみたのですが、この時は御覧の豪雨!
それでもカメラをタオルにくるみ、駅舎だけは何とか撮影しましたが、レンズは濡れるし靴は浸水するしでもう大変でした…。本当、我ながら素敵なほどに馬鹿です。

316_20130329215054.jpg
駅舎内は割と普通。あちこち更新されていて、さほど古さは感じません。

銀水10:09→熊本11:03
319_20130329215053.jpg
雨はしばらく降りしきっていましたが、徐々に弱まり、熊本に着く頃には殆ど止んでいました。
さて、この後の行程に支障がなければ良いのですが…。

(続く)

自宅→博多→西唐津→唐津(vol.1)→伊万里(vol.2)→蔵宿→肥前長野(vol.3)→駒鳴→西相知→厳木(vol.4)→永尾→肥前七浦→唐津(vol.5)→佐賀→鳥栖→熊本(vol.6) 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

関連記事
スポンサーサイト
2013/03/30 Sat. 22:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/560-9e393f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)